logo

スーパーエンジニアの独り言 > 第64回 さよならレイラ

CTC教育サービスはコラム「 スーパーエンジニアの独り言 > 第64回 さよならレイラ」を公開しました。

###
昨今、「宇宙の謎」について論議が活発になっているようで、これまで定説とされていたものに異論を投げかける論説も登場してきている兆候は、様々なテクノロジーが発達することでデータの取得、解析、評価、予測とこれらサイクルに精度が高まるに連れて今までの予想が裏づけされる反面、疑念が産まれることもあるからなのだと思います。最大の問題である「宇宙の創始と終焉」についても将来に亘って新説を唱える方が登場してくるのだと思われます。

同列にある「地球の誕生」についても諸説あるのだそうですが、一説には「木星」のお陰で「地球」という惑星に生命を齎した(もたらした)のだそうです。木星が太陽系の惑星で最大の大きさを誇る事実から産まれる様々な推測からの仮説なのだろうと思います。
古(いにしえ)の時代から「木星」は世界各地で信仰の対象となっており、古代エジプトは「ホロス」"Horus" であり、古代ローマ神話では 「ユーピテル」"Juppiter" となり、バビロニア、ギリシャ、中国といった古代の世界各地で「神々」(惑星)の中心的な存在として崇められていたのです。

エジプトでの「ホルス」"Horus" は太陽神「ラー」"Ra" の息子です。それは「東映まんがパレード」で上映された高畑勲監督作品「太陽の王子 ホルスの大冒険」"Prince of the Sun, Great Adventure of Horus" でご存知のことでしょう。幼少の筆者も映画館で見た記憶があります。その「ホルス」から派生した古代エジプトのシンボル「ホルスの目」"Eye of Horus" は「万物照覧の目」を意味していてその「目」は「何でも見通すことができる」とされますが、木星の「大赤斑」"Great Red Spot" を擬えている様に思えます。

この続きは以下をご覧ください
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事