logo

「LINE LIVE」の配信におけるLIVEスタンプの利用状況を公開 自身の顔を可愛く盛ってライブ配信することが主流 人気のLIVE スタンプは猫に変身できる「猫耳」

LINE株式会社 2017年02月02日 17時34分 [ LINE株式会社のプレスリリース一覧 ]
From PR TIMES

カメラアプリ「B612」でも人気の“盛れる”顔認識スタンプが新たに追加!



LINE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:出澤 剛)は、同社が運営するライブ配信サービス「LINE LIVE(ラインライブ)」 リンク において、自動的に配信者の顔を認識し加工を施す「LIVEスタンプ」の利用状況を公開、また、目を大きく見せられたり、顔の形を変えられたり、メイクアップ等が可能となるLIVEスタンプを新たに追加いたしましたので、お知らせいたします。

「LINE LIVE」は、2015年12月10日にサービスを公開し、昨年8月より一般ユーザーへも配信機能を開放しました。LINE IDがあれば誰でも簡単にライブ動画の配信が可能で、配信者はLIVEスタンプで動画をリアルタイムに加工したり、視聴者はコメント・ハート・ギフトアイテムなどで配信者を応援したりすることができます。視聴者と配信者が双方向でコミュニケーションできる点が好評を得ており、人気配信者も多数登場しています。また、タレントやアーティストの公式チャンネルからの配信も人気となっており、若年層の女性を中心とした数多くのユーザーの皆様にご利用頂いております。

このたび、直近2ヶ月間※1での一般配信者によるライブ配信における、LIVEスタンプの利用状況を公表いたしました。LIVEスタンプを使用した配信者の割合は54.3%となっており、配信者の半数以上の方が、顔に加工を施す等してライブ配信を行っていることが分かりました。カメラアプリやプリクラ等と同様に、ライブ配信でも、可愛く、盛って、自身の顔を出すことが主流となりつつあるようです。
※1 集計期間:2016年11月20日~2017年1月20日までの2ヶ月間
[画像1: リンク ]

また、最も多く使用されたLIVEスタンプは「キラキラフィルター付の猫耳」で、次いで多いのが「シンプルな猫耳」と、猫に変身できるスタンプの人気が高いことが分かりました。単純に可愛いというだけでなく、すっぴんの時など、顔を隠したい際にも使える、という理由からも人気を得ているようです。続いて、使用回数3位には「メイク効果付のうさぎ耳」、
4位に「だて眼鏡」、5位に「カラコン加工付の猫耳」という順で人気となっており、相対的に動物になれる、部分的に顔を隠せるLIVEスタンプが人気のようです。
[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]



なお、今回新たに、カメラアプリ「B612」でも人気の、目が大きくなったり、メイクアップされたり、顔の形が変わるなどの、“盛れる”顔認識スタンプが追加となりました。「犬(犬をモチーフにしたものでB612の中でも人気が高いもの。顔を丸くし、目を丸く大きく変形します。)」、「雪(雪のデザインが入った季節限定スタンプで、顎を細く、目を自然に大きく変形。チークとリップにメイクアップ効果があります。)」、「うさぎ(人気のうさぎ耳をキラキラにしたデザイン。顎を細く、目を自然に大きく変形。リップにメイクアップ効果があります。)」の3種が追加となっており、より配信者の皆様が自分好みのスタイルに合わせてライブ配信をすることが可能となっています。
[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]

[画像7: リンク ]



LINE LIVEでは今後も、皆で同じ番組を、リアルタイムで同時に楽しみ、盛り上がる視聴体験の機会を創出するとともに、ライブ映像を通じて人と人、人と情報・コンテンツを繋ぐスマートフォン時代の新たな情報流通ハブとなることを目指し
ます。


■「LINE LIVE」アプリ概要
対応端末:iPhone/Android
対応言語:日本語
サービス地域:日本
サービス開始日:2015年12月10日
価格:ダウンロード無料
開発・運営:LINE株式会社
著作権表記:(C)LINE Corporation
App Store  リンク
Google Play  リンク
WEBブラウザ版  リンク
LINE LIVE公式サイト リンク
公式twitter  リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事