logo

駿府城跡天守台発掘調査 ~掘り出された天守台西辺の長さは、江戸城の1.5倍~ 特別な現場見学会を開催

静岡市 2017年02月07日 16時30分
From 共同通信PRワイヤー

2017年2月7日

静岡市

「見える」発掘調査 駿府城跡天守台発掘調査
~掘り出された天守台西辺の長さは、なんと江戸城の1.5倍!~
特別な現場見学会を開催
開催日:2017年2月25日(土)

駿府城公園で、2016年8月より発掘調査が進む駿府城の天守台。その西側の一辺が、120年ぶりに掘り出されました。姿を現した石垣の長さは南北約68m、高さは約5.6m。長さだけ比較しても江戸城天守台(南北約45m)の1.5倍と、その規模は目を見張るものがあります。
そんな迫力の石垣を間近で見上げ、ワクワクできる「特別な」現場説明会を、2月25日(土)に開催します。

静岡市では、駿府城跡天守台発掘調査“見える化事業”として、発掘調査現場を毎日一般公開しています(年末年始を除く)。通常は指定の見学ゾーンからの見学になりますが、2月25日(土)は、発掘調査員の解説つきで、特別に堀底に降りて石垣を間近に見たり、石垣の裏側をのぞいたりと、普段は立ち入ることのできないゾーンに入ることができます。現場見学会は2016年10月22日(土)に続き2回目の開催。今回目を引くのは、調査で掘り出された巨大な石の数々。取り壊された石垣部分に使われていたものですが、中には一辺が2mを超えるものもあります。
徐々に姿を現す巨大な天守台の、本物の迫力をぜひご堪能ください。

※特別現場見学会は、どなたでも申し込み不要でご覧いただけます。
※掘り出された石垣には、今後保護用ネットがかけられる予定です。
※2月24日(金)には、徳川みらい学会主催の講演会とセットになった現場見学会も開催されます。〔詳細は文末の関連イベントをご覧ください〕こちらは事前の申し込みが必要です。

【駿府城跡天守台発掘調査 現場見学会】※申込不要
日時:2017年2月25日(土)、(1)10:00~、(2)13:30~(各回同内容・解説は15分程度)
※雨天中止・25日に1回も実施できない場合は、翌26日(日)に開催
会場:駿府城跡天守台発掘調査現場(駿府城公園内西北部・静岡市葵区駿府城公園1-1)
対象:どなたでも、当日、直接会場へ(足元が悪いため、運動靴や汚れてもよい服装でお越しください)
参加費:無料
◆問い合わせ:静岡市歴史文化課TEL 054-221-1085

【駿府城跡天守台発掘調査】
駿府城の天守台は、明治29年に取り壊され、その土砂で本丸堀は埋められてしまいました。今回の発掘調査は、家康公の死後400年を経て初めて行われる本格的な調査で、埋められた本丸堀を掘りおこし、地中に残された天守台の全容に迫ろうというもの。期間は2016年8月から2020年2月まで、毎週月~金曜日と第4土・日曜日に実施しています(祝日は休み・天候により中止の場合あり)。
発掘現場の「見学ゾーン」、「発掘情報館きゃっしる」は、年末年始を除き毎日公開します(9:00~16:30/入場は16:00まで・入場無料)。見学ゾーンからは自由に発掘現場を観覧できるほか、「きゃっしる」では、江戸時代の瓦などこれまでの発掘品に触れられる展示や調査の速報展示も行います。
◆問い合わせ:静岡市歴史文化課TEL 054-221-1085
◆調査の最新情報は、Webサイト「発掘情報館きゃっしる別館」へ
リンク

=関連イベント====================
【徳川みらい学会 講演会と現場見学会】※要事前申し込み
◆第1部 駿府城跡天守台発掘調査 現場見学会 
日時:2017年2月24日(金)、13:00~13:30 ※雨天中止・小雨決行
会場:駿府城跡天守台発掘調査現場(駿府城公園内西北部・静岡市葵区駿府城公園1-1)
◆第2部 講演会「駿府における徳川家康の御大工・中井大和守」
日時:2017年2月24日(金)、14:30~16:00 
会場:しずぎんホール ユーフォニア(静岡市葵区追手町1-13・アゴラ静岡8階)
講師:谷 直樹氏(大阪くらしの今昔館館長)
対象:どなたでも200人(申込順)
参加費:無料(参加者にはもれなく「駿府城まるわかり」冊子等プレゼント)
申し込み:2月2日(木)~、電話で静岡市コールセンターへ  Tel 054-200-4894(受付時間8:00~20:00・年中無休)
問い合わせ: 徳川みらい学会事務局(静岡商工会議所内・平日 9:00~17:00)
Tel. 054-284-9660
徳川みらい学会Webサイト リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。