logo

民泊クラウド運営ツール「民泊ダッシュボード」を運営するメトロエンジン株式会社は、最適な民泊の客室単価が自動で設定できる、「メトロプライシング for 民泊」をリリースいたしました

メトロエンジン株式会社 2017年02月06日 19時01分
From PR TIMES

【国内初】ビッグデータ演算処理アルゴリズム、及び人工知能を導入した「メトロプライシング for 民泊」は、適切な客室単価を設定し、民泊運営における収益額の最大化をお手伝い致します



メトロプライシングは、民泊クラウド運営ツール「民泊ダッシュボード」(リンク)からベータ版を無料でご利用いただける機能となります。


[画像1: リンク ]


国内民泊の市場は、全国で稼働している物件が4万件を超えるなど、民泊間の競争はよりいっそう激しくなってきています。一方では、訪日旅行客の増加に伴い、全国規模でホテル・旅館の建造ラッシュとなっており、今後は、適切な客室単価の設定が稼働率に与える大きな要因となることが予想されます。

当社は国内では唯一、2014年~民泊物件データのビッグデータを有しており、これまで多岐にわたるクライアント様向けに演算処理アルゴリズムによる民泊データ解析サービスを行ってきました。このようなノウハウを活用し、人工知能を加えることで、適切な客室単価の設定を可能にしました。「民泊ダッシュボード」のご利用で、民泊ホスト向けにホテルが導入するレベニュー・マネジメントを可能にしました。
[画像2: リンク ]


適切な客室単価を判断する上では、主に以下のような要素を取り込んでおります

競合物件に対して、物件の稼働率(収益力)による調整
競合物件に対して、レビュー数による調整
曜日による調整
近隣日による調整
人工知能による調整

また、人工知能による調整は、以下のような要素を盛り込んでおり、今後、日々精度を増した分析が適応されていきます。


近隣ホテルの稼働率状況
近隣ホテルの価格情報
競合民泊物件の稼働率状況
訪日旅行客の動向状況
国内旅行客の動向状況
近隣で開催される各種イベント状況

今までは、稼働率が低い物件に関しては客室単価が高すぎたり、稼働率が高い物件であっても、客室単価が引きすぎ、収益の最大化ができていないケースが多々ありました。このような問題解決に役立てることができる、国内初のツールとなります。
メトロプライシングは、客室単価を設定するだけではなく、管理も容易にできるよう、設計されています。
[画像3: リンク ]


あなたの物件の客室単価は高すぎないですか?または低すぎないですか?翌3ヶ月間の競合物件の平均客室単価、中央値、現在の物件設定価格、メトロプライシングのオススメ価格をチャートで一覧表示ができます。

[画像4: リンク ]

詳細は下記ホームページにてご確認ください。
民泊ダッシュボード リンク
メトロプライシング リンク

【メトロエンジン株式会社の概要】
(1)社 名:メトロエンジン株式会社
(2)代 表 者 : 代表取締役CEO 田中 良介
(3)本 店 所 在 地 : 東京都港区麻布台1-11-3 麻布台第一ビル3F
(4)設 立 年 月 : 2016年10月31日

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。