logo

【セミナー開催のご案内】特許調査 ~ 先行技術文献を見つけるためのプロセスとポイント 3月14日開催 主催(株)シーエムシー・リサーチ

CMCリサーチ 2017年02月02日 00時30分
From PR TIMES

迅速性と正確性が要求される先行技術調査の「検索式立案テクニック」「検索事例研究」を解説!

先端技術情報や市場情報を提供している(株)シーエムシー・リサーチ(千代田区神田錦町: リンク )では、知財関連のセミナーを行っておりますが、 このたび「特許調査 ~ 先行技術文献を見つけるためのプロセスとポイント」と題するセミナーを、 講師に 松尾健司 氏(特許業務法人オンダ国際特許事務所 知財戦略支援部 コンサルタント)をお迎えし、 2017年3月14日(火)13:30より、 『ちよだプラットフォームスクエア』5階503会議室(千代田区錦町)で開催いたします。 受講料は、 一般:49,000円(税込)、 弊社メルマガ会員:44,000円(税込)、 アカデミック価格は35,000円となっております(受講料には資料代・昼食代を含みます)。 セミナーの詳細とお申し込みは、 弊社のHP( リンク )で受け付けております。 質疑応答の時間もございますので、 是非奮ってご参加ください。

特許出願戦略において、「量から質への転換」が求められる中、出願検討時における先行技術調査が重要視されています。調査に時間をかけてしまっては、先願の地位を逃してしまい、的外れな調査では的確な先行技術を把握できません。つまり、特許出願前の先行技術調査には迅速性と正確性が要求されます。
本セミナーでは、効率的かつ正確に先行技術文献を見つけるための「検索式立案テクニック」を解説します。また、実際に拒絶理由に用いられた引例をヒットさせるコツを学ぶために、「検索事例研究」により得られた知見をご紹介します。

1)セミナーテーマ及び開催日時
テ ー マ:特許調査 ~ 先行技術文献を見つけるためのプロセスとポイント
開催日時:2017年3月14日(火)10:30~16:30
会  場:『ちよだプラットフォームスクウェア』 503会議室
     〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21
参 加 費:49,000円(税込) ※ 資料代・昼食代含
     * メルマガ登録者は 44,000円(税込)
     * アカデミック価格は 35,000円(税込)
講  師:松尾健司 氏 / 特許業務法人オンダ国際特許事務所 知財戦略支援部 コンサルタント

2)申し込み方法
シーエムシー・リサーチの当該セミナーサイト( リンク )からお申し込みください。 折り返し、 聴講券、 会場地図、 請求書を送付いたします。

3)セミナープログラムのご紹介
1.特許調査の実施プロセスとポイント
 (1) 特許調査を漁業に例えると
 (2) 情報検索の考え方
 (3) 特許調査の種類と目的
 (4) 特許調査の実施プロセス
 (5) 調査主題の把握
 (6) ポイントの抽出
 (7) 予備検索 (プレサーチ)
 (8) 検索式の策定
 (9) 本検索とスクリーニング
 (10) 関連公報の抽出
 (11) 報告書の作成

2.検索タームとしての特許分類
 (1) 国際特許分類
 (2) FI (ファイル・インデックス)
 (3) Fターム
 (4) IPC・FI・Fタームの関係
 (5) パテントマップガイダンス

3.検索事例研究
 (1) 検索式作成失敗事例1~4
 (2) 先行技術調査の検索事例研究1~3

4)講師のご紹介
  松尾健司 氏 / 特許業務法人オンダ国際特許事務所 知財戦略支援部 コンサルタント

【講師経歴】
自動車部品メーカーで設計開発技術者として勤務したのち、オンダ国際特許事務所に転職してからは、28年間にわたり特許調査業務を主に担当。特許事務所内では新規事業の展開を積極的に進めているなか、企画開発支援やネーミング、アイデア創出コンサルティング等の新規サービスの立ち上げスタッフとして事業の展開を行う。特許情報の調査、解析、加工、活用について造詣が深く、特許調査やパテントマップ作成等のスキルについて、クライアントからの信頼は厚い。

【活動内容】
・小冊子『特許になる発明をバンバン生み出すには…』
・小冊子『特許ポートフォリオの分析と構築方法』
・小冊子『パテントマップを使いこなそう』 など。
 特許調査に関するメールマガジンの配信も継続中。

5)セミナー対象者や特典について
★ アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、 地方公共団体、 および学校法人格を有する大学、 大学院の教員、 学生に限ります。
★ 2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合2人目は無料です。

●セミナー対象者
 研究開発、技術開発に携わる技術・知財担当者

●セミナーで得られる知識
1)特許出願前の先行技術調査に必要な迅速性と正確性、
2)効率的かつ正確に先行技術文献を見つけるための「検索式立案テクニック」 、
3)検索事例研究」による実際に拒絶理由に用いられた引例をヒットさせるためのコツ

 ☆詳細とお申込みはこちらから↓
   リンク
                                   以上

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事