logo

ヤマハルーターニュース「ヤマハ<YNO(YamahaNetworkOrganizer)拡張ライセンスリリース」

SCSK株式会社 ネットワークプロダクト部 販売促進課 はヤマハルーターニュース「ヤマハ<YNO(YamahaNetworkOrganizer)拡張ライセンスリリース」を発行しました。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇    ヤマハルーターニュース    ◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 最新のヤマハネットワーク製品に関する情報をお届けいたします。

━トピックス━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【リリース情報】ヤマハ<YNO(YamahaNetworkOrganizer)拡張ライセンスリリース>
YNO利用期間中に拠点増設などで監視対象となるルーターが増えたときに月単位で
増やせ、ビジネスの成長に柔軟に対応いたします。

ヤマハは2017年1月31日(火)にすでに販売しているネットワーク統合管理サービス
YamahaNetworkOrganizer(以下YNO)に新たなライセンスを追加しました。

拡張ライセンス
YSL-YNO-E1M標準価格1,000円
リンク

この拡張ライセンスはYNOライセンスをご契約されているお客様向けのライセンスです。
ご契約期間中に拠点増設などにより監視対象としたいルーターが増えた際に追加で
ご購入いただくもので、監視対象となるルーターの台数を増やすことができます。

購入の仕方は
ご購入済みの契約満了までの期間の月数×増やしたい監視対象台数=拡張ライセンス数
となります。

たとえば昨年10月からYNOを監視対象数5台で運用されており、2月からもう2台増やしたい場合

昨年10月から本年9月までで未使用である月数=(2月~9月の)8ヶ月

8ヶ月×2台=16のライセンスのご購入となります。


【コラム】SCSKメルマガコラム新連載<ここが知りたい!>
お客様よりいただくご質問を取り上げ、ヤマハのエンジニアに聞く
短期連載のコラムです。

今回は「ブロードバンドルーターNVR500とNVR510の違いはなに?」です。
―NVR500をよく提案していますがNVR510にするメリットは?

ヤマハエンジニアN氏
NVR510は2016年9月に発売されたブロードバンドルーターの新製品です。
従来品NVR500に比べて
・最大スループットは1Gbpsから2Gbpsに、
・NATセッション数は4,096から65,534に向上
していることと、INSポートの代わりに
・フレッツ光ネクストで提供される「小型ONU」をそのまま装着できる
など、インターフェースもアップデートしています。

インターネットマンションへご提案されているSIer様によく伺う話ですが
従来品NVR500ではスループットは十分ながら、NATセッション数が足らなく
なるという状況が新製品NVR510で大幅に改善することが期待できます。

―スペックが向上しているのはわかるけど、従来製品のNVR500は導入経験も
たくさんあり、提案で標準化しているConfigがある。これをそのまま移行できる?

ヤマハエンジニアN氏
はい、ハードウェアの違いであるISDNポート、USBポート2つを使用する
設定を含まなければ、コマンドで設定した場合でも、GUIから設定して
ファイル化した場合でもそのままNVR510に読み込ませて移行できます。

―提案するのにどっちを選べばいいの?

ヤマハエンジニアN氏
ISDN回線を使用する場合は従来製品のNVR500で、使用しない場合は
新製品NVR510といってもいいでしょう。
また、新製品NVR510にはLANマップ機能も搭載されているので、
設置先のLANの状態の把握にも利用できます。

========後編へつづく========
★NVR500VSNVR510の性能比較をSCSKにて実施した資料がございます。
ご興味ある方は提案支援サイト(無償での登録をお願いします)にて
ダウンロードいただけます。
詳しくはお問い合わせください。
提案支援サイト
リンク

【コラム掲載】SCSKコラム:ヤマハで社内LANを構築・運用してみよう!」
連載第5回掲載

フリーランスインフラエンジニア津村彰氏の執筆によるコラムの連載第2回を
掲載いたしました。

今回のお話はNVR700Wのレビューの後編です。NVR700Wを使ってLTEアクセスを
していただき、その様子を語っていただきます。
リンク


【お知らせとお願い】SCSKご導入事例の募集
SCSKでは、広くお客様からのヤマハネットワーク製品のご導入事例を
募集しております。

取材は半日、設置いただいている場所にてさせていただきますが、
インタビュアー兼カメラマン1名~2名の少人数で伺います。
お時間とお手間をかけず、恩赦のアピールにもご活用いただける様
勤めてまいりますので、なにとぞご検討ください。

なお、採用させて頂いた事例をご提供いただいた方には机上の文具の
整理に便利な卓上収納箱を差し上げます。

詳細は以下ホームページにございますので、皆様のご応募をお待ちして
おります。
リンク

【担当から一言】
今回からインタビュー形式で製品の利用方法をご案内するコラムを
掲載いたします。
こんな話が聞きたい、などご要望がございましたらメールいただけると
うれしい限りです。

今年も皆様のご検討、ご提案にお役にたてるよう、リリース情報以外に
ご利用方法や、少し技術的な話題もお届けしたく努めてまいりますので
ご期待ください(奈良部)


今後ともヤマハネットワーク製品をご愛顧のほどお願い致します。
ご不明な点は以下までお問合せください。

連絡先:
SCSK株式会社 ネットワークプロダクト部 販売促進課 
TEL:03-5859-3032
E-mail:rtpromo-info@ml.scsk.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。