logo

ハネウェル、2年間の連続稼働が可能な携帯型4ガス検知器「BW Clip4」を発表

ハネウェルジャパン株式会社 2017年01月30日 13時00分
From PR TIMES

赤外センサー技術の採用により、ガス検知器の長期稼働・管理費用の削減

ハネウェルは、お客様の安全規制遵守、ならびにメンテナンス費用削減に貢献する、携帯型4ガス検知器「BW Clip4」を発表しました。本製品はセンサーやバッテリー交換不要で2年間の連続稼働が可能です。石油やガスプラント、廃水処理、重工業などの閉鎖された空間での現場の試用に最適なBW Clip4を導入すると、修理やメンテナンスコストの削減だけではなく、携帯型ガス検知器に付随する予備センサーや在庫を大きく削減します。



【カナダ・アルバータ州・カルガリー発】 2016年1月16日 –ハネウェル(NYSE: HON、日本法人ハネウェルジャパン株式会社/東京都港区/代表取締役社長 エリック・ワグナー)は本日、お客様の安全規制遵守、ならびにメンテナンス費用削減に貢献する、携帯型4ガス検知器「BW Clip4」を発表しました。本製品はセンサーやバッテリー交換不要で2年間の連続稼働が可能です。

石油やガスプラント、廃水処理、重工業などの閉鎖された空間での現場の試用に最適なBW Clip4を導入すると、修理やメンテナンスコストの削減だけではなく、携帯型ガス検知器に付随する予備センサーや在庫を大きく削減します。また、BW Clip4は常時稼働しているため、本機を装着する作業員は常に保護された状態を維持でき、お客様の安全規制遵守に貢献します。

ハネウェルIndustrial Safetyのバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーであるケン・シュミット(Ken Schmidt)は、次のように述べています。「BW Clip4は一度起動すると2年後にセンサー交換サインが表示されるまで継続して使用できます。充電やバッテリー交換なしでの2年間稼働、小型かつ簡単操作、マルチガス検知機能、そして安全規制遵守の向上など、マルチガス検知器としてはこれまで実現が不可能であった数多くの利点が組み合わされています。」

BW Clip4は、これまでHoneywell Analyticsの設置型ガス検知器のみで使用されていた非分散形赤外(NDIR)技術を採用することで、これまで携帯型の可燃性ガス検知器で使用されてきた接触燃焼式センサーと比較して、1,000分の1という低消費電力を実現しています。

その他の特徴は以下の通りです。
· 硫化水素、一酸化炭素、酸素、可燃性ガス(LEL)を同時にモニタリング

· 非アラームの状況でもガス濃度および空気中の状況の変化をリアルタイムで表示

· Honeywell Intellidox機器管理システムとの接続により、ロギング情報の記録およびコンプライアンス・レポートを自動生成することでガス検知器の管理を簡略化

· 製品交換が必要な場合、内蔵のテスト機能によりユーザーに通知

本機の詳細についてはリンクをご覧ください。


Honeywell Safety and Productivity Solutions(SPS)は、世界中のお客様の生産性、職場での安全、資産運用を改善するための、製品、ソフトウェア、ソリューションを提供しています。業界をリードするモバイル機器、ソフトウェア、クラウド技術、自動化ソリューション、業界最大のラインナップを誇る個人用保護具とガス検出技術、カスタムエンジニアリングされたセンサー/スイッチ/コントロールを通じて、ハネウェルSPSはお客様に対するこの約束を果たしています。また、ハネウェルSPSは、XtraTufおよびMuck Bootブランドのブーツを含め、幅広いポートフォリオの作業、娯楽、屋外用フットウェアの製造と販売も行っています。ハネウェルSPSからのニュース/情報はリンクをご覧ください。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。