logo

世界で3割のビジネスマンが、「出張の機会が多い仕事なら、今より給与が低くても構わない」と回答

Booking.com(ブッキング・ドットコム) 2017年01月25日 18時10分
From 共同通信PRワイヤー

世界で3割のビジネスマンが、「出張の機会が多い仕事なら、今より給与が低くても構わない」と回答

AsiaNet 67222

世界で3割のビジネスマンが、「出張の機会が多い仕事なら、
今より給与が低くても構わない」と回答

日本では、わずか1割と他国との意識差が顕著に

[2017年1月25日:日本発表]  世界最大のオンライン宿泊予約サイト Booking.com (ブッキング・ドットコム)の日本法人 ブッキング・ドットコム・ジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表:アダム・ブラウンステイン以下:ブッキング・ドットコム)は、ビジネス旅行者の出張に関する調査を発表しました。

この調査によると、「出張の機会が多い仕事なら、今より給与が低くなっても構わない」という世界のビジネス旅行者が30%にも上ることが明らかになりました。これは、企業の上層部が社員の出張の価値を過小評価している可能性を示唆しています。社員との給与交渉の切り札やモチベーションや社員維持を高めるツールとして、出張はもっと評価されるべきものかもしれません。一方日本人は、「出張の機会が多い仕事なら、今より給与が低くなっても構わない」と答える人は世界でも最低の10%と、日本人にとっては、給与の方が出張の機会を得ることよりも重要であることがわかります。

リリースの詳細はブッキング・ドットコムのジャパンNewsroomページで日本語でご確認いただけます。(リンク )

###

【メディアお問い合わせ先】
Booking.com PR事務局(株式会社イニシャル内)
MAIL:booking.com@vectorinc.co.jp
ブッキング・ドットコム・ジャパン株式会社 広報担当:岩崎健
MAIL:JapanPR@booking.com

日本におけるブッキング・ドットコム
2009年に渋谷に最初のオフィスを開設。現在約330名の従業員が日本国内のオフィスで働いており、内190名がインハウスのカスタマーサービスのスタッフです。国内に、6つのオフィス(東京に2ヶ所、大阪、福岡、札幌、沖縄)があります。現在、国内では約1,000軒以上の宿泊施設の予約が可能(2016年12月時点)です。

Booking.com(ブッキング・ドットコム)について
ブッキング・ドットコムは、ホテルをはじめとする様々な宿泊施設のオンライン予約における世界的なリーダーです。独立系の小規模宿泊施設から5つ星の豪華ホテルまで、お客様の旅行スタイルやニーズに合った宿泊施設を、最安値保証かつ予約手数料無料でご提供しています。当社の予約サイトは、40以上の言語に対応しており、パソコン、スマートフォン、タブレットなど様々なデジタル機器からいつでもどこでもアクセス可能で、227の国と地域、9万6,000ヶ所以上の目的地、そして100万軒以上の宿泊施設(うち約52万軒は長期滞在型宿泊施設)の宿泊予約が可能です。また、実際に宿泊施設に泊まったユーザーだけが投稿できるクチコミを1億件以上掲載しており、観光・レジャー、ビジネスでのご利用と幅広いお客様のニーズに対応する宿泊予約サイトです。19年を超える経験をもとに、世界各国・184のオフィス、1万3,000名以上の社員、日本語を含む多言語で対応する24時間対応のカスタマーサービスが、お客様に最高の宿泊体験を提供するべく日々努力しています。

(日本語リリース:クライアント提供)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。