logo

Handbookを「第21回 震災対策技術展」横浜に出展。モバイル端末向け情報共有クラウドサービス「Handbook」の熊本地震での実例や、製造現場における災害時活用事例を紹介!

インフォテリア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野洋一郎、証券コード:3853、以下、インフォテリア)は、2017年2月2日(木)・3日(金)にパシフィコ横浜にて開催される「第21回震災対策技術展」に「Handbook」を出展いたします。



災害発生時の被害の低減やスムーズな復旧のためには、速やかで正確な情報共有が必要です。しかし、その体制構築には通常の通信インフラが機能しなくなるなどを想定し、あらゆる状況下での情報共有・閲覧を可能にしなければなりません。

「Handbook」はあらゆるモバイル端末での利用が可能な上、あらかじめ情報をダウンロードしておくことで通信環境がなくても資料を閲覧することを可能にします。「第21回震災対策技術展」では、展示ブースにおいて実際に「Handbook」に触れ、非常時下での活用イメージを体感いただけます。また、 セミナーでは、実際に平成28年熊本地震において熊本の自治体で「Handbook」が活用された事例などをご紹介します。

[画像: リンク ]

<「第21回震災対策技術展」横浜 開催概要>

[表1: リンク ]



<「インフォテリア」出展概要>
【セミナー:展示ホール2階 F会場(E202)】

[表2: リンク ]



【展示ブース:展示ホールB 災害アプリ体験コーナー】

[表3: リンク ]



※ ITR「ITR Market View:エンタープライズ・モバイル管理 /スマートアプリ開発市場2016」
SaaS型モバイルコンテンツ管理市場/製品別売上金額推移およびシェア(2014~2015年度)


<参考情報>
■「Handbook」について( Webサイト リンク
「Handbook」は、モバイルコンテンツ管理市場でシェア第1位を獲得しているサービスで、文書や表計算、プレゼンテーションから画像や音声、動画までのあらゆる電子ファイルをクラウドに保存し、タブレット端末で持ち運べ、指先めくり表示ができるようにするソフトウェアです。一般的なクラウド・ストレージ・サービスやタブレット端末向けのビューアー・アプリケーションと異なり、閲覧者ごとの配信設定や端末紛失時の情報漏えいを防ぐ機能、あるいはネットワーク接続できない場所でもファイルを予めダウンロードしておけば表示できる機能など、タブレット端末をビジネス活用する上で必要な機能が搭載されているのが特長です。対立しやすい情報セキュリティの確保と操作性の高さを丁寧なインターフェース設計で両立している点が高く評価され、「2015年度 グッドデザイン賞」を受賞しています。

■「インフォテリア株式会社」について( Webサイト リンク
1998年に国内初のXML専業ソフトウェア会社として設立されたインフォテリア株式会社は、企業内の多種多様なコンピューターやデバイスの間を接続するソフトウェアやサービスを開発・販売しています。主力製品の「ASTERIA」は、異なるコンピューターシステムのデータをプログラミングなしで連携できるソフトウェアで、大企業、中堅企業を中心に5,788社(2016年9月末現在)の企業に導入されています。また、「Handbook」は、営業資料や商品カタログ、会議資料などあらゆる電子ファイルをスマートフォンやタブレットで持ち運べるサービスのスタンダードとして、1,138件(2016年9月末現在)の企業や公共機関で採用されています。

<プレスリリース 掲載URL>
リンク


【プレスリリースに関するお問い合わせ先(報道機関窓口)】
インフォテリア株式会社 広報・IR室 長沼史宏
TEL:03-5718-1297 / FAX:03-5718-1261 /E-mail: press@infoteria.com

【製品に関するお問い合わせ先】
インフォテリア株式会社 プロダクトマーケティング部 製品担当:中嶋誠
TEL: 03-5718-1250 / FAX:03-5718-1261 / E-mail: pm@infoteria.com

インフォテリア、ASTERIA、Handbookはインフォテリア株式会社の登録商標です。
本文中の商品名は、各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事