logo

Nisshaグループの日本写真印刷コミュニケーションズ、パーソナライズド動画システムを「明治安田アセットマネジメント」へ提供

日本写真印刷コミュニケーションズ株式会社 2017年01月25日 10時00分
From PR TIMES

Nisshaグループの日本写真印刷コミュニケーションズ株式会社(本社:京都市中京区、代表取締役:村瀬 俊司、以下「日本写真印刷コミュニケーションズ」)は、投資信託等の運用を行う明治安田アセットマネジメント株式会社様(本社:東京都港区、代表取締役社長:石川 昌秀、以下「明治安田アセットマネジメント」)に対して、独自のパーソナライズド動画ソリューション「OneDouga」(ワンドウガ)を資産形成支援サイト「ロボアド&シミュレーション」に提供し、2016年12月より運用を開始しました。



「ロボアド」とは「ロボットアドバイザー」の略で、お客さまがインターネットを通じていくつかの質問に答えると、コンピューターが自動的に最適な資産配分などの投資プランを示すサービスです。成長が著しいフィンテック(IT技術を活用した新たな金融サービス)の注目分野の一つとなっています。

「ロボアド&シミュレーション」には、上記のロボアド機能のほかに、投資収益率などの市場環境の前提や投資金額をお客さま自身が設定し、将来の見通しを計算するシミュレーション機能などがあります。OneDougaはロボアド機能の最適な資産配分をお客さまに示す部分に使われています。お客さまはOneDougaによって、ご自身の回答に基づいた資産配分に関する解説動画をすぐに見ることができるため、投資プランについての直観的な理解が容易になりました。

<「ロボアド&シミュレーション」で採用されたセグメント動画のイメージ>
お客さまが選択した回答をもとに、図表円グラフを出し分けて、WEBサイト内の再生プレイヤーにて瞬時に配信します。
[画像1: リンク ]


「ロボアド&シミュレーション」ウェブサイト
リンク

■パーソナライズド(セグメント)動画について
「パーソナライズド動画」は、お客さまの姓名や顧客情報を用いて、一人ひとりに最適な動画を自動で生成・配信するソリューションです。日本写真印刷コミュニケーションズのパーソナライズド動画は、金融業界、住宅業界、美容業界、メーカーなど数多くの導入実績があり、商品・サービス内容のご説明やご提案に活用されています。明治安田アセットマネジメント様でご導入いただいた「セグメント動画」は、パーソナライズド動画の活用方法の一つであり、異なった情報のアウトプットで多くのバリエーションが必要な際に用いる活用法です。特長は以下の通りです。

<パーソナライズド(セグメント)動画の特長>
1.お客さま一人ひとりに最適な動画を自動生成することが可能(パーソナライズド動画)
2.趣味嗜好が合うユーザーをセグメントし、複数の属性に対して、サービスや商品紹介などをより分かりやすく訴求する動画を自動生成することが可能(セグメント動画)
3.多商品や説明が困難な商品及びサービスの説明動画を複数生成することが可能
4.動画視聴データを用いて、エンゲージメントの可視化及びPDCAに活用することが可能
5.特定デバイス問わず、スマートフォン、タブレット、PCなどマルチデバイスに対応
6.Eメール、SMS(ショートメッセージサービス)、HP内マイページ視聴などさまざまなソリューションと連携が可能

■OneDouga概要
OneDougaは、日本写真印刷コミュニケーションズが提供する、バリアブル動画生成技術を活用した「企業と顧客のエンゲージメント強化を推進するOne to One 動画ソリューション」です。
「全てのOne to Oneコミュニケーションに動画を。簡単に、そして自由に。」
2015年10月より、このスローガンの下、多くの企業へ「パーソナライズド動画」やその活用方法の一つである「セグメント動画」を提供してきました。OneDougaの特長は、オープンイノベーションを活用した動画ソリューションであり、また国内でも珍しいバリアブル動画生成技術を熟知したチーム&ナレッジにあります。
リンク

明治安田アセットマネジメント株式会社概要

[表1: リンク ]



日本写真印刷コミュニケーションズ株式会社概要

[表2: リンク ]



■ロゴ
[画像2: リンク ]


[画像3: リンク ]


[画像4: リンク ]

※OneDougaロゴは日本写真印刷株式会社の登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事