logo

ボルテージが贈る話題のVRアプリが、遂に英語版で登場!「Intimate VR:Eisuke」2月1日発売開始



[画像1: リンク ]

株式会社ボルテージ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:津谷 祐司)は、当社初となるVRアプリ「椅子ドンVR ~一ノ宮英介編~」の英語版アプリ「Intimate VR:Eisuke」を、iOSおよびAndroid搭載端末向けに2017年2月1日(水)より配信を開始しました。

本アプリは、人気恋愛ドラマアプリ「スイートルームで悪戯なキス(英題:Kissed by the Baddest Bidder)」を舞台にした仮想世界で、人気イケメンキャラクターと一緒にいるかのような体験ができる英語版VR(バーチャル・リアリティ)アプリです。俺様大富豪、一ノ宮英介が目の前に迫り、唇が触れるか触れないかの距離まで大接近してくるなどのドキドキ体験が、昨年の東京ゲームショウで大きな話題を呼びました。また、今回の英語版配信に伴い、キャラクターボイスを英語で実装。海外のファンの皆さまにも楽しんでいただけるようにしました。

お楽しみ方は2通りあり、スマートフォンをかざすだけで360度の仮想空間を覗ける 「Handheld モード」と、市販のスマートフォン用VRゴーグルを併せてご使用いただくことで目の前に広がる「VRモード」がございます。

イケメンに迫られる体験を、ご自宅で手軽にお楽しみください。

ボルテージは、これからも、新感覚のオリジナルストーリー型コンテンツをご提供してまいります。


【VRシチュエーション】
目を開けると、そこは殺風景な小部屋。

椅子に縛られ、身動きが取れないあなたの前に、固い靴音を響かせ入ってきた英介は、
まるで品定めするかのように、あなたの全身に視線を這わせる…。

英介の目的は?これからどうなるの?

その時、突然部屋が動き始める―!?


【Intimate VR :Eisukeの楽しみ方】

[画像2: リンク ]


<使用上の注意>
※体験中、周りには注意してプレイしてください。
※VRゴーグルを使用したプレイは、13歳未満の方の視力・発達に悪影響を及ぼす可能性があります。
該当する方はVRゴーグルを使用しない「Handheldモード」でお楽しみください。
※長時間の無理なプレイはお控えください。また、気分が悪くなった場合にはすぐにプレイを中止してください。
※その他ご利用により悪化する症状をお持ちの方はご利用をご遠慮ください。
(心臓疾患、めまい、閉所恐怖症、呼吸器系疾患、けいれん発作、妊娠中、騒音過敏症、光過敏症発作)
※ お客様のご利用状況により、推奨機種であっても動作が不安定になる場合がございます。
※本アプリによる体調不良やトラブル、損失・損害等につきましては一切責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。


【原作のご紹介】
恋愛ドラマアプリ 「スイートルームで悪戯なキス」
(英題:Kissed by the Baddest Bidder)

秘密の闇オークションを目撃したせいで、“商品”として出品されたアナタを待ち受けていたのは、自分を“買った”カレとの刺激的な生活だった…。

非日常なストーリー展開や魅惑的なキャラクターたちが女性の心を掴み、 2013年の配信開始以来高い人気を博している、ボルテージの人気恋愛ドラマアプリです。
[画像3: リンク ]



【購入方法】
■コンテンツ名:「Intimate VR:Eisuke」
■価格:$3.99
■発売開始日:2017年2月1日
■対応プラットフォーム:App store / Google Play
App store:リンク
Google Play:リンク
※機種によりご利用いただけない場合がございます。
■権利表記: (C) ボルテージ    
※記載されている会社名・商品名・サービス名は、各社の商標または登録商標です。  


【ボルテージ会社概要】
社名:株式会社ボルテージ (1999年9月設立)
所在地:東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー28階
代表取締役:津谷 祐司(つたに ゆうじ)
■HP リンク
■ボルテージVR・ARオフィシャルサイト(Eng) リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。