logo

Banco Bradescoが2016年第4四半期決算を発表

Banco Bradesco S.A. 2017年02月03日 16時22分
From 共同通信PRワイヤー

Banco Bradescoが2016年第4四半期決算を発表

AsiaNet 67289 (0143)

【サンパウロ2017年2月3日PR Newswire=共同通信JBN】Banco Bradesco(BBDC4)が2016年決算の主な数字発表した。2016年7月1日以降はHSBC Bank Brasil S.A.とその子会社(HSBC Brasil)との連結に力点が置かれている。

1. 2016年の調整後純利益(注1)は171億2100万レアル(2015年の178億7300万レアルと比べると4.2%減少)。これに伴って1株当たり利益は3.09レアル、平均調整後株主資本利益率は17.6%となった(注2)。

2. 調整後純利益の内訳は、金融事業が115億7000万レアルで、全体の67.6%を占めた。保険と年金、キャピタライゼーション・ボンド事業は合計55億5100万レアルで、比率は32.4%だった。

3. 2016年12月時点のBradescoの時価総額は1608億1300万レアル(注3)で、2015年12月と比べて60.7%増加した。

4. 2016年12月時点の資産総額は1兆2940億レアルと、2015年12月比で19.8%増大した。平均資産利益率は1.5%。

5. 2016年12月時点の拡大融資ポートフォリオ(注4)は5149億9000万レアルに達し、2015年12月比8.6%の増加。このうち個人向けは1720億4500万レアル(2015年12月比16.4%増)、法人向けは3429億4500万レアル(2015年12月比5.1%増)。

6. 運用資産は1兆9050億レアルと、2015年12月比で26.1%増加した。

7. 株主資本は2016年12月時点で1004億4200万レアルと、2015年12月より13.0%多くなった。2016年12月のプルデンシャル・コングロマリットに基づくバーゼルIII比率は15.4%で、このうちティアI資本比率は12.0%だった。

8. 2016年に得た利益に対する株主への配当として合計69億7600万レアルを支払い、または計上した。うち月間および中間に支払ったのが21億6800万レアル、2017年3月8日支払い予定の特別・補足配当計上分が48億0800万レアルである。

9. 純利息利益(NII)のうち金利部分は630億5900万レアルで、2015年と比べて15.1%増加した。

10. 2016年12月の90日間返済遅延比率は5.5%(2015年12月は4.1%)だった。

11. 2016年12月の営業測定効率(ER、注5)は39.5%(2015年12月は37.5%)で、リスク調整後ERは52.2%(2015年12月は46.5%)だった。

12. 2016年の保険引受料と年金積立金、キャピタライゼーション・ボンド収入の合計は714億1900万レアルで、2015年と比べ10.5%増えた。テクニカル関係では2233億4200万レアルを計上したが、この金額は2015年12月と比べ25.6%多い。

13. 2016年のインフラと情報技術(IT)、通信関係への投資は総額65億9500万レアルで、2015年比15.3%増加した。

14. 2016年に支払いもしくは計上した税金と負担金(ソーシャルセキュリティー関連費用を含む)は322億0200万レアル。このうち137億8200万レアルは源泉徴収税とサードパーティ徴収分。184億2000万レアルはBradesco Organizationが展開した活動に基づいて計算されたが、この金額は調整後純利益(注1)の107.6%に相当した。

15. Bradescoはブラジルに5314支店、3821カ所のCustomer Service Points(PAs)の幅広い顧客サービス網を持つ。このほかBradescoの顧客は社内(PAEs)ATMの1013台、Bradesco Expressoカスタマー・サービス・ポイントの3万8430カ所、Bradesco ATMの3万6119台、Banco24Horas Network ATMの1万9991台も利用できる。

16. 2016年の人件費と関連費、手当は総額155億4000万レアル。Bradesco Organizationの全従業員10万8793人とその扶養家族に対する福利厚生費は37億9200万レアルで、教育と研修、人材開発プログラム費は1億7558万3000レアルだった。

▽同期間中の主な受賞と承認
*ブラジル最大の民間ビジネスグループ(Anuario Grandes Grupos/Valor Economico newspaper)

*2015年10月から2016年9月の12カ月間に最も(米ドル建て)資産を増やした中南米の銀行、増加率は38.09%(Economatica)

*株式市場に上場したすべての金融機関の中で最も時価総額を伸ばした業界リーダー(Economatica / Exame)

*純収入が30億レアル以上の「公的企業」の中で最高の年次報告書を出した企業に贈られる第18回アブラスカ賞の受賞企業

*「Folha Top of Mind」調査の「トップ・ファイナンス」部門で、預金と健康保険、保険、クレジットカードで最も知名度の高いブランドの一つに選ばれた(Datafolha)

*「最高人事管理」調査でベスト企業に認められた(Valor Economico newspaper with technical support from Aon)

*「消費者向けベスト企業」賞の「銀行、銀行およびカード・保険など金融サービス」の金融部門で最優秀企業になった(Epoca magazine)

*Bradesco Corretoraは2016年1-9月に投資家へより大きな利益を確保した「トップ10」推奨ポートフォリオのランキングで上位なり、2016年の「バリュー・ポートフォリオ」部門でベストの運用成績を達成した(Valor Economico newspaper)

*Bradesco Asset Management(BRAM)は運用する23本の投資ファンドが「機関投資家向けベスト・ファンド」ランキングで優良と認定された(Luz Engenharia Financeira)

*Bradesco Asset Managementは「Leadership in ALAS 20's Responsible Investments」部門で1位、「Leadership in Corporate Governance」部門で2位、「Leadership in Research and Sustainability」部門で3位になった。

Bradesco Organizationはブラジルの社会経済的発展に全力を傾倒している。われわれは最善のコーポレート持続性の実践を組み込み、各地域の事情と可能性を考慮し、長期的に共通価値観の生成に貢献するとの観点から、事業指針と戦略を設定している。この位置付けを強化するため、われわれはグローバルコンパクト(Global Compact)、エクエーター原則(Equator Principles)、二酸化炭素公表プロジェクト(Carbon Disclosure Project、CDP)、責任投資原則(Principles for Responsible Investment、PRI)、温室効果ガス・プロトコールプログラム(GHG Protocol Program)、気候プラットフォームのためのビジネス(Business for the Climate Platform、Empresas pelo Clima、EPC)など世界的に承認されたコーポレートイニシアチブの順守を強調する。法令順守態勢としては、取締役会にこの分野のガイドライン作成や企業行動をアドバイスする持続性委員会(Sustainability Committee)や、戦略執行を調整する多部門委員会がある。ビジネス管理における優秀性は、ニューヨーク証券取引所の「新興市場」部門のダウジョーンズ持続性指数(DJSI)および、いずれもBM&FBOVESPAのコーポレート持続性指数(ISE)、炭素効率性指数(ICO2)などの主要な持続性指数によって認められている。

60年前から広範な社会教育プログラムを実施しているFundacao Bradescoは現在、ブラジル全土で40学校を運営している。2016年には約5億9560万レアルの予算が以下の学校に入学した約10万8533人の生徒に役立てられた。基礎教育(幼稚園からハイスクールおよび上級中等技術職業教育に至るまで)、青年・成人教育、雇用と所得の創出に焦点を置いた初等および継続的職業訓練。無料で良質の教育の保証に加え、生徒たちは基礎教育システムに加入する。その生徒数は4万1000人超。生徒はまた制服、学用品、食事、医療・歯科治療支援も受ける。遠距離学習システム(EaD)に関しては、約65万7000人超の生徒がeラーニングポータルの「Escola Virtual(バーチャルスクール)」を通じて恩恵を受けた。これらの生徒は時間表で提示されるさまざまな課程のうち少なくとも1課程を修了した。別の3万1756人の生徒はEduca+Acao ProgramであるCenters for Digital Inclusion(CDIs)とのパートナーシップで実行されるプロジェクトやイニシアチブ、およびTechnologyコースから学んだ。

Bradescoの財務諸表はBradescoの投資家向け広報活動のサイト(リンク )を参照。

(注1)この経済・財務分析リポートの8ページで記述されている臨時イベントによる
(注2)2016年第1四半期現在、通年ベースの利益性はlinear basisで計算されており、株主資本の下に記録されている売却可能証券の時価効果は除外されている
(注3)同期間の最終営業日の普通株および優先株の終値に株数(金庫株を除く)を掛けたもの
(注4)これには以下のものが含まれている。抵当、担保、信用状、クレジットカード債権前払い金、ローン譲渡証書での共同債務(受取債券担保投資ファンドや不動産担保債務)、農村ローン譲渡証書および信用リスクを包含する業務での共同債務(社債や約束手形を含む商業ポートフォリオ)
(注5)過去12カ月の間

▽問い合わせ先
Ivani Benazzi de Andrade
+011-55-11-2194-0924
ivani.andrade@bradesco.com.br

Carlos Tsuyoshi Yamashita
+011-55-11-2194-0920
carlos.yamashita@bradesco.com.br

ソース:Banco Bradesco S.A.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事