logo

アソビュー、台湾最大手の旅行会社と業務提携

アソビュー株式会社 2017年01月25日 10時30分
From PR TIMES

訪日外国人による体験予約が可能に

日本最大の遊びのマーケットプレイス「asoview!」(読み:アソビュー URL: リンク 以下「asoview!」)を運営するアソビュー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山野智久 以下「アソビュー」)は、訪日外国人観光客の体験ニーズの増加を受け、台湾最大手の旅行会社である雄獅旅遊(LION TRAVEL SERVICE CO., LTD. 以下「ライオントラベル」)と業務提携を締結し、台湾を含む中華圏の訪日観光客への体験プラン販売を2017年1月25日(水)より開始することをお知らせします。


背景


台湾を含む中華圏から日本に訪れる旅行者数は年々増加傾向にあり、2016年には約800万人が日本を訪れました。中でも台湾から日本を訪れる観光客数は世界で2番目に多く、そのうち約80%がリピーターであり、平均では約4.5回日本を訪れております。また2回目以降に日本を訪れる観光客の行き先はゴールデンルートから地方へ、訪日の目的も、買い物だけではなく現地での遊びへと変化しています。

このように早い速度でニーズが移行している一方で、情報発信は不足しており、日本ならではの体験・遊びを見つけづらい・予約手段がないといった受け入れ側の課題も残っております。


取り組み概要


台湾でも長期休暇となる春節(中国の旧正月)時期には特に人気が集中し、2016年には春節期間を含む1ヶ月間で約50万人の中華圏からの訪日客が日本に訪れ、訪日外国人観光客数全体の26%を占める結果となりました。1月28日(土)より始まる2017年の春節時期にも、訪日観光客数はますます増加することが予想されます。

こうしたタイミングを受け、台湾最大手の旅行会社であるライオントラベルとアソビューが連携し、春節に向け、体験プランの販売を開始することとなりました。

これにより、台湾を含む中華圏の訪日観光客は、ランオントラベルのサイトを通して、asoview!の提供する体験プランを検索・予約し、クレジットカードによる事前決済をすることが可能となります。

本取り組みは、アソビューにとって初となる海外旅行会社との業務提携となります。


今後の展望


まずは約40プランから販売をスタートし、将来的には中国語に対応できる全プランの予約を可能とすることを目指します。

今後もアソビューは、日本国内のゲストだけではなく、海外から日本を訪れるお客様に対しても日本中の魅力的な遊びを発信するとともに、受け入れ側の環境整備をサポートすることにより、とっておきのワクワクをより多くの人に届けられるサービスとなるよう取り組んでまいります。


◆asoview!について リンク

全国約4,400店舗の事業者と提携、国内の遊び・体験プログラムを約380ジャンル・約15,000プランご紹介している日本最大の遊びのマーケットプレイスです。「パラグライダー」や「ラフティング」など地の利を活かしたアウトドアレジャーのほか、「陶芸体験」や「そば打ち体験」など地域に根ざす文化を活かした魅力的な体験プログラムをご紹介するとともに予約できるサービスを提供しています。

■アソビュー株式会社について

「とっておきのワクワクを、もっと身近に、すべての人に」をミッションとし、日本最大の遊びのマーケットプレイス「asoview!(アソビュー)」を運営。2015年4月22日にはJTB、YJキャピタル、グロービス・キャピタル・パートナーズ、ジャフコを引受先とする総額約6億円の第三者割当増資の実施、及びJTBとの業務提携を発表しています。

参照URL:リンク

会社名: アソビュー株式会社

設立: 2011 年 3 月 14 日

所在地:東京都渋谷区神宮前2丁目7-7 JIKビル 3階

資本金: 409,053,000円 (資本準備金:399,053,000円)

代表取締役社長: 山野 智久

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。