logo

朝日新聞社とメドピア、医師向けメディア事業で業務提携

株式会社朝日新聞社 2017年02月10日 15時09分
From PR TIMES

確かな取材に基づいたコンテンツと医師集合知の融合で、新しい総合医療ニュースメディアを開設

株式会社朝日新聞社(代表取締役社長:渡辺雅隆、以下朝日新聞社)は、医師向けのメディア事業においてメドピア株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:石見陽、以下メドピア)と業務提携契約を締結しました。本提携により、両社の強みを活かした医師向けの総合医療ニュースメディア『MedPeer朝日ニュース』を医師専用コミュニティサイト「MedPeer」(リンク)内に開設し、2017年2月15日より提供を開始いたします。



■業務提携の背景・目的
朝日新聞社は、今年で創刊138年を迎え、朝刊633万部(*1)を発行しています。多くの医師に読まれる新聞であり、「より良い明日をつくるのに役立つ総合メディア企業」となることをスローガンに、「朝日新聞デジタル」をはじめとするデジタルでのコンテンツ配信や、イベント事業、各種新規事業も積極的に推進しています。(*1=日本ABC協会調査<2016年12月>)

メドピアは、「Supporting Doctors, Helping Patients.」の理念のもと、医師専用コミュニティサイト「MedPeer」の運営を主たる事業としています。2007年のサービス開始以来、ユーザー(医師)参加型のソーシャルメディアであることを特徴としながら医師目線に拘ったサービス開発を行い、現在10万人の医師(国内医師の3人に1人)が参加する国内最大級の医師集合知(*2)プラットフォームへと成長しています。(*2=参加者がコミュニティ内で意見を交わしたり、議論したりすることで生まれる新たな知恵)

本提携は、これら両社の強みを活かした医師向けの総合医療ニュースメディア『MedPeer朝日ニュース』を共同運営し、医師が支持する国内No.1の医療ニュースメディアへと成長させることを目指すものです。
[画像: リンク ]


■業務提携の概要
1. 確かな取材に基づいたコンテンツと医師集合知を融合した新メディア『MedPeer朝日ニュース』をMedPeer内に開設
2017年2月15日にリリースし、朝日新聞グループが提供するコンテンツをMedPeer医師会員向けに編集して配信します。コンテンツは、当初、医療関係記事と一般ニュースからスタートし、その後、朝日新聞社の医療・健康・介護系専門サイト「apital(アピタル)」で配信中の記事や、昨年11月に休刊となった朝日新聞出版の医師向け総合医療情報誌「メディカル朝日」に掲載された記事などにも順次拡大して行く予定です。また、ニュースに対して医師がコメントを投稿し、医師同士で意見共有ができる集合知機能を追加することを予定しています。

2. 企業向けの広告サービスを協業で提供
製薬メーカー等の企業に対して、『MedPeer朝日ニュース』を活用した医師に向けた広告サービスを協業で提供します。独自の医療ニュースメディアとして情報量と質を高めていくことでユーザー(医師)のアクセスを増やし、企業に対して新しいプロモーションプランを提案していきます。

3. 医師向けのセミナーや一般向けイベントも検討
ニュースメディアの共同運営を起点として、医師向けのセミナーや一般向けイベントの開催も両社で検討していきます。コンテンツとしての「ニュース×集合知」、媒体としての「WEB×イベント×紙」を融合させながら、医師に向けて「必要な情報を、必要なときに、必要な場所で」提供することを目指します。

<株式会社朝日新聞社の概要>
会社名:株式会社朝日新聞社
所在地:東京都中央区築地5-3-2(東京本社)
創刊:1879年1月
代表者:代表取締役社長 渡辺 雅隆
事業内容:日刊新聞の発行ほか
URL:リンク

<メドピア株式会社の概要>
会社名:メドピア株式会社
所在地:東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー17階
設立:2004年12月
代表者:代表取締役社長 石見 陽 (医師・医学博士)
事業内容:医師専用コミュニティサイト「MedPeer」の運営、その他関連事業
URL:リンク

お問い合わせ先
株式会社朝日新聞社広報部 担当・田島
電話:03-3545-0131(代表)

メドピア株式会社社長室・広報担当 藤野
電話:03-6447-7961 /メール:pr@medpeer.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事