logo

約180ヶ国へ拡がっているOSSプロジェクトBoostnoteが、evernoteからのデータ移行ツールをリリース

MAISIN&CO.株式会社 2017年02月08日 11時28分
From PR TIMES

オープンソースのプログラマー向けノートサービス"Boostnote(リンク)”は、コミッターと協力し、evernoteからBoostnoteへデータを移行するCLIツール、ever2boostを開発し、提供を開始した事をお知らせ致します。



■Boostnoteとは
Boostnote(リンク)とは、プログラマーの利用に特化したオープンソースのノートアプリです。
GitHubのelectronを活用し、electronのトップページにてGitHubより紹介をされています。
リンク
[画像1: リンク ]



また、一般公開以来約180ヶ国へ拡がっており(Google analytics調べ)、世界中のプログラマーの方々と対話を行いながら開発を進めている為、GitHub上のコミュニティでは活発な意見交換や、Pull requestの提案が寄せられています。
リンク


■ever2boostを使い、evernote内のデータをBoostnoteへ
evernoteはマークダウンに満足に対応しておらず、プログラマーの皆さんには優しいとは言えないツールだと思います。その為、予てよりevernoteのインポーターを作って欲しい旨のフィードバックを度々頂いておりました。
そしてこの度、コミッターである 末永氏(リンク)の協力のもと、evernoteインポーター「ever2boost」の開発・公開に至りました。
なお、ever2boostももちろんオープンソースで公開を行っております。
リンク
[画像2: リンク ]



■データ移行の手順
移行はCLIを介して行います。なお、ever2boostの使用にあたっては、Ruby2.0.0以上が必要です。
以下、Quick startのみ記載しております。

--- ここから ---
1.事前に、Evernote developer tokenをこちら(リンク)より取得しておきます。
[画像3: リンク ]


2.$ gem install ever2boost

3.$ ever2boost import
 DEVELOPER_TOKEN: <input your developer token>

4.Boostnoteを起動し、Menu -> Add Storage -> Locationをクリック
[画像4: リンク ]


5./evernote_storageを選択肢、Openをクリック
[画像5: リンク ]


完了!
--- ここまで ---

詳細につきましては、開発者である末永氏のこちらの投稿を参照下さい。
リンク

なお、evernoteのapiの制限上、ひとつのフォルダあたり250ノートを超えたり、一時間以内に500を超えるノートをインポートしようとするとエラーが出てしまう為、その場合はこちらをご覧ください。
リンク

また、詳細の使用方法やヘルプ、レポジトリ等につきましてはこちらをご覧ください。
リンク


■Boostnoteの今後について
GitHub issue(リンク)を中心としたコミュニティをベースに、更に機能追加を行っていきます。
機能追加のロードマップはこちら リンク

また、Boostnote Team(リンク)は今春のリリースを目処に開発を進めております。
既に多くの方にWaiting listに登録頂いており、先行登録頂いた方々から優先してBoostnote Teamのβ版の配布を行う予定です。


■最後に
今年はオフラインでユーザーさんとお会いする機会を積極的に持ちたいと思っています。
たまにtwitterアカウント(@Boostnoteapp)から発信しているのですが、「珈琲を飲みながらBoostnote開発者とゆるくお話する会」等を不定期に実施しておりますので、興味のある方は是非お気軽にご応募頂けましたら幸いです。
~現在募集中~
Boostnoteの開発者と珈琲でも飲みながらゆるくお話しませんか?☕
新デザインへのフィードバックやBoostnote Teamへの要望等、お待ちしております!
申し込み → リンク

---

【会社概要】
社名:Maisin&Co.株式会社
URL:リンク
代表者:横溝一将
所在地:
福岡県福岡市中央区大名1-1-3 石井ビル5階

【プロダクト概要】
名称:Boostnote
概要:Open sorce note-taking app for programmer.
URL:リンク
Boostnote Team:リンク
ever2boost : リンク
Github issue:リンク
Boostnote Store: リンク

【本件に関するお問い合わせ先】
メール:info[at]maisin.co

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。