logo

Ossia社、CEOにMario Obeidat氏を指名

Ossia 2017年02月08日 10時30分
From 共同通信PRワイヤー

Ossia社、CEOにMario Obeidat氏を指名

AsiaNet 67305

技術開発や事業提携で輝かしい成功を収めてきたテクノロジー業界のリーダーが
Ossiaを次なる成長ステージへと導く

ワシントン州ベルビュー-2017年2月7日-世界有数のワイヤレス電力伝送技術の開発会社であるOssia(リンク )は、本日、テクノロジー業界における経験が豊富なMario Obeidat 氏をCEO(最高経営責任者)に指名したと発表しました。技術開発や事業提携において確固たる実績を持つObeidat 氏は、イノベーションと成長の舵取り役を担い、Ossia を次なるステージへと導いていくものと期待されます。Obeidat 氏の主導の下、当社はCota(TM)技術のライセンス化や複数のチャネルを通じたワイヤレス電力伝送技術の実用化に向けて、グローバルレベルで重点的な取り組みを進めていく考えです。

当社のAli Kolaghassi 取締役副会長は次のようにコメントしています。「我々は、Mario Obeidat 氏をCEO として迎えられることを大変喜ばしく思っております。同氏は、輝かしい実績を持つリーダーとして、これまでにいくつかの世界有数のテクノロジー企業を成功に導いてきました。また、影響力のある戦略家としても有名です。当社の画期的なワイヤレス給電技術を世界市場に広め、商品化を進めて行くうえで、力強いリーダーシップを発揮してくれるものと確信しています。」

Obeidat 氏は、直近までPendrell Corporation のライセンシング部門のバイスプレジデントとして、同社のライセンシングや技術移転、収益計画を率いていました。Pendrell 入社以前には、InterDigital Communicationsのライセンス戦略部門トップとして3G技術ポートフォリオの管理を行い、その後、Intellectual Ventures の通信ライセンシング部門の責任者として通信事業の立ち上げや開発を手掛けていました。キャリアを重ねる中、通信やソフトウェア、消費者家電といった業界のFortune 500 企業と戦略的提携や技術移転、知財ライセンシングを成立させ、これまでに数十億ドルに上る新規事業の創出を牽引してきました。

Obeidat 氏は次のようにコメントしています。「Ossia のCEOに指名していただいたことを光栄に思っております。Ossia は、充電の概念を覆す真に画期的な技術の最先端を行く会社です。Ossia のワイヤレス給電技術により、携帯電話や埋込式医療機器、センサーや自動車といった電子機器だけでなく、まだ発明には至っていないエコシステム等それらを繋ぐあらゆるものに至るまで、ワイヤレスでの電力伝送が可能になります。」「先鋭ぞろいのチームと力を合わせてイノベーションを進めていくとともに、有望な人材を新たに採用することで、Ossia のワイヤレス給電技術の開発を更に推し進めていきたいと考えています。消費者、工業、自動車、医療といった市場においてOssia の技術を商品化していくために、有力なテクノロジー企業との提携も積極的に進めていく考えです。」

Ossia 社について
当社は、ワイヤレス給電の可能性についての固定観念に挑戦しています。当社の主力製品「Cota(TM)」は、離れた場所にあるデバイスにリモートで目標量の電力を安全に送ることにより、ワイヤレス給電の定義を書き換えるものです。当社が有するスマートアンテナの特許技術「Cota(TM)」は、ユーザーによる干渉なく自動的に複数のデバイスを充電し、常に電源がオンの状態で常時接続された、効率的かつ真にワイヤレスで十分な電力が供給されている世界を実現します。Ossia の本社所在地はワシントン州ベルヴューです。当社のウェブサイトwww.ossia.comを是非ご覧下さい。

Ossia社の情報は以下でフォローできます。
Twitter:  リンク
LinkedIn: リンク
Facebook: リンク

お問い合わせ先:
Jocelyn Linde
SSPR
719-634-8055
ossia@sspr.com


(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。