logo

【セミナー開催のご案内】金属3Dプリンタによる製造と技術・業界動向 2月28日開催 主催(株)シーエムシー・リサーチ

CMCリサーチ 2017年01月27日 00時30分
From PR TIMES

3Dプリンタ市場の今後の展開を見据え、現状の技術動向について解説

先端技術情報や市場情報を提供している(株)シーエムシー・リサーチ(千代田区神田錦町: リンク )では、 3Dプリンタ関連のセミナーや書籍発行を行っておりますが、 このたび「金属3Dプリンタによる製造と技術・業界動向」と題するセミナーを、 講師に 中野貴由 氏(大阪大学大学院 工学研究科 教授)をお迎えし、 2017年2月28日(火)13:30より、 『ちよだプラットフォームスクエア』5階502会議室(千代田区錦町)で開催いたします。 受講料は、 一般:42,000円(税込)、 弊社メルマガ会員:39,000円(税込)、 アカデミック価格は25,000円となっております(受講料には資料代を含みます)。 セミナーの詳細とお申し込みは、 弊社のHP(リンク)で受け付けております。 質疑応答の時間もございますので、 是非奮ってご参加ください。

電子ビームならびにレーザビームを用いた金属3Dプリンタは、金属材料の形状ならびに組織の同時制御を可能とします。積層造形法は、任意に形状パラメータを制御することが大きな利点であり、ハード・ソフトの加速的進化にともなってより正確で分解能の高い、高精度な3次元造形品の製造が可能となっています。同時に、造形品を一定の積層方向に作製する場合が多く、結果として、異方性/等方性を付与し、レーザーや電子ビームのような熱源を利用する際には、内部組織、いわゆる組織パラメータを制御することも可能となります。つまり、形状パラメータと組織パラメータを同時にカスタム化することが可能となり、両パラメータを上流設計思想のパラメータとして投入し、コンボルートすることで、新たな製品や新市場が生み出されるものと期待されています。
3Dプリンタによる形状パラメータの任意制御は「均一性・画一性」から脱却することを意味し、カスタム医療・生体・福祉分野、航空・エネルギー分野、カスタム家電事業分野、教育・サービス分野など多方面での製品の高付加価値化へとつながります。原料粉末を閉じ込めた設計とすることで粉末レベルでの階層構造を持つカスタムインプラントの製造さえ可能となります。
本講演では、3Dプリンタ市場の今後の展開を見据えつつ、現状の技術動向について解説します。

1)セミナーテーマ及び開催日時
テ ー マ:金属3Dプリンタによる製造と技術・業界動向
開催日時:2017年2月28日(火)13:30~16:30
会  場:『ちよだプラットフォームスクウェア』 502会議室
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21
参 加 費:42,000円(税込) ※ 資料代・昼食代含
* メルマガ登録者は 39,000円(税込)
* アカデミック価格は 25,000円(税込)
講  師:中野貴由 氏 / 大阪大学大学院 工学研究科 教授

2)申し込み方法
シーエムシー・リサーチの当該セミナーサイト(リンク)からお申し込みください。 折り返し、 聴講券、 会場地図、 請求書を送付いたします。

3)セミナープログラムのご紹介
 1.AM(AdditiveManufacturing)とは
  1.1 AM技術とその基本原理
  1.2 AMにより可能となること

 2.AMによる形状・材質制御
  2.1 異方性形状設計と制御法
  2.2 異方性材質制御法

 3.SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)における「三次元異方性カスタマイズ化設計・付加製造拠点の構築と地域実証」プロジェクト
  3.1 国家プロジェクトとしてのSIP(戦略的イノベーション創造プログラム)について
  3.2 阪大異方性カスタムAMセンターについて
  3.3 大・中小企業の参入、地域活性化への道筋

4)講師のご紹介
 中野貴由 氏 / 大阪大学大学院 工学研究科 教授

【講師経歴】
 平成2年3月 大阪大学工学部 金属材料工学科 卒業
 平成4年3月 大阪大学大学院 工学研究科 金属材料工学専攻 博士前期課程修了
 平成4年4月 大阪大学工学部材料物性工学科助手着任
 平成8年3月 博士(工学)(大阪大学)の学位取得
 平成11年4月 大阪大学大学院 工学研究科 マテリアル科学専攻 講師
 平成13年6月 大阪大学大学院 工学研究科 マテリアル科学専攻 助教授
 平成20年4月 大阪大学大学院 工学研究科 マテリアル生産科学専攻 教授
 平成26年12月 大阪大学工学研究科附属 異方性カスタム設計・AM(3Dプリンター)研究開発センター副センター長(兼任)

【活動(研究歴、所属学会、著書など)】
結晶学や結晶塑性学などの材料工学で培われた評価・解析・制御法を生体組織ならびにそれを代替もしくは誘導する生体材料の構造・機能特性の解明に適用し、生体物性の評価、生体組織再生技術の開発、生体材料の創製を目指すとともに、極限状態下(生体環境・超高温)における材料の開発に取り組んでいる。
とりわけ生体組織に特徴的な階層ごとの異方性配列・構造に注目し、生体を含む特殊環境下でさえも高機能発現を可能とする材料を創製するための“異方性の材料科学”ともいうべき新たなジャンルの学問体系を築くことを目的としている。
約10年前から、3Dプリンタによる高機能化特性の発現を目指して、金属材料を中心とした形状・組織の制御法の確立に取り組んでいる。
所属学会は日本金属学会、日本バイオマテリアル学会、骨形態計測学会など多数。
著書30冊以上、解説100編以上、論文約300編など多数。中野研HPを参照されたい。(リンク)。

5)セミナー対象者や特典について
★ アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、 地方公共団体、 および学校法人格を有する大学、 大学院の教員、 学生に限ります。
★ 2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合2人目は無料です。

●セミナーで得られる知識
 1) 金属3Dプリンタを中心としたAdditive Manufacturing技術の今後の動向や可能性
 2) 金属3Dプリンタによる最先端の形状・組織の制御法

 ☆詳細とお申込みはこちらから↓
  リンク

6)関連セミナーのご案内
1)2017年2月24日(金)開催
  食品3Dプリンタに求められる材料・技術と業界動向
   ↓詳細とお申し込みはこちらから
  リンク

2)2017年3月3日(金)開催
  自動車用金属材料の特性と最適な生産技術
   ↓詳細とお申し込みはこちらから
  リンク

3)2017年4月7日(金)開催
  3Dプリンターを利用した複合材料成形と応用展開
   ↓詳細とお申し込みはこちらから
  リンク

7)関連書籍のご案内
シーエムシー・リサーチでは3Dプリンター関連の書籍を発行しておりますので、 合わせてご紹介いたします。

1)バイオ・医療への3Dプリンティング技術の開発最前線
■ 発  刊:2016年12月16日
■ 定  価:書籍(白黒) 80,000円 + 消費税
       書籍 + CD(カラー)90,000円 + 消費税
■ 体  裁:B5判 上製 230頁
■ 発  行:(株)シーエムシー・リサーチ
  ISBN 978-4-904482-32-2

 ☆詳細とお申込みはこちらから↓
  リンク

2)3Dプリンター・造形材料の開発動向と市場 ~IoT時代に求められるモノづくり~
■ 発  刊:2016年4月4日
■ 定  価:70,000円+消費税
■ 体  裁:A4判 並製 182頁
■ 発  行:(株)シーエムシー・リサーチ
  ISBN 978-4-904482-27-8

 ☆詳細とお申込みはこちらから↓
  リンク

3)3Dプリンターの材料技術の開発動向と市場展開
■ 発  刊:2015年3月25日
■ 定  価:45,000円+消費税
■ 体  裁:A4判 並製 143頁
■ 発  行:(株)シーエムシー・リサーチ
  ISBN 978-4-904482-16-2

 ☆詳細とお申込みはこちらから↓
  リンク

                                     以上

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事