logo

グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第10回 「MillWheel」から学ぶストリーミング処理の基礎

CTC教育サービスはコラム「グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第10回 「MillWheel」から学ぶストリーミング処理の基礎 」を公開しました。

###
第10回 「MillWheel」から学ぶストリーミング処理の基礎 (中井悦司) 2017年2月
はじめに
 今回は、2013年に公開された論文「MillWheel: Fault-Tolerant Stream Processing at Internet Scale」をもとにして、ストリーミング処理に対応したデータ処理基盤「MillWheel」を紹介します。

 前回も触れたように、Google Cloud Platform(GCP)では、バッチ処理とストリーミング処理を統合した分散データ処理サービスとして、Cloud Dataflowが提供されています。Cloud Dataflowと比較すると、MillWheelの機能はシンプルで限定的になりますが、「バッチ処理の拡張としてストリーミング処理を捉える」という発想は共通しています。今回は、MillWheelの仕組みを通して、ストリーミング処理を設計する際の基礎となる考え方を学びましょう。

MillWheelの利用例
 先ほどの論文では、GoogleにおけるMillWheelの利用例として、「Hot Trendsサービス」が紹介されています。これは、Googleの検索サービスに入力された検索キーワードの中で、現在、最も人気の高い(入力数の多い)キーワードをリアルタイムに表示するもので、システムの全体像は、図1のようになります。

この続きは以下をご覧ください
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事