logo

Oracle 認定 Java Silver SE 8対応 Java試験合格応援キャンペーン

~資格を取って仕事に活かそう!試験代キャッシュバック付き~

日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミー(本社:東京都渋谷区 学校長:大岡和雄)は、人材需要が急拡大しているJavaプログラマーを育成することを目的として、2017年2月より、「Java試験 合格応援キャンペーン」を実施します。
本キャンペーンでは、市場ニーズの高いJava人材を短期間で育成することを目的とし、Oracle 認定 Java Silver SE 8の試験合格のための対策講座を開講します。




[画像: リンク ]


■キャンペーン実施の背景

文部科学省が小学校におけるコンピューターのプログラミング教育を2020年度から必修化する方針を決める等、近年はプログラミング言語の需要が高まっています。プログラミング言語の中でも、Javaはスマートフォン用アプリケーションやクラウド型の業務システムなど様々な分野で利用されています。さらに近年ではテレビや電子書籍、家電などにブラウザが次々と搭載され、将来的には時計や自動車、そして家など、あらゆるモノがインターネットに繋がり、それに伴いデータ通信を制御するJavaプラットフォームの基幹システムが急速に普及すると予想されます。

このような背景の中、大規模で信頼性の高いWebシステムやネットワークサービスを簡単に開発できるJava人材を短期間で育成し、さらにJavaスキルをワールドワイドに証明することができるOracle 認定 Java Silver SE 8の資格取得を応援するキャンペーンを実施いたします。


■キャンペーン詳細

1. 3週間(講義日数は3日間)で受講を終えるJava試験対策講座を開講

2. 1.の講座を受講した方にインプレス社発行「徹底攻略 Java SE 8 Silver 問題集」を無料プレゼント

3. 1.の講座を受講し合格した方向けに、Java Silver SE 8試験の受験料¥28,728をキャッシュバック(※)


※キャッシュバック適用条件

下記3つの条件にすべて同意し、対応頂いた方に限り、キャッシュバックを適用致します。

  A. 合格者事例として、写真撮影とインタビューにご協力いただけること

  B. 2017年3月15日までにJava Silver SE8試験の受験日を申請すること

 C. 2017年4月30日までにJava Silver SE8試験を受験し、合格の上、

インターネット・アカデミーに来校しキャッシュバックの手続きをすること


■試験対策講座 概要

本講座は、Java言語のオブジェクト指向全般の文法を学習し、オラクル認定資格であるOCJ-P Silver SE8試験に合格することを目的とした全6回の講座です。試験対策はもちろん、現場でのJavaシステム開発に欠かせないEclipseを活用した実践的なプログラミングノウハウも学ぶことができます。講座の最終日には、資格試験対策となるインターネット・アカデミーのオリジナル問題集を配布致します。


■受講料と講座スケジュール

¥166,628 (入学金は¥10,500別途)、全6回×2時間 (3日間完結)


02/22(水) 12:10~14:10  第1回試験対策講座

14:20~16:20  第2回試験対策講座

03/01(水) 12:10~14:10 第3回試験対策講座

14:20~16:20 第4回試験対策講座

03/08(水) 12:10~14:10 第5回試験対策講座

14:20~16:20  第6回試験対策講座


■ Oracle 認定 Java Silver SE 8 試験について

Oracle Certified Java Programmer, Silver SE 8 認定資格(OCJ-P Silver SE8)は、米Oracle社が提供している世界共通の認定資格試験です。資格はレベル別に3段階に分かれており、「Silver」は実務経験1年以上の初級Javaプログラマーを対象としています。日常的なプログラミング・スキルはもちろん、さまざまなプロジェクトで発生する状況への対応能力も評価することを目的としているため、資格を習得すると、就転職活動の際や現場でのプログラミング業務において、Javaスキルの客観的証明としてアピールすることができます。


■ インターネット・アカデミーについて

インターネット・アカデミーは日本で初めてのWeb専門校として、1995年9月に開校しました。以来、母体がWeb制作会社であるという強みと、トライアングルビジネスモデルに基づいたグループ企業との連携を活かし、即戦力となる人材の育成に取り組んでいます。また、2000年にWeb技術の標準化を行う世界最高位の団体「W3C(World Wide Web Consortium)」のメンバーとして日本の教育機関で初めて認定を受け、世界的な最先端技術の普及活動にも貢献しています。

現在は、その活動の場を日本のみならず世界的に展開し、現在では、アメリカはボストンとニューヨークにGlobal Education Centerを、インドのIT都市であるバンガロールにGlobal Development Centerを設立。人材育成はもちろん、Webアプリケーションやシステム開発の受注制作など、ITに関する幅広いサポートビジネスをグローバルに展開することで、各国の企業ニーズやビジネスノウハウを共有し、さらにその情報をもとにカリキュラム開発などの教育事業に活かしています。


■会社概要

学校名:インターネット・アカデミー

学校長:大岡和雄

顧問 :一色正男

神奈川工科大学 創造工学部 教授、W3C/Keio元サイトマネージャ、経産省管轄のJSCA、

スマートハウス研究センター所長、スマートハウス・ビル標準・事業促進等検討会 HEMSタスクフォース座長

所在地:【渋谷本校】東京都渋谷区桜丘20-1 渋谷インフォスタワー5 階

【新宿校】東京都新宿区新宿2-5-15 新宿山興ビル2 階
【米国ニューヨーク支社】568 Broadway, 11th Floor, New York, NY, USA

【米国ボストンラボ】One Broadway, 14th Floor, Cambridge, MA, USA

【インド バンガロール校】#979, 1st Floor, Keerthi's CLOUD9,1st A Cross, S.T. Bed Layout,Koramangala 4th Block,Bengaluru 560034

社名: インターネット・ビジネス・ジャパン株式会社

設立: 1995(平成7)年9月12日

資本金 1億円

従業員数 80名

事業内容

・Webサイトの制作、システム開発および管理・運用

・IT技術者の育成およびITに関する企業教育全般

・IT技術者の人材派遣および経営戦略における人材採用コンサルティング


■お問い合わせ先

インターネット・アカデミー リンク

電 話 :03-3341-3781

メール:otoiawase@internetacademy.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。