logo

恵泉女学園大学がNPO法人あい・ぽーとステーションと交流・協力に関する協定を締結

恵泉女学園大学 2017年02月10日 08時05分
From Digital PR Platform


恵泉女学園大学(東京都多摩市)は、子育て支援施設の運営などを行うNPO法人あい・ぽーとステーション(東京都港区)と1月30日に協定を締結した。これは、地域社会の発展強化および、そこで活躍できる人材の育成を目指して締結されたもの。今後は同大の実施するプログラムにあい・ぽーとステーションが協力するほか、教職員とスタッフの交流など、より協力体制を強化していく。


 恵泉女学園大学では創立当初から、平和を築く「国際」、命を慈しむ「園芸」、この2つの基盤となる「聖書」を正課に取り入れ、地域・社会で活躍する女性の育成を行っている。
 また、2016年度からは「生涯就業力を磨く」とテーマを掲げ、在学生・卒業生が、何があってもどこにあっても必要とされる力を身につけられることを願い、精神的・経済的自立を目指して地域・社会で生き続ける女性の育成に尽力している。

 NPO法人あい・ぽーとステーションは、子育て支援施設「子育てひろば『あい・ぽーと』」の運営を担うメンバーと子育て支援の実践者や研究者、非営利組織運営の専門家が集まり、2004年8月に法人化。施設の運営をはじめ、地域で活動する子育て支援者の育成や、全国の子育て支援組織の運営強化のためのリーダー養成講座の開催、子育て支援関連の情報提供などを行っている。

 このたび、地域社会の発展強化を目指す人材育成を協力しながら担っていくために、NPO法人あい・ぽーとステーションと協定を締結。これまでもあい・ぽーとステーションは、学生の実習や講座の受け入れなどで協力していたが、より広く在学生・卒業生の人生を応援し続ける拠点の一つとして協力体制を組むこととなった。

 なお、あい・ぽーとステーションの管轄する「あい・ぽーと麹町」では、恵泉女学園卒業生にも開かれた「生涯就業力講座」を開始している。次回は3月10日(金)に「女性国会議員と語る女性施策・子育て支援施策」を開催予定。

◆交流・協力内容
1.恵泉女学園大学が実施するプログラムの実施に関し、このプログラムへの協力と学習の機会の学生への提供
2.恵泉女学園大学教職員とNPO法人あい・ぽーとステーションスタッフの交流
3.地域社会の発展強化に関する情報交換

●あい・ぽーとステーションURL
 リンク
●恵泉女学園大学URL
 リンク

(関連記事)
・恵泉女学園大学が新たな社会参画を目指す卒業生のためのプログラムを展開 -- 「生涯就業力」を育成(2016/09/30)
リンク

▼本件に関する問い合わせ先
 恵泉女学園大学 学長室
 TEL: 042-376-8211(代表)

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事