logo

「BOT PR」を提供開始、商品プロモーションに特化したLINE向けチャットボットをパーケージ化

~チャットボットを活用したプロモーションを最短1日で提供可能~

 総合PR会社の株式会社ベクトル(本社:東京都港区、代表取締役 西江肇司、東証1部:6058、以下 ベクトル)は、チャットボット※開発支援を手がけるhachidori株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:伴 貴史、以下 ハチドリ)と共同で、プロモーションの目的に応じて、コミュニケーションアプリ「LINE」内で利用者とチャットを通じて自動でコミュニケーションが図れるパッケージサービス「BOT PR」の提供を本日1月31日(火)より開始いたしました。



※チャットボットとは
チャットボットとは「チャット」と「ボット(ロボット)」の組み合わせが語源となる、利用者とメッセンジャーアプリなどを通じて会話や画像などの情報のやり取りを自動で行うシステムです。

■BOT PRの特徴
「BOT PR」は、ハチドリが提供するノンプログラミングで実用的なチャットボットが簡単に作成できるSaaS型ウェブサービス「hachidori(リンク)」を活用し、「LINE」上のチャットを通じて利用者へ情報を提供するサービスです。

「イメージマップBOT」「クイズBOT」「診断コンテンツBOT」「画像ジェネレーターBOT」といった4つパッケージを用意しており、プロモーションの目的に応じて選択いただくことが可能です。指定のフォーマットに沿ってテキスト・画像・URLなどを納品いただくだけで、最短1営業日でチャットボットを利用したプロモーションをご提供いたします。

ベクトルでは、プロモーションの施策としてLINE上でチャットボットを活用したいという要望を多くいただいておりましたが、案件ごとにカスタマイズが必要となるほか、制作工数や費用などの問題により、プロモーションの実施までに難易度の高い施策となっておりました。

すでにLINE上にアカウントを有しており、チャットボットを活用したユーザーとのコミュニケーションによる商品/サービスの認知拡大・理解促進を狙いたい企業へのサービス導入を促進して参ります。

【ご提供パッケージ】
1.イメージマップBOT(リッチメッセージBOT)

[画像1: リンク ]


画像の中にボタンを埋め込んで、タップ可能な画像イメージを作成できます。
画像をそのままタップできるので直感的で使いやすいUIになります。
WEBで遷移することなく、LINE上でユーザーの求めている商品まで案内することができます。

2.クイズBOT

[画像2: リンク ]

ボタンUIを使って簡単なクイズを用意できます。正解数に応じてそれぞれに特定のコンテンツを配信できます。

3.診断コンテンツBOT

[画像3: リンク ]

簡単な診断テストを用意できます。診断結果ごとに特定のコンテンツを配信できます。

4.画像ジェネレーターBOT

[画像4: リンク ]

ユーザーが送信した画像にあらかじめ用意したフレームを合成して返信することができます。合成された画像は各種SNSで拡散させるキャンペーンなどの用途で使用できます。

【ご提供金額】
初期費用:30万~
月額費用:50万~(2ヵ月以上)

今後もベクトル グループは、「アジアNo.1のPRグループになる」ことを目標に掲げ、「いいモノを世の中に広める」という理念のもと、従来のPR領域にとどまらず、アドテクノロジーなどITを駆使した最新のマーケティング手法を取り入れ、顧客が必要とするあらゆるコミュニケーションサービスをワンストップで提供して参ります。

【株式会社ベクトル 会社概要】
会 社 名 : 株式会社ベクトル
住 所 : 東京都港区赤坂 4-15-1 赤坂ガーデンシティ 18F
設 立 : 1993 年 3 月 30 日
代 表 者 : 西江 肇司
資 本 金 : 1,893 百万円(2016 年8月末日現在)
事 業 内 容 : マーケティング分野における戦略的PR
U R L : リンク

【hachidori株式会社 会社概要】
会 社 名 : hachidori株式会社
住 所 : 東京都品川区東五反田1-1 1-8 4階
設 立 : 2015年5月
代 表 者 : 伴 貴史
事 業 内 容 : 問い合わせ・接客の効率化およびマーケティング活用を目的に、
        自動返信型チャット(チャットボット)ツール「hachidori」を提供
U R L : リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事