logo

1948年創刊の『美術手帖』がまったく新しいアートニュースサイト「美術手帖」をオープン

日本を代表する現代美術の雑誌『美術手帖』を発刊する美術出版社が、新たなアートニュースサイト「美術手帖」(リンク)を、2月9日に公開しました。

「bitecho」から「美術手帖」へ―株式会社美術出版社は、これまで以上に幅広いアートの情報を発信すべく、『美術手帖』の名を冠した初のウェブサイトをオープンしました。



[画像1: リンク ]


『美術手帖』は1948年に創刊。日本を代表する美術専門誌として、国内外のコンテンポラリー・アートの最前線を紹介し続け、アーティスト、評論家、キュレーター、美術ファンから幅広い支持を得てきました。

”現代美術の今”を発信し続けてきた『美術手帖』は、2015年に創造力を社会に生かすためのアートニュースサイト「bitecho[ビテチョー]」を立ち上げました。アートにとどまらず、音楽、ファッション、アニメなどのカルチャーもアートメディア独自の切り口で紹介し、今の時代に沿うように、スピード感を持ったメディアとして育ってきました。

そして2017年、「美術手帖」に新しいメディアが誕生しました。雑誌版『美術手帖』で培った信頼性とネットワークを活用し、ウェブサイトの機動性を生かしたアート・ジャーナリズムを日本で確立すべく、ウェブサイト「美術手帖」からアクチュアルなニュースや情報を読者にお届けします。

アートの現在を届けること。

アートと社会の結節点となること。

アートの持つ力を信じること。

「美術手帖」は、アートを社会に実装させるプラットフォームとして、新たな一歩を踏み出します。

[画像2: リンク ]


■幅広いコンテンツ
日本はもちろん、海外で日々巻き起こるアートにまつわるニュースを掲載する「NEWS」では、数多く開催される展覧会から選りすぐりの情報もいち早く紹介。また、新たな試みとして「INSIGHT」では、調査報道や論考、レビューなど、より深く掘り下げたコンテンツを掲載していきます。このほか、雑誌『美術手帖』とも連動し、第一線で活躍するアーティストやキュレーター(学芸員)、批評家による連載を「SERIES」として多数掲載。「INTERVIEW」では、若手アーティストを軸としながら、来日した海外アーティストやギャラリストなど、アートの世界で注目すべき人物に焦点を当て、その生涯や作品についてご紹介します。

また、近年ではデジタル戦略にも注力しており、ページビューは25%増、Twitter、Facebookのファンは2倍以上に増加。(2017年1月時点、前年同時期比) 今後もより多くのユーザーにアートの最新情報を届けてまいります。

■雑誌『美術手帖』について
1948年創刊。株式会社美術出版社が発行する月刊の美術雑誌。現代美術を中心に、国内外の美術動向を紹介する、アート界のリーディングマガジンです。

■株式会社美術出版社について
美術出版社は、美術館やギャラリー、文化事業を行う企業を主とする取引先企業の多様化するニーズに応えるため、「アート」を媒介としたソリューションをお客様の課題に応じて企画・制作する提案型企業です。これまでの出版事業、編集・制作事業を軸としながら、蔦屋書店をはじめTSUTAYA店舗との協働によるイベント開催、Tポイントのデータベースを活用したマーケティング・サービスなど、CCCグループのリソースとの連携をおこなっていきます。


〈問合せ先〉
株式会社美術出版社
ウェブ版「美術手帖」 担当
担当:橋爪、岩渕

〒150-0033
東京都渋谷区猿楽町11-1ラ・フェンテ代官山 アネックスB1
TEL:03-6809-0523
FAX:03-5489-1616
Mail:info_btonline@bijutsu.press
URL:リンク
Facebookpページ:リンク
Twitterアカウント:@bijutsutecho_
Instagramアカウント:@bijutsutecho_com

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。