logo

hachidoriがソーシャルPLUSと連携、LINE上で会員情報とトークを用いたコミュニケーションが可能に

hachidori 2017年01月31日 12時00分
From PR TIMES

hachidori株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:伴 貴史、以下:hachidori)が提供する法人向けプログラミングレスチャットボット開発運用ツール「hachidori plus」は、株式会社フィードフォース(所在地:東京都文京区、代表取締役:塚田 耕司、以下「フィードフォース」)が提供するソーシャルログイン導入実績No.1サービス「ソーシャルPLUS」と連携を開始いたしました。




[画像1: リンク ]

この連携によって、「hachidori plus」上で設計構築した法人のチャットボットは、ソーシャルPLUSが提供するLINEの「Official Web App」*1 対応オプション機能を活用し、企業の運営するWebサイトで保有する自社の会員データを用い、よりシームレスなチャットを実現することができます。
*1: 企業が自社のWebサービスとLINEアカウントを連携させ、LINEアカウントを起点に集客・アクション誘導・リピート促進まで、ユーザーの行動をLINEアプリ上でシームレスに完結させることができる仕組み。


<ソーシャルPLUS×hachidori plus 連携イメージ図>
[画像2: リンク ]

今回のサービス連携の大きな特徴は、Official Web Appの仕組みを利用して自社の顧客情報やシステムとLINEアカウントを連携させることで、チャットボットによる自動対応を行う際に特定の会員のニーズに合わせて情報発信やコニュニケーションを最適化できる点です。

これまでのチャットボット単体の構築では、既存のユーザー情報と独立してしまうことが多く、整理が煩雑になっておりましたが、顧客の属性を加えることによって、顧客管理が一括化でき、より顧客ニーズに沿ったチャットボットの開発が可能になります。

たとえばLINEのトーク画面上で、対話ベースで取得した情報の他にも会員の属性や行動履歴を掛け合わせておすすめ商品の提案を行ったり、予約などの変更・キャンセルの手続きを対話形式で行うことができます。Webサイト上の会員データをLINE上でも有効活用でき、追加で必要な属性情報をチャットボットのトークから取得ができるので、ユーザーにとって利便性の高いサービス体験はもちろん、商品の販売促進を効果的に行うことができます。

また、WebサイトのFAQデータを取り込むことで、サポートセンターのオペレータが人力で対応する前にチャットボットでユーザーの自己解決を促すことも可能です。チャットボットで自己解決しない場合には、オペレータによる人力対応にスムーズに切り替えることも可能です。

hachidoriでは、LINE@アカウントでも安心してご利用いただける価格である、ソーシャルPLUSの「Official Web App」に対応したオプションを提供いたします。

弊社では、今後も、「ユーザーとチャットコミュニケーションを最適化する」のサービスモットーを軸に、より良いコミュニケーションを実現できるソリューションを展開してまいります。


◆ソーシャルログイン導入実績No.1サービス「ソーシャルPLUS」について
フィードフォースが提供する「ソーシャルPLUS」は、ソーシャルログイン機能を既存のWebサイトやネイティブアプリに簡単かつ安価に導入できるASPサービスです。
LINEやFacebook、Twitterなど、複数のプラットフォームに対応したソーシャルログインの実装実績が多数あり、国内の様々な企業においてソーシャルログイン導入の支援を積極的に行っております。
また、ソーシャルPLUSではLINEの「Official Web App」の導入をシンプルに実現できるオプション機能を提供しております。
LINEログインをはじめとした効果的なソーシャルログインの導入や、LINEの「Official Web App」の導入をご検討の際は、株式会社フィードフォースまでお問い合わせください。
リンク


◆チャットボット開発ツール「hachidori plus」とは
「hachidori plus」は、チャットボットの設計から運用までのトータルでサポートする企業向けソリューションです。
プログラミング不要のチャットボット開発ツール「hachidori」の運用によって得た1,000以上のチャットボット開発及びUI/UXノウハウを活かし、企業のニーズとエンドユーザーにぴったりのチャットボットを提案いたします。
また、「hachidori」と同じく、プログラミング不要のインターフェースを公開しているため、企業様が、効率的にチャットボットを運用し、得たユーザーデータをマーケティングに活用することができます。
チャットボットが対応できない部分は、付随する独自の有人サポートツール「OPERATOR」によってオペレータにシームレスに切り替えることも可能です。


【株式会社フィードフォース 会社概要】
会社名:株式会社フィードフォース
所在地:東京都文京区湯島 3-19-11 湯島ファーストビル5F
代表者:代表取締役 塚田 耕司
事業内容:データフィード関連事業 / デジタル広告関連事業 / ソーシャルメディアマーケティング関連事業 / その他事業
Webサイト:リンク

【hachidori株式会社 会社概要】
hachidoriは、「企業とユーザーのコミュニケーションを円滑にする」をビジョンに、多くの企業のユーザーコミュニケーションを設計するコミュニケーションテクノロジー会社です。チャットボットの設計や、チャットコミュニケーションのデータ解析など、企業のコミュニケーション改革をお手伝いしています。
会社名:hachidori株式会社
所在地:東京都渋谷区鶯谷町4-15-B1F
代表者:代表取締役 伴 貴史
事業内容:チャットボット開発支援
Webサイト:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事