logo

今注目の格安SIM「mineo(マイネオ)」を利用した法人向けIoTソリューション「mineo監視カメラサービス」スタート

セーフィー株式会社 2017年02月09日 13時00分
From PR TIMES

~セーフィーのクラウド映像プラットフォームを採用~

株式会社ケイ・オプティコムは、セーフィー株式会社のクラウド映像プラットフォーム「Safie(セーフィー)」を活用し、法人向けのIoTソリューション「mineo監視カメラサービス」を2017年4月より開始します。



[画像1: リンク ]


「mineo(マイネオ)」は、関西電力の100%子会社の株式会社ケイ・オプティコムが運営するマルチキャリアMVNOサービスで、2017年1月に50万契約以上を突破しており、一方「Safie(セーフィー)」は、ソニーネットワークコミュニケーションズなどが出資するIoTベンチャー・セーフィー株式会社が運営するクラウド映像プラットフォームで、大手アパレルメーカー・大手ゼネコンなど幅広い業種でご利用頂いております。


■協業の背景

近年自治体では、防犯意識の高まりを受け、屋外に監視カメラを設置する事例が増加しています。また、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、各施設の建設やインフラ整備等で建設業界が活況づき、遠隔からの現場確認や施工主への進捗報告などに屋外にネットワークカメラを設置するケースが増えてきています。

従来、屋外でネットワークカメラを利用した場合、LTE回線の通信容量の制約があり、高画質で滑らかな映像を撮影・視聴することは出来ませんでした。

この度、ケイ・オプティコムの安定した高速MVNO回線と、セーフィーのクラウド録画プラットフォームをパッケージングすることで、カメラ用の電源さえ用意すれば、安価で簡単に撮影が可能になり、高画質(HD画質)で滑らかな(30fps)映像をスマホアプリから手軽に視聴できます。


■「mineo監視カメラサービス」の特徴


[画像2: リンク ]


1.鮮明で高品質、夜間もクリアな映像が録画可能
世界シェアNo.1のAXISコミュニケーションズ株式会社製カメラを採用し、従来のモバイル回線では提供が難しいと言われてきた高画質(HD画像)で滑らかな(30fps)映像を撮影することが可能

2.セキュリティも万全
画像データや通信経路にも暗号化処理を行い、最高レベルのセキュリティを確保するため、安心して利用することが可能

3.モバイル回線とクラウドがセットになっているため手軽に導入可能
通信回線とクラウドをセットにしてパッケージ化することで、電源を準備するだけで手軽に利用することが可能

[画像3: リンク ]



■「Safie」の主な特徴


テレビ放送並の画質でクラウドに映像を保管
いつでもどこでも、ライブも録画も、スマホアプリでカメラをかんたん管理、視聴
複雑な設定なしで、誰でもオンラインバンク並のセキュリティ
BtoC向けサービスは月額0円~、BtoB向けサービスは月額1200円~(回線費用は含みません)
教育業界の書画カメラで世界シェアNo.1のエルモ社、ネットワークカメラのグローバルリーディングカンパニーであるAXISコミュニーケションズ社のカメラが「Safie」対応
「Safie」はクラウド映像プラットフォームなので、他事業者・他サービスとの連携が容易


■セーフィー株式会社の会社概要
所 在 地: 東京都品川区西五反田1-11-1 アイオス五反田駅前7F
設  立: 2014年10月
資 本 金: 1億500万円(準備金含む)
代 表 者: 佐渡島 隆平
事業内容: クラウド録画・映像管理プラットフォーム『Safie』の運営

【本件に関するお問い合わせ先】
セーフィー株式会社 鈴木章子
Tel:03-6417-9556 fax:03-6417-9576
Email:n.suzuki@safie.jp
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。