logo

ビニール傘を超える、新しい傘文化のスタンダード「+TIC(プラスチック)」をデザイン

株式会社エイトブランディングデザイン 2017年02月09日 07時30分
From PR TIMES

革新的な傘の開発を行う株式会社サエラの新ブランド「+TIC」のブランディングデザインを手掛けました。

「ブランディングデザインで日本を元気にする」をコンセプトに活動する、株式会社エイトブランディングデザインは傘・雨具製造卸の株式会社サエラの、人にも環境にもやさしいオールプラスチック傘の新ブランド「+TIC」についてトータル(ネーミング、ロゴ、プロダクトグラフィック、コミュニケーションデザイン全般)ブランディングデザインを手掛けました。プロダクトデザイナー柴田文江氏とも初のコラボレーション。



[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

●ビニール傘業界を牽引、株式会社サエラ。

株式会社サエラは、強風でも壊れにくく、着せ替えが可能なビニール傘「エバーイオン」など地球にやさしい傘の企画販売で注目を集め、使い捨ての傘の消費構造を変えるべく活動を続けています。
今回新しく挑戦する、これまでのビニール傘の常識を覆す、オールプラスチック傘ブランド「+TIC(プラスチック)」の立ち上げにあたり、新しい傘文化を創造するブランディングを行いました。


●「新しい傘文化の創造」ブランディング・開発ストーリー

2014年にブランディングがスタートした「+TIC」は、オールプラスチックのため、壊れにくく、錆びない、全てリサイクルが可能な、新しい傘です。
「簡単に使い捨てられるビニール傘の消費構造を変えたい」という株式会社サエラ代表取締役社長山本健氏の想いで開発。長く使え、リサイクルも可能な「+TIC」を、日本の傘消費量の約70%を占めるビニール傘に代わる存在として提案することで、株式会社サエラの目指す「人にも環境にもやさしい傘」のビジョンを多くの人に伝え、新しい傘の在り方を考えていくブランディングを実施しました。
「オールプラスチック傘を、これからの新しいスタンダードとしたい」という想いを素直に伝える「+TIC(プラスチック)」をブランドコンセプト及びブランドネーミングとして、新しい傘文化をデザインしています。

●ネーミング・ロゴに、込めた想い

ネーミングは、人にも環境にもやさしく、雨の日が楽しくなるようにという想いを込めた「+(プラス)」と、「プラスチック」を組み合わせています。
ロゴマークは、オールプラスチックであることを象徴するように、一筆書きでシンプルに傘を表現しています。

●プロダクトグラフィック・傘生地デザイン

プラスチックが持つ上質感を最大限に引き出すために、プロダクトデザイナー柴田文江氏にデザインを依頼。一本のプラスチックの棒で貫かれたような形状でオールプラスチックが表現されています。
傘生地のデザイン(全10種)はエイトブランディングデザインが担当。カラーラインは細かいボーダーにすることで色でも柄でもない新しい質感を目指し、グラフィックラインはシンプルな色や柄を用いて存在感のあるデザインを追求。傘を開いた時と閉じた時の印象が大きく変わる、ファッション性の高いラインナップです。

●COLOR LINE

[画像3: リンク ]

●GRAPHIC LINE

[画像4: リンク ]

●製品特徴

[画像5: リンク ]

●WEBサイト
リンク

[画像6: リンク ]

●ブランディングデザイン
ブランディングデザイナー 西澤 明洋(にしざわ あきひろ)
1976年滋賀県生まれ。株式会社エイトブランディングデザイン代表「ブランディングデザインで日本を元気にする」というコンセプトのもと、企業のブランド開発、商品開発、店舗開発など幅広いジャンルでのデザイン活動を行っている。「フォーカスRPCD(R)」という独自のデザイン開発手法により、リサーチからプランニング、コンセプト開発まで含めた、一貫性のあるブランディングデザインを数多く手がける。主な仕事にクラフトビール「COEDO」、ヤマサ醤油「まる生ぽん酢」、手織りじゅうたん「山形緞通」、iPhoneアルバムスキャナ「Omoidori」、福岡「警固神社」など。グッドデザイン賞をはじめ、国内外の受賞多数。著書に『ブランドをデザインする!』(パイインターナショナル)など。NHKworld『great gear』出演。
リンク


[画像7: リンク ]



●株式会社サエラ
1991年に傘メーカーとして創業し、現在は中国やカンボジアに生産拠点を持ち日本国内向けにレイングッズを販売。環境に優しく耐久性のある商品を軸に、使い捨てられる傘の消費構造を変えるべく活動を続けている。独自開発の樹脂製の骨を使用し、丈夫で強風でも壊れにくい、着せ替えができるビニール傘「エバーイオン」が主力商品。また、環境に配慮した商品づくりで開発途上の地域に貢献する「aiaigasaproject」も立ち上げている。
リンク


[画像8: リンク ]

●プロダクトデザイン
デザインスタジオエス代表 柴田文江(しばた ふみえ)氏
エレクトロニクス商品から日用雑貨、医療機器、ホテルのトータルディレクションまで、インダストリアルデザインを軸に幅広い領域で活動をしている。代表的な作品に、無印良品「体にフィットするソファ」/オムロン「けんおんくん」/カプセルホテル「9h(ナインアワーズ)」/JR東日本ウォータービジネス「次世代自販機」/庖丁「庖丁工房タダフサ」/木のおもちゃ「buchi」など。毎日デザイン賞/グッドデザイン金賞/ドイツiFデザインアワード金賞/ドイツred dot design awardなど多数受賞。武蔵野美術大学教授/2015年よりグッドデザイン賞審査副委員長。
リンク
______________________________


【会社・商品に関するお問い合わせ先】
株式会社サエラ 担当:山田 敦
〒108-0073 東京都港区三田5-14-17
TEL:03-5793-8955 / MAIL:yamada@caetlaltd.co.jp / URL:リンク

【取材・掲載に関するお問い合わせ先】
株式会社エイトブランディングデザイン 担当:瀬戸 望
〒107-0062 東京都港区南青山4-10-3 エイトビル
TEL 03-6447-2878 / FAX 03-6447-2879 / MAIL pr@8brandingdesign.com
URL リンク
Facebook リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事