logo

Square、毎月の請求を「カード自動引き落とし」できる機能を提供開始

Square 2017年02月09日 11時37分
From PR TIMES

オンライン登録、最短翌日入金、手頃な決済手数料で個人事業主でも使いやすい自動引き落とし



[画像1: リンク ]



Square株式会社(所在地:東京都港区、代表:水野博商、カタカナ表記:スクエア)は、本日、定期的な請求が発生する事業者にとって便利な自動引き落としを実現する機能を提供開始しました。Squareアカウントがあれば、事業者はかんたん、手頃に、カード情報の保存に同意した顧客に対してクレジットカードまたはデビットカード経由の自動引き落としができます¹。この自動引き落としは、都度課金にも継続課金にも利用可能です。

従来、事業者がクレジットカードの自動引き落としに対応するには、登録時にも、顧客の引き落としカードの情報を登録する際にも、面倒で時間のかかる書類手続きが必要でした。また、決済手数料と入金サイクルも個人事業主や中小企業には大きな負担となる条件が提示されることが多く、事業規模の小さな経営者にとって自動引き落としは現実的な決済手段ではありませんでした。Squareは、オンラインでアカウントの登録が完結するため事業者は隙間時間にスピーディに申し込むことができ、面倒な手続きがありません。カード自動引き落としの決済手数料は、業種や事業規模に関係なく業界最低水準の3.75%で、入金サイクルも最短翌営業日と、個人事業主や中小企業でも、かんたんで手頃に導入することができます。

¹Squareは現在、VISA、MasterCard、American Expressのロゴが記載されたすべてのクレジットカードとデビットカードを決済処理できます。

継続課金は、定期的に請求が発生する習い事の月謝や家賃、団体メンバーシップの月会費の請求に便利です。また、都度課金はリピーター客の多い小売店や飲食店などでひいきの客に財布を持たずにショッピングや食事を楽しんでもらうといったVIP待遇を提供する際などに利用できます。

Squareは、クレジットカード決済やPOSレジだけでなく、在庫管理や売上分析、顧客管理、従業員の勤怠管理など商売に必要なツールを、ひとつのプラットフォームですべて提供しています。これらのツールはすべて連携しているため、ひとつのアカウントでシームレスに使うことができます。今回発表した自動引き落としも、無料で使える顧客管理ツール「顧客リスト」とクラウド請求書「Square 請求書(インボイス)²」を使ってかんたんに設定できます。

■顧客管理ツール「顧客リスト」
SquareのPOSレジに組み込まれた、無料でかんたんに顧客の名簿を作成できるツールです。Squareの管理画面、またはアプリ「Square POSレジ」から、氏名や連絡先の登録、購入商品の履歴やカルテの記録などがかんたんにできます。会計時に「顧客リスト」を呼び出すだけで、登録された顧客の購入実績も記録でき、顧客ごとの売上を管理画面でいつでもどこでもひと目で確認できます。

今回、この「顧客リスト」にクレジットカードの情報も保存できるようになり、自動引き落としが可能になりました。保存された顧客情報は、クレジットカード業界標準のセキュリティ基準PCI-DSSを満たしたSquareの堅牢なシステムに保存されます。「Square POSレジ」をインストールしたスマートフォンやタブレット端末に個人情報が残ることはなく、加盟店は安心して顧客の情報を預かることができます。

詳しくは「顧客リスト」のウェブページ(リンク)をご確認ください。

■クラウド請求書「Square 請求書(インボイス)」
メールアドレスさえ分かれば、その場にいないお客様に対してもクレジットカードで決済できるクラウド請求書サービスです。

従来「Square 請求書(インボイス)」で決済をするには、その都度顧客にカード情報を入力してもらう必要がありました。今回の機能アップデートにより、カード情報が保存された顧客であれば、「Square 請求書」を使い即時にクレジットカード決済を実行することができます。また、「Square 請求書」の定期送信を設定すれば、自動で毎週または毎月指定した日に固定の金額を引き落とすことができます。

「Square 請求書」の決済手数料は、事業者やクレジットカードブランドに関わらず一律で、顧客が都度カード情報を入力する場合は3.25%、保存されたカード情報を使って自動引き落としをする場合は3.75%です。

詳しくは「Square 請求書」のウェブページ(リンク)をご確認ください。

自動引き落としを設定するための詳しい使い方は、ヘルプセンター(リンク)をご覧ください。

²Squareのクラウド請求書は「Squareインボイス」から「Square 請求書」に名称変更しました。

Squareは、今後も事業者が商売を始め、動かし、成長するためのプロダクト群(下図)を決済事業を核に拡充していきます。
[画像2: リンク ]


Squareについて
Squareは、商売の立ち上げから、毎日の営業、そして事業の成長まで、事業者を包括的にサポートするツールを開発しています。SquareのPOSレジは、レジ機能やクレジットカード決済にくわえ、売上の記録や在庫管理、売上分析まで、事業者にとって必要なツールを一式揃えたPOSレジです。Square, Inc.は、2009年に設立、本社をサンフランシスコに構え、米国、カナダ、日本、オーストラリアでカード決済サービスを提供しています。Square株式会社は、Square, Inc. の日本法人です。Square, IncおよびSquare株式会社の詳細は、squareup.co.jp をご覧ください。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事