logo

車載向けネットワークBroadR-Reachテスト検証サービス開始

車載向けネットワークBroadR-Reachテスト検証サービス開始

ポジティブワンは、ihr社(ドイツ本社)を利用した車載向けネットワークBroadR-Reachテストサービスを開始いたします。これにより、車載の通信システム(LIN、CAN、CAN-FD、Flexray、Ethernet)を一括した検証サービスから一部の認証までを支援いたします。

ポジティブワンは、ihr GmbH(本社:ドイツ・バーデン・ヴュルテンベルク州、以下「ihr社」)の新しいテストサービスとして、Automotive Ethernet(BroadR-Reach)のテスト検証を開始しました。ihr社とともに、日本の自動車産業の車載ネットワークサービスにおけるテスト支援およびソフトウエア開発をご提案いたします。

ihr社は、すべての車載の通信システム(LIN、CAN、CAN-FD、Flexray、Ethernet)をカバーしております。Automotive Ethernet(BroadR-Reach)のテストサービスを開始することにより、すべての車載ネットワークのテスト検証を行うことができるようになっております。このことは、大手自動車メーカとそのサプライヤが常に便りにしていただいた結果、トータルサービスが可能となってきました。ihr社は、将来の自動車のための技術分野の急速な発展に対応するために、常に新しいサービスや製品を変更、採用、開発方法をリードしています。

ihr社がイニシアティブをとってきたバックグランドは、常にコンフォーマンステストでした。コンフォーマンステストは、ソフトおよびハードウェアの実装が国際標準に準拠しているかどうかを判断します。 ihr社のテスト試験所は、ISO17025に従って、DAKKSの認定を受けています。世界の標準規格であり、すべての試験機関および校正機関で認定された作業を保証します。

ihr社は自動車用イーサネットに関するIXIA Technologies Europe Limitedと協力しています。同社はヨーロッパだけでなく、米国やアジアにも存在しています。テストに加えて、ihr社はコミュニケーションとコントローラのためのソフトウェアの作成と統合も提供します。 ihr社は、システム全体にソリューションを提供することに重点を置いています。 ihr社の使命は、お客様の声に耳を傾け、顧客の要求を満たすために可能な限り最高のサービスを提供することです。 ihr社は、自動車の通信における技術リーダーの役割を維持することを目指しています。ポジティブワンは、10年以上、ihr社の日本総代理店として、日本の大手自動車メーカとそのサプライヤの窓口として、支援を続けております。また、ポジティブワンは、車載システムのプロトタイプや製品開発に携わり、その受託開発から検証、認証支援も行っており、トータルソリューションをご提案いたします。

【BroadR-Reach】
802.3bwは、「100BASE-T1」と呼ばれ、「1TPCE(1 Twisted Pair 100 MB/s Ethernet)」というワーキンググループで標準化作業を進めています。Broadcom社が開発した通信技術「BroadR-Reach」が基になり、OPEN Allianceで仕様策定されているため、OABR(OPEN Alliance BroadR-Reach )と呼ばれれています。自動車メーカーで既に採用が始まっていることから、P802.3bwでは、100Mビット/秒のOABRと相互接続性を確保できるようになりました。

【CAN FD】
CAN-FDは、CANの柔軟な代替手段と見なされています。 さまざまな世代のCANバスシステムの数と複雑さは着実に増加しています。 これらの要求に対応するために、高いバス負荷と選択的ウェイクアップのように、古典的なCANバスは柔軟なデータ転送速度でCAN FDバスに移行しました。ihr社は、CAN FDバスシステムを標準化するための主要な課題が割り当てられたワーキンググループのアクティブなメンバーです。ISO 11898およびISO 16845に従って製品をテストすることにより、開発フェーズ中にサポートを提供することができます。

【SAE J2602】
SAE(Society of Automotive Engineers)のJ2602プロトコルは、LIN 2.0プロトコルに基づいて開発されました。ihr社は、テスト仕様J2602-2に従って適合テストを提供することができます。 それは、データリンク層と物理層を含む完全なテスト、例えば、トランシーバのみの部分的なテストのいずれかを取得することを選択します。J2602-2仕様に基づいて、アプリケーションの安定性と堅牢性に関する詳細な情報を追加してテストすることができます。

【LIN】
ihr社は、設立以来、自動車環境に関するLINの課題に深く関わっています。 LINバスシステムの初期の開始以来、ihr社は引き続きテスト仕様の開発に従事しています。 その後、ihr社は、LIN仕様をISO標準に移行させる主要です。

ihr社は、認定試験所として、LIN標準1.xおよび2.xに従って、ECUのニュートラル試験証明書を取得する有能なパートナーです。 開発の初期段階から、またテストの専門知識を使用してさまざまな段階でお客様をサポートします。 IHRは、アルゴリズム、プロトコル、タイミングのテストなど、公式のLINテスト仕様でカバーされていない追加のテスト機能を実行することもできます。

【CAN】
CAN(Controller Area Network)は国際的に標準化されており、レイヤ1(物理レイヤ)とレイヤ2(データリンクレイヤ)の仕様ISO 11898で定義されています。 ほとんどのアプリケーションでは、物理層のISO 11898-2(高速CAN)とISO 11898-3(低速CAN)が想定されています。ECUまたはトランシーバのテストが可能であり、ISO 16845に準拠したテストを提供しています。開発当初、私たちはラボのすべてのテストスキルを使用して、アプリケーションの機能性と堅牢性を保証するようサポートしま。

【GMLAN】
ihr社は、独自のGMローカルエリアネットワーク(GMLAN)を使用して、多数のゼネラルモーターズグループコントロールユニットをテストすることで長年の経験を持っています。GMLANは、古典的なCANフォーマットに基づいたアプリケーションおよびトランスポート層プロトコルです。 コンフォーマンステスト中、ihr社はテストデバイス(コントロールユニット)とGM仕様GM 14241に応じて、高速モード、中速モードまたは低速モードのいずれかでテストすることをサポートします。そして、GM仕様GM W3110に準拠した完全自動化診断テストを提供することができます。さらに、GMグループのコンポーネントと診断の主要仕様であるCG2474に従ってECUをテストする専門知識を持っています。 この適合テストは、すべてのECUがGGSE ECU診断インフラストラクチャ要件を満たすための必須の要求です。

【ポジティブワン株式会社について】
社名 ポジティブワン株式会社(POSITIVE ONE CORPORATION)
所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ・ウエスト22F
所在地 〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6神戸国際会館 22F

URL リンク

ポジティブワン株式会社は、最先端技術と時代を先読みしたエンベデッドソリューションをご提供します。そのために海外の有力な最先端技術会社と提携し、多様化する仕様に対応できるOEMハードウェアや世界標準ISO等に準拠する品質向上のためのツールをご提供します。さらに、システムコンサルティング、エンベデッドからPC、スマートフォン、サーバーを含んだハードウェアからソフトウェアまでのシステム受託開発など、皆様のプロジェクト成功のためのご支援をいたします。

【本件に関するお問い合わせ先】
ポジティブワン株式会社
メールアドレス:poc_sales@positive-one.com
TEL:03-3256-3933 FAX:03-4360-5301

このプレスリリースの付帯情報

CAN-FD_BroadR-Reach_GMLAN_LIN_FlexyRay

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。