logo

大宮の盆栽園と美術館がホテルのロビーで世界100カ国以上のゲストにその魅力を発信 「盆栽にこめた祈りとしつらえ展」

株式会社京王プラザホテル 2017年01月27日 10時00分
From Digital PR Platform


京王プラザホテル(東京:西新宿)は、2017年2月1日(水)から3月27日(月)まで3階/アートロビー等において、さいたま市大宮盆栽美術館、大宮盆栽協同組合の協力を得て「盆栽にこめた祈りとしつらえ展」を開催いたします。
大宮盆栽村の盆栽園が心をこめて育てている盆栽を床の間や小さな日本庭園などのしつらえの中に展示するほか、美術館の提供による貴重な盆器や水石、盆栽を愛でる女性たちを描いた複製浮世絵版画を展示し日本の盆栽文化を発信いたします。また期間中、盆栽の魅力と鑑賞法のトーク&ランチやミニ盆栽の体験制作教室といった特別イベントも合わせて開催いたします。

「盆栽」は中国が起源とされ、古くは平安時代から公家の屋敷で鑑賞されていたという記録が残っており現在に至るまで日本の文化として多くの人々に愛されてきました。人と自然が共同で作り上げた盆栽は非常に芸術性も高く、近年は海外でも「BONSAI」と親しまれ注目が高まっています。
京王プラザホテルでは、ご宿泊の75%を世界100か国以上からお客様をお迎えしているホテルとして様々な日本文化を紹介するイベントを季節ごとに開催しております。2月から3月は、毎年ひなまつりのイベントを開催しており、明治時代、女性たちのたしなみや教養を学ぶ「女礼式(じょれいしき)」にも「盆栽」が取り上げられていたことからひなまつりイベントの一環で「盆栽」の文化と魅力をご紹介することといたしました。雛壇飾りと盆栽ともに、日本文化におけるミニチュアの世界を楽しんでいただくこととなります。
また、期間中は館内レストランにおいてひなまつりの特別メニューもお楽しみいただきます。

■「ホテルで楽しむひなまつり~つるし飾りと盆栽の心~」
2月1日(水)~3月27日(月)

▼盆栽にこめた祈りとしつらえ展
協力:さいたま市大宮盆栽美術館、大宮盆栽協同組合

○「女礼式」にみる女性たちの盆栽文化[南館2階/メインバー<ブリアン>前]
明治時代、女性たちの嗜みなど自己研鑽の会「女礼式」を描いた浮世絵版画(複製)をとおして、女性たちの生活の中の盆栽文化をご紹介いたします。

○盆栽のあるしつらえ[3階/アートロビー、南館3階/ロビー、2階/ブリアン前]
大宮盆栽村の盆栽園が心をこめて育てている盆栽を床の間や小さな日本庭園などのしつらえの中で展示し、総合芸術の中にある日本の美意識を鑑賞していただきます。美術品としても価値のある盆器や、一塊の石に山水の情景を見出して楽しむ「水石」などからも盆栽の伝統美をお楽しみいただきます。*盆栽は約7日ごとに入れ替えとなります。


▼本絹古布のつるし飾りと真多呂人形段飾り
[3階/メインロビーほか] 協力:松尾 光代とひまわりグループ

一針一針、丁寧に仕上げた本絹古布のつるし飾り。
今年は昨年よりさらに拡大し、館内で約6,500点のつるし飾りが華やかに彩ります。

◎展示に関するお問合せ/(03)5322-8061【ロビーギャラリー直通】

【特別イベント】
※要予約 ※体験制作および講座は別会場となります。
▼「トーク&ランチ BONSAI~愛しむ心と盆栽の魅力~」
2月20日(月)12:15 p.m.~
講師: さいたま市大宮盆栽美術館 学芸員 林 進一郎
お食事: 1:30 p.m.~ 2階/和食<かがり> 
料金: 1名様 8,000円(イベント参加費、お料理、サービス料・税金込)

▼「ミニ盆栽の体験制作&ランチ」
3月22日(水)11:15 a.m.~
講師: 大宮盆栽協同組合 田畑 好信
お食事: 1:30 p.m.~  2階/懐石<蒼樹庵> 
料金: 1名様 11,000円(イベント参加費、材料費、お料理、サービス料・税金込)

*2月27日(月)には「つるし飾りお細工物教室」も開催いたします。
*期間中、レストラン10店舗において、ひなまつりの特別メニューをご用意いたします。

◎お料理・特別イベントに関するお問合せ/(03)3344-0111(代表)【レストラン予約】


■本件に関するお問合わせ先
株式会社京王プラザホテル
営業戦略室 企画広報  斎藤 潤子・ 大塚 智生・石川 綾子 ・ 佐藤 亜紀
〒160-8330 東京都新宿区西新宿2-2-1
TEL:03-5322-8010
リンク


■関連リンク
リンク


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事