logo

トランプ大統領「入国制限令」に不安の声を受け、2/5(日)緊急・アメリカ留学対策セミナー開催

株式会社留学情報館 2017年02月02日 14時35分
From PR TIMES

アメリカ留学意識調査で「不安に感じる」が7割。ロサンゼルスオフィスから現地の様子を中継も

株式会社留学情報館(東京都新宿区、代表:大塚庸平、以下留学情報館)は、ドナルド・トランプ氏の大統領選挙勝利を受け、それによってアメリカ留学のイメージがどう変化したかを調査しました。その結果、7割近くの人がアメリカ留学へ不安を感じていることがわかり、留学情報館はアメリカの学生ビザ相談窓口を開設。ビザ申請・面接のポイントや、審査に落ちやすい人の特徴などを公開し、アメリカ留学を目指す人の支援を行ってきました。
この度、トランプ大統領の「入国制限令」発令後、この件に関する問い合わせが急増したため、留学情報館では事態を重く受け止め、2月5日(日)11時より、新宿オフィスにて緊急セミナー「トランプ大統領『入国制限令』でどうなるアメリカ留学の今後」を行います。アメリカ留学に不安を持つ人を対象に、相談窓口で多かった質問や、入国審査に関する対策情報を提供、ロサンゼルスオフィスと中継を行い現地の様子をレポートします。



[画像1: リンク ]

個別回答の一部
・アメリカに行ったらもちろんトランプを支持する人たちにも出会うと思うので、そこで対等に戦っていけるか考えますね。もっと自国のこと、他国のことを知らないといけないなと思います。
・アメリカの多文化に対する根本的な価値感と尊重の崩壊
・アメリカでの就職が難しくなる
・お金を落とす日本人含む先進国からの留学生を増やす政策があるのではないかという期待もある。

これまで寄せられた相談をもとに、セミナー「トランプ大統領『入国制限令』でどうなるアメリカ留学の今後」を開催
トランプ政権発足後、特に「入国制限令」発令後から相談窓口への問い合わせが急増しています。留学情報館はこの事態を重く受け止め、これまで窓口に寄せられた相談内容をもとに、セミナーを開催することとしました。特に問い合わせが多かった「入国・ビザ」について、「現地の治安」について、「現地での就労」についてなどを中心に、現地からの中継レポートも交えてアメリカ留学の現状と今後の展望を報告します。

本セミナーではメディアの方の取材も受付ております。取材をご希望の方は下記までご連絡ください。
03-5332-7432 担当:梅澤、長者原(平日10:00~20:00、土日祝10:00~19:00)
(上記、不在の場合は090-7432-2915 梅澤まで)
[画像2: リンク ]


企業概要
会社名:株式会社留学情報館(リンク
所在地:東京都新宿区西新宿7-2-12松下産業ビル4F
代表:大塚庸平
創立:2010年6月1日
事業内容:留学あっせん事業、海外生活サポート、保険代理業、インターネットポータルサイトの運営、
旅行業法に基づく旅行業他

手数料無料の留学サポート会社です。東京、大阪、ロサンゼルス、ニューヨーク、セブにオフィスを構え、アメリカでは最大規模の送客数を誇ります。また同社の運営するFacebookページは会員約11万人を数え、ほぼ毎日留学に役立つ情報を配信しています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。