logo

プライベート認証局Gleas、AirWatchと連携してのデバイス証明書配信機能を強化

株式会社JCCH・セキュリティ・ソリューション・システムズ(本社:東京都荒川区、代表取締役:山田 公介。以下、JS3)は、自社開発の認証局アプライアンス「プライベート認証局 Gleas(以下、Gleas)」が、エンタープライズモビリティ管理(EMM)ソリューション「VMware AirWatch」(以下、AirWatch)のデバイス証明書のプッシュ配信機能に対応したことを発表します。

■AirWatchと、Gleasとの連携ソリューション
AirWatchは、スマートフォン・タブレットなどのスマートデバイスを安全に業務で活用するために必要となる情報漏洩リスク管理や、業務上不都合なアプリケーションの制御などを統合的に管理するソリューションとなります。
AirWatchを導入することにより、業務で利用しているPCと同等レベルのスマートデバイス管理、企業のセキュリティポリシーに基づいた利用の徹底、デバイス紛失時の情報漏洩対策および運用負荷の軽減を実現するアプリケーション配布などの実現が可能となります。

JS3では以前より、AirWatchでの管理対象のiOSデバイスに対してSCEP(Simple Certificate Enrollment Protocol)を利用してのGleasからのデバイス証明書の発行ソリューションを発表しておりますが、iOSデバイスから認証局への直接の通信経路およびセキュリティの確保が必要になるなど、一定の制約が生じるケースがありました。

このたびAirWatchが、Gleasの備えるAPI(Application Programming Interface)を利用したデバイス証明書のプッシュ配信機能を実装したことにより、PC、スマートフォン、タブレットといったエンドユーザデバイスはAirWatchとの通信のみでデバイス証明書のプッシュ配信を受けられるようになり、システム構成をシンプルにすることが可能となりました。

また、各デバイスにインポートされたデバイス証明書はリモートアクセスや企業Wi-Fiなどのデバイス認証に利用することができ、その認証設定もAirWatchからプッシュ配信することが可能です。

JS3のWebサイトでは、このソリューションの設定手順を記載したPDFを公開しています。
リンク

今後もエンタープライズユーザがモバイルデバイスを安全に業務利用できるよう取り組みを進めてまいります。

■Gleasについて
Gleasは、高い柔軟性と操作性を実現する認証局アプライアンスです。
エンタープライズ市場を中心とした認証ソリューションとしての導入が増加しています。管理者業務の効率化を目的とした機能および他製品との連携ソリューションで高い評価をいただいています。

■JS3について
JS3は、PKI(公開鍵暗号基盤)を利用した製品開発・販売企業です。プライベート認証局 Gleasを中心に、クライアント証明書を用いたネットワーク認証を中心に据えたビジネスを展開しています。

■製品の詳細
・プライベート認証局 Gleas
リンク

■本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社JCCH・セキュリティ・ソリューション・システムズ 営業本部
〒116-0014 東京都荒川区東日暮里5-52-2 神谷ビル7F
E-Mail:sales@jcch-sss.com
TEL: 050-3821-2195

このプレスリリースの付帯情報

GleasとAirWatch連携の概念図

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。