logo

新日鉄住金 新エネルギー財団「新エネ大賞」経済産業大臣賞を受賞

新日鐵住金株式会社 2017年01月27日 11時17分
From Digital PR Platform


新日鐵住金株式会社(以下、新日鉄住金)は、株式会社IHI(以下、IHI)とともに、「国内微粉炭火力へのバイオマス混焼拡大への先進的な取り組み」で、一般財団法人新エネルギー財団の平成28年度「新エネ大賞」経済産業大臣賞を受賞しました。

「新エネ大賞」は、新エネルギーの一層の導入促進と普及及び啓発を図るため、新エネルギーに係る商品及び新エネルギーの導入、あるいは普及啓発活動の中から優れたものを表彰するものです。経済産業大臣賞は新エネ大賞の最高賞です。

新日鉄住金釜石製鉄所では、2010年より石炭火力発電設備において間伐材を利用したバイオマス資源の混焼を行っており、現在、国内最高レベルの混焼率(重量比10%以上)で操業を行っています。

今回受賞した取り組みは、釜石製鉄所の石炭火力発電設備(出力149MW)において、ボイラーメーカーであるIHIが新日鉄住金と連携し、国内最大規模の高比率バイオマス混焼(熱量比25%、重量比33%)を実証したこと、新日鉄住金が森林組合と連携して広範囲から大量のバイオマス資源の調達を行うとともに地元企業と共同でバイオマス調達のための法人を設立、地元雇用を創出しながら継続的に事業を実施していることです。これらの取り組みが大幅なCO2排出削減効果や森林系バイオマスの導入拡大が期待できる先進的なものとして高く評価されました。

新日鉄住金は、今後も木質バイオマス資源の活用を通じて、省エネルギー、CO2排出削減に取り組んでいくとともに、森林の整備、雇用の創出を通じて地域経済の活性化等に貢献していきます。

(お問い合わせ先)総務部広報センター TEL:03-6867-2135
以上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。