logo

グリー子会社Glossom、日本におけるスマートフォン向け動画広告ニーズに幅広く対応した動画アドネットワーク「AdCorsa(アドコルサ)」を提供開始

グリー 2017年02月01日 13時30分
From PR TIMES

グリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:田中良和)の100%子会社であるGlossom株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:江川嗣政、以下「Glossom」)は、2月1日より日本におけるスマートフォン向け動画広告ニーズに幅広く対応した動画アドネットワーク「AdCorsa(アドコルサ)」の提供を開始しました。



[画像1: リンク ]

「AdCorsa」の特徴
「AdCorsa」は、Glossomの豊富なスマートフォン向け広告運用経験から生まれた、広告主、媒体主双方の課題を解決しプロモーション効果と収益の拡大を可能にする動画アドネットワークです。

サービス開始背景
インターネット動画広告の市場規模は、2017年には1,000億円を超える見通しであり、その中でもスマートフォン向け動画広告市場は、動画広告市場全体の約8割を占めると予測されています。中長期的にも、スマートフォン動画広告需要の拡大が市場成長をけん引し、2020年には2,309億円、2022年には2,918億円に達すると見込まれるなど(※1)、今後も高い水準での成長が期待されています。
[画像2: リンク ]

                     
動画広告や動画マーケティング分野の顕著な成長の中で、Glossomも積極的に投資を行い事業拡大を図ってきました。2014年にはグローバル動画広告配信プラットフォーム「AdColony」の日本向け独占ライセンスを取得、2016年6月には国内最大級のスマートフォン向けSSP「アドフリくん」を提供する株式会社ADFULLYを完全子会社化しました。新動画アドネットワーク「AdCorsa」を加えることで、広告主と媒体主の利益を最大化するプラットフォームを運営する中で浮かび上がってきた双方の課題を解決し、「AdColony」、「アドフリくん」とともに、市場のニーズにきめ細やかに対応していきます。

広告主のメリット
■ホワイトリスト配信広告
案件に合わせて配信先メディアをパッケージングし、配信先を全て開示します。アドネットワークの配信ロジックにより、パッケージされたメディアの中でさらに最適化を行いながら配信するため効率よくプロモーションできます。

■IDFAターゲティング広告識別子
IDFAを利用したターゲティングが可能です。行動特性を元に分類したユーザー層に対して、それぞれの特性に合わせた効果的なプロモーションができます。

媒体主のメリット
■自社広告配信
AdCorsaの機能を利用し、自社広告を配信することが可能です。AdCorsaのSDKを導入している自社アプリに、自社で展開している異なるアプリの広告を自由に配信することができます。

■動画リワード形式
動画配信をリワード形式で実施できます。AdCorsaのリッチな配信面に自社広告を配信することが可能です。動画広告の配信先として、マンガアプリ、ゲームなど様々な導線を利用することができます。

今後の展開
Glossomでは、日本の広告主と媒体主のプロモーションニーズに対応した動画アドネットワーク「AdCorsa」、グローバル動画広告配信プラットフォーム「AdColony」、国内最大級のスマートフォン向けSSP「アドフリくん」を活用し、最低限の手間で最大限の利益を広告主、媒体主双方にもたらし、広告主とユーザーにとって最適な広告配信のあり方を目指します。

「AdCorsa」概要

[表: リンク ]



※1 出典:株式会社サイバーエージェント「国内動画広告の市場調査」

AdCorsaおよびAdCorsaロゴは、グリー株式会社の商標または登録商標です。
その他のすべての商標は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事