logo

若者の視点と感性を捉えて30年 -- 第30回東洋大学「現代学生百人一首」入選作品収録冊子が完成

東洋大学 2017年02月08日 08時05分
From Digital PR Platform


東洋大学では、全国の学生から「現代学生のものの見方・生活感覚」を詠み込んだ短歌を募集するコンテスト「現代学生百人一首」を開催している。30回目を迎えた今回は、全国の小・中・高校、大学、専門学校等から52,428首の応募があり、このたび1月15日に発表した入選作品(入選作品100首・小学生の部入選作品10首)を収録した冊子が完成した。


 入選作品を収録した冊子は、希望者には、送料分の切手をご負担いただき、配付している。申し込みは以下を参照。

■入選作品収録冊子をご希望の方へ
  リンク
 (東洋大学ホームページ内)
 下記の項目を明記し、封筒に送料として希望冊数分の切手〔1冊:140円、2~3冊:250円、4~6冊:400円、7~12冊:600円〕を同封の上、以下の宛先まで。※冊子は無料。
 (1)住所 (2)氏名 (3)電話番号 (4)冊子の種類(今回は第30回) (5)希望冊数
【宛 先】
 〒112-8606 東京都文京区白山5-28-20
 東洋大学広報課 「現代学生百人一首」冊子希望 係

■第30回 『現代学生百人一首』 入選作品一覧
  リンク
 (東洋大学ホームページ内)
※なお、学校単位での応募や、多数の優れた作品があった下記の学校に「学校特別賞」を授与した。
 学校特別賞(順不同): 北海道帯広農業高等学校(北海道)/埼玉県立川越女子高等学校(埼玉県)/千葉県立流山南高等学校(千葉県)/慶應義塾中等部(東京都)/上田西高等学校(長野県)

■第30回『現代学生百人一首』 データ
・応募総数: 52,428首
・応募対象: 小学生・中学生・高校生・高等専門学校生・短期大学生・大学生・ 大学院生・専修学校生・各種学校(含む予備校)生
        (入選作品100首・小学生の部入選作品10首を発表)
・応募期間: 2016年10月1日から10月24日
・入選発表: 2017年1月15日(東洋大学ホームページにて)
・選考委員:
 菊地 義裕(きくち・よしひろ/東洋大学文学部教授/選考委員長)
 神田 重幸(かんだ・しげゆき/東洋大学名誉教授)
 中川 佐和子(なかがわ・さわこ/歌人/『未来』選者・編集委員)
 川野 里子(かわの・さとこ/歌人/『かりん』編集委員)

■東洋大学『現代学生百人一首』とは
 東洋大学が1987(昭和62)年に創立100周年を迎えた際、「百」にちなんだ記念事業としてスタートした短歌のコンテスト。「現代学生のものの見方・生活感覚」を三十一文字(みそひともじ)で表現することで、若者の豊かな感受性と国語感覚を発達・促進するとして、教育現場でも注目されている。今回、文部科学省後援事業となり30回目の大きな節目を迎えた。第1回~第30回までの累計応募作品数は、1,338,900首を数える。

▼本件に関する問い合わせ先
 東洋大学 総務部広報課
 TEL: 03-3945-7571
 E-mail: mlkoho@toyo.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事