logo

2月も実施決定!米ドル円スプレッド実質最大0.2銭キャンペーン!

米ドル円の取引高に応じて最大100万円をキャッシュバック!

トレイダーズホールディングス株式会社の完全子会社であるトレイダーズ証券株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金丸勲)は、店頭外国為替証拠金取引「みんなのFX」におきまして、2017年2月1日(水)より下記キャンペーンを実施いたします。



[画像: リンク ]

平素より、トレイダーズ証券をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

みんなのFXでは現在、米ドル円のスプレッドが実質0.2銭(※1)になるキャンペーンを実施中です。おかげさまで、お客様から大変ご好評をいただいております。このたび、お客様からのご要望にお応えして2017年2月も同キャンペーンを延長することを決定しました。

本キャンペーンは米ドル円新規約定100Lot毎に1,000円をキャッシュバックするもので、キャッシュバックが適用されると米ドル円のスプレッドは実質0.2銭になります。この機会にぜひ米ドル円でのお取引をご検討ください。

(※1)米ドル円スプレッド0.3銭原則固定【例外あり】(※2)に対してキャッシュバックを適用した場合、新規約定100,000Lotまでの実質スプレッドが0.2銭になります。

■キャンペーン期間
2017年2月1日(水)マーケットオープンから2017年2月28日(火)マーケットクローズまで

■キャンペーン内容
キャンペーン期間中、「みんなのFX」における米ドル円のお取引新規約定100Lot毎に1,000円、最大で1,000,000円をキャッシュバックいたします。
▼キャンペーン詳細はこちらをご確認ください。

■申込締切日
2017年2月28日(火)マーケットクローズまで
※キャンペーン専用申込フォーム以外からのお申込みは適用対象外となりますのでご注意ください。
▼申込フォームはこちら

■キャッシュバック方法
「みんなのFX」のお取引口座に2017年3月末までにキャッシュバックいたします。

(※2)スプレッド原則固定【例外あり】AM8:00から翌日AM2:00の間に限ります。
スプレッドに関するリスクはこちらをご確認ください。

トレイダーズ証券では、お客様により良い取引環境をご提供できますよう、日々努力してまいります。
今後とも、「みんなのFX」並びにトレイダーズ証券をどうぞよろしくお願いいたします。

【取引に関する注意事項】
■店頭外国為替証拠金取引「みんなのFX」及び店頭外国為替オプション取引「みんなのバイナリー」は金融商品取引法に規定される店頭デリバティブ取引です。本取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。■証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、個人のお客様はお取引額の4%(レバレッジ25倍)以上、法人のお客様はお取引額の1%(レバレッジ100倍)以上となります。■レバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。■みんなのFX、みんなのバイナリーの取引手数料および口座管理費は無料です。■スワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。■当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示している「みんなのFX」のスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。 ■ロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。■「みんなのバイナリー」は満期日が到来すると自動行使されるヨーロピアンタイプのバイナリーオプション取引です。オプション料を支払うことで将来の一定の権利を購入する取引であることから、その権利が消滅した場合、支払ったオプション料の全額を失うこととなります。購入金額は1Lotあたり50円から990円となります。■オプション購入後の注文取消は行う事ができませんが、取引可能期間であれば売却は可能です。ただし、売却価格と購入価格には価格差(スプレッド)があり、売却時に損失を被る可能性があります。■相場の変動により当社が提示する購入金額(チケット)よりもお客様に不利な金額で購入が成立する場合があります。また当社の負うリスクの度合いによっては注文の一部もしくは全部を受け付けられない場合がございます。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。