logo

最高32Gbpsの“プロトコル・アウェア”ビット・エラー・レート・テスタにより第4世代規格のレシーバ・テストが容易に

テクトロニクス 2017年02月02日 14時11分
From Digital PR Platform


報道発表資料
2017年2月1日

テクトロニクス(所在地:東京都港区、代表取締役:木下 伸二)は、本日、業界初の32Gbpsプロトコル・アウェア・ビット・エラー・レート・テスト/解析システム BSXシリーズを発表します。テクトロニクスの新製品であるBSXシリーズBERTScope(バートスコープ)は、Gen 3、Gen 4デバイスのレシーバ特性評価に役立つだけでなく、リンク・トレーニング、ビット・エラー・レート課題のデバッグに要する時間短縮を可能にします。

PCIe 4.0、USB 3.1、SAS4などの第4世代のシリアル・プロトコルはより複雑になっています。テストするデバイスをループバック状態などの適切なステートにするためには、機器と被測定デバイス間のプロトコル・ハンドシェイクが必須になってきています。プロトコル・アウェア機能を搭載したBSXシリーズは、最高32Gbpsで動作するデバイスのハンドシェイクとリンク・トレーニング・プロセスを視覚化し、制御するために必要になるツールと柔軟性を提供します。

テクトロニクス、パフォーマンス・オシロスコープ、ジェネラル・マネージャのブライアン・ライク(Brian Reich)は、次のように述べています。「レシーバ・テストで問題が発生した場合、お客様に必要とされるのはデバイスの特性評価が行えるだけのツールではありません。問題の原因をピンポイントで特定し、複雑な計測を高信頼に変え、プロジェクトをスケジュール通りに進めることのできるツールです。レシーバ・テストでは、ビット・エラー・レートの数値を求めるだけではなく、特定のビット・エラー・レートの値が得られた理由、ハンドシェイク問題が発生した原因などを理解する必要があります。BSXシリーズは、ビット・エラーの位置とタイミングを捉えることにより、物理レイヤの障害の根本原因特定に対しての独自の解析能力を提供します」

レシーバ・テストを容易に
BSXシリーズは12.5Gbps、24Gbps、32Gbpsのデータ・レートに対応しており、Gen 4規格で求められる数多くのテスト・ケースのコンプライアンス・テストを自動化し、正確で再現性の高い測定を可能にするツールを備えています。BSXシリーズはTxイコライゼーション、リファレンス・クロックの逓倍、干渉生成などの機能を内蔵しているため、必要なケーブルの本数も少なくなり、従来の手法に比べてセットアップと校正が大幅に容易になります。

BSXシリーズは、ビット・エラーそれぞれの状況(タイミング、ビット位置)を連続的に保存できる唯一のレシーバ・テスト・ツールです。開発エンジニアは、BSXシリーズが提供するパターン感度、FEC(Forward Error Correction、前方誤り補正)エミュレーションなどの優れたエラー解析ツールによって、ビット・エラー原因を迅速に特定することができます。


<テクトロニクスについて>
米国オレゴン州ビーバートンに本社を置くテクトロニクスは、お客様の問題を解決し、詳細の理解を深め、新たな発見を可能にする、革新的で正確かつ操作性に優れたテスト/計測モニタリング・ソリューションを提供しています。テクトロニクスは70年にわたり電子計測の最前線に位置し続けています。
ウェブサイトはこちらから。 jp.tek.com 

<テクトロニクスの最新情報はこちらから>
Twitter (@tektronix_jp)
Facebook (リンク )
YouTube(リンク

<お客さまからのお問合せ先>
テクトロニクス お客様コールセンター
TEL 0120-441-046 FAX 0120-046-011
URL jp.tektronix.com

TektronixおよびテクトロニクスはTektronix, Inc.の登録商標です。本プレスリリースに記載されているその他すべての商標名および製品名は、各社のサービスマーク、商標、登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事