logo

2017年シーズンでハットトリックを狙うポルシェ

ポルシェジャパン株式会社 2017年02月03日 12時00分
From 共同通信PRワイヤー

2017/2/3

ポルシェ AG

2017年シーズンでハットトリックを狙うポルシェ
ポルシェ919ハイブリッドが、カーナンバー1と2を掲げてル・マンとWECに参戦

ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:オリバー・ブルーメ)は昨年度のFIA世界耐久選手権(WEC)を制覇した2台のポルシェ919ハイブリッドでのタイトル防衛を目指し、カーナンバー1と2を掲げて2017年シーズンに参戦します。このシリーズにはハイライトとしてル・マン24時間レースが含まれています。主催者のFIAとACOが本日開いたプレス カンファレンスにおいて、ポルシェ2台の車両と新たなドライバー編成のチームによるエントリーが承認されました。

2台のポルシェ919ハイブリッドのうち、カーナンバー1はニール・ジャニ(33歳、スイス出身)、アンドレ・ロッテラー(35、ドイツ)、およびニック・タンディ(32、英国)がステアリングを握ります。ジャニは2016年のWECワールドチャンピオンであり、6月のル・マン24時間でも優勝を果たしています。ロッテラーは2012年にアウディで世界選手権のタイトルを手にしているほか、ル・マンで過去3回の総合優勝を誇る経験豊富なドライバーです。タンディは2015年のル・マンでポルシェに勝利をもたらしたチームの一員です。カーナンバー2は2015年のワールドチャンピオン、ティモ・ベルンハルト(36、ドイツ)と、2人のニュージーランド出身ドライバー、アール・バンバー(26)とブレンドン・ハートレー(27)がトリオを組みます。バンバーはタンディとともに2015年のル・マンで優勝を果たしたドライバーであり、またハートレーは2015年のWECでベルンハルトと共にタイトルを獲得しています。

ポルシェは、900 PS(662 kW)超のパワーを持つLMP1マシン、919ハイブリッドの完全な見直しを行い、2017年シーズンにル・マン24時間とFIA世界耐久選手権の3年連続制覇を目指しています。「私達はハットトリックを狙います」とLMP1担当副社長のフリッツ・エンツィンガーは力強く宣言し、ヴァイザッハで働く260人強のチームに究極のゴールを設定しました。

2015年と2016年の両年、ポルシェはチームにとって17回目と18回目にあたるル・マン総合優勝を手に入れるとともに、マニュファクチュアラーとドライバーの両部門でワールドチャンピオンのタイトルを2年連続で獲得しました。

エンツィンガーは次のように続けます。「シリーズ全9戦の1戦1戦が厳しいチャレンジです。勝利を手にするためには信頼性が基本的な必要条件となります。6時間にわたって、クラスが異なり速度差のある多数のマシンの間を縫うように走行するため、毎戦が予断を許しません。最終的にはわずか何秒かの差が勝利の分かれ目になることもあるでしょう。そしてシリーズの頂点を極めるのが、ほかのレースの4倍もの長い時間で争われるル・マンです。この24時間レースはドライバーとマシンの双方を極限まで追い立てます。2017年シーズン、最上位のLMP1カテゴリーにおいてはトヨタが手ごわいライバルとなることでしょう。われわれは隅々まで改良を施したポルシェ919ハイブリッドと6人のトップドライバーから成るチームで、ライバルを迎え撃ちます」。

ポルシェのプロトタイプマシン、919ハイブリッドの進化については、来る3月31日にアウトドローモ・ナツィオナーレ・ディ・モンツァで発表します。その後、4月1日と2日にイタリアで開催されるFIA WECプロローグにおいて、全チームが合同で公式テストを行います。チームマネージャーのアンドレアス・ザイドルが引き続きテクニカルディレクター代理を務めます。

WEC – 技術のパイオニアにとって理想的なプラットフォーム

WECでは、クラス1ル・マン プロトタイプ(LMP1)部門において、効率性に関して独自のレギュレーションが定められています。このためWECはポルシェにとって極めて理想的なプラットフォームとなっています。2014年にポルシェがモータースポーツの最高峰のひとつに復帰するきっかけとなったのが、このレギュレーションでした。他のレースにはない高い自由度がエンジニアに与えられるこのレギュレーションにより、従来とは異なるドライブ コンセプトを取り入れることが可能となりました。そのためには先進的なテクノロジーを導入して、ハイブリッド化、エンジンのダウンサイジングによる高効率化、広範囲におよぶ軽量化などに取り組むことも求められました。その結果、WECは、ポルシェAGが市販スポーツカー向けの革新技術を開発し、テストするための理想的なプラットフォームになったのです。

ポルシェ919ハイブリッドの革新的なドライブ コンセプト

919のハイブリッドドライブは、ライトサイジングターボ(小排気量およびターボ化)テクノロジーと効率的な直噴システムを組み合わせた2リッターV型4気筒エンジンと、2つの異なるエネルギー回生システム(前輪のブレーキおよび排気ガスエネルギー)からの電力を蓄えるリチウムイオンバッテリーで構成されています。919ハイブリッドはプロトタイプカーとして唯一、ブレーキング時だけでなく、加速時においてもエネルギー回生を行い、システム合計で900 PS(662 kW)を超える出力を誇ります。またポルシェはすでにこのハイブリッドカーが備える特徴の多くをロードゴーイング スポーツカーの開発にも活用しています。その代表例が電圧800Vの技術を使った純粋な電気自動車のコンセプトスタディ、ミッションEです。このクルマの大きな特徴のひとつは極めて短い時間で充電が可能な点です。この4ドアスポーツカーは2020年までに市販化を予定しています。

2017年WECスケジュール

3月31日  モンツァにてポルシェ919ハイブリッドを披露(イタリア)
4月1-2日  モンツァプロローグ(イタリア)
4月16日  シルバーストーン6時間(英国)
5月6日   スパ・フランコルシャン(ベルギー)
6月4日   ル・マンテストデー(フランス)
6月17-18日 ル・マン24時間(フランス)
7月16日  ニュルブルクリンク6時間(ドイツ)
9月3日   メキシコ6時間(メキシコ)
9月16日  サーキット・オブ・ジ・アメリカズ6時間(テキサス州、米国)
10月15日  富士6時間耐久(日本)
11月5日  上海6時間(中国)
11月18日  バーレーン6時間(バーレーン)


<本件に関する読者からのお問い合わせ先>
ポルシェ カスタマーケアセンター 0120-846-911
ポルシェ ホームページ リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。