logo

タッチパネル搭載!「EDX-5000A」を発売

株式会社共和電業 2017年02月09日 09時03分
From PR TIMES

~データロガーとモニタが一体になったオールインワン測定器~

株式会社共和電業(本社:東京都調布市、代表取締役:舘野 稔)は、ひずみ計測、自動車走行試験や鉄道車両の乗り心地評価、風力発電設備など大型インフラ構造物の強度試験をはじめ、あらゆる応力計測のシーンで活用できる「メモリレコーダ/アナライザ EDX-5000A」を、2017年2月より販売開始いたします。



[画像1: リンク ]


▼商品名:EDX-5000A
リンク

■開発の背景
前モデルも1台で設定・表示・集録・解析ができ、多彩な機能と高速処理能力を併せ持つ測定器でしたが、お客様から「もっと軽くてコンパクトな商品が欲しい」との声をいただいており、この度「EDX-5000A」を開発いたしました。従来のEDXシリーズ用の各種コンディショナカードとも互換性があり、既存資産の活用が可能です。また新たな機能としてタッチパネルも追加されています。

■EDX-5000Aの特長
1.操作性の向上とリアルタイム処理の充実
タッチパネルで直感的に操作できる制御ソフトウェアとの組み合わせで抜群の操作性を実現。また測定器とモニタが一体のオールインワンタイプなので、例えば測定データとハイスピードカメラなどの動画データ集録を同期させ、その場で数値的・視覚的に計測結果を確認することが可能です。

2.多彩な測定モードに対応
高速サンプリング:200kHz/32チャネル
入力チャネル数 :最大64・80チャネル/1台
各種測定に対応 :ひずみゲージ、ひずみゲージ式センサ/変換器、電圧、
圧電型加速度計、熱電対、F/V
※測定には各種コンディショナカードが必要です(別売)
※CAN/GPS拡張オプション(近日対応予定)

3.さらなる小型軽量化を実現
当社従来機種(EDX-2000B)より、1チャネル当たり体積比較で63%、重量比較で48%と、より軽くコンパクトになりました。

■実際の使用例


[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

■概要
名 称:メモリレコーダ/アナライザ EDX-5000A
発売開始日: 2017年2月
発売価格:200~230万円(本体価格) *測定には各種コンディショナカードが必要です(別売)
U R L :リンク
各型式仕様:


[表: リンク ]



▼共和電業について
共和電業は創業(1949年)以来、ひずみゲージを日本で最初(1951年)に商品化し、応力計測の分野で社会に安全と安心を提供する技術創造企業です。ひずみゲージとは、物体に加わる外力によって伸びたり縮んだりする変形の量を電気信号として検出するセンシング素子で、構造物の強度を知る上で欠かすことのできないものです。ひずみゲージを応用した荷重、圧力、加速度などのセンサや計測器、計測システムを自社グループで一貫して開発製造し、多業種にわたるお客さまの様々な計測ニーズにお応えしています。

商号 : 株式会社共和電業
代表者 : 代表取締役社長 舘野 稔
所在地 : 〒182-8520 東京都調布市調布ヶ丘3-5-1
設立 : 1949年6月
事業内容: 官公庁、大学、自動車関連メーカーなどの民間企業等の実験研究分野における応力測定機器の
製造販売。産業機器・FA分野における工業用計装機器の製造販売。 ダム、橋梁、トンネル等をはじめ
都市土木、港湾、海洋関連の各種土木建築用計測機器の製造販売。 各種計測コンサルタント業務。
資本金 : 17億2,399万円
URL : リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事