logo

設定は最初の一回だけ!定期的な自動訓練でセキュリティ意識向上!  ~無料からの標的型攻撃メール訓練クラウドサービスに自動訓練機能が新プランとしてリリース~

株式会社プロット 2017年01月25日 10時00分
From DreamNews

株式会社プロット(本社:大阪市北区、代表取締役社長:津島 裕)は、無料から始められる法人向け標的型攻撃メール訓練クラウドサービス「CYAS(サイアス)」において、「自動訓練機能」が利用可能な「プレミアムプラン」を2017年2月1日より提供する事をリリース致します。

<本リリースにおけるポイント>
 CYASの新機能「自動訓練機能」は、従来の標的型攻撃メール訓練で抱えていた「高い精度の訓練実施」と「管理者の設定の負荷軽減」の2つの課題を同時に解決し、簡単に高精度な訓練実施を実現するものです。

 自動訓練機能を利用すれば、「訓練対象者アドレスの登録」を行い「対象者1人当たりが、何か月に1回訓練メールを受信するか」という期間を設定するだけで、自動的に異なる文面を異なる時間帯に分散しながら訓練を行えるようになります。これにより、管理者は1度の訓練設定だけで細かく分割された高精度な訓練を、中長期にわたって自動実施する事ができるようになり大幅な手間の削減を実現しました。

<プラン体系/料金> プレミアムプラン
月20通配信プラン    3,240円/月  (1通当たり単価 150円)
月50通配信プラン    8,100円/月  (1通当たり単価 150円)
月100通配信プラン   12,960円/月  (1通当たり単価 120円)
月300通配信プラン   29,160円/月  (1通当たり単価 90円)
月500通配信プラン   45,360円/月  (1通当たり単価 84円)
月1,000通配信プラン  84,240円/月  (1通当たり単価 78円)
月2,000通配信プラン  155,520円/月 (1通当たり単価 72円)
月3,000通配信プラン  213,840円/月 (1通当たり単価 66円)
月5,000通配信プラン  324,000円/月 (1通当たり単価 60円)

<サービス詳細URL>
リンク

<サービス概要>
 「CYAS(サイアス)」は、訓練対象者に対して疑似的な標的型攻撃メールを配信し、添付ファイルの実行や、本文内のURLへのアクセスというような被害に繋がる行動を行うかどうかをチェックし、同時に教育を行うサービスです。CYASは、複数の異なる訓練メールの文面を、別々の日時に分散して自動配信する事ができる為、高い訓練精度を保つことができます。
 また、セキュリティ訓練を組織規模に関わらず実施できるよう、無料で利用できるプランを用意した新しいタイプの標的型攻撃メール訓練クラウドサービスです。

<新機能開発の背景>
 昨今、公共団体や民間企業を狙う標的型攻撃メールの手口は年々高度化しており、これら脅威への対策は組織規模に関わらず大きな課題となっております。それに伴い、数多くの標的型攻撃メール訓練サービスが提供されていますが、一般的な標的型攻撃メール訓練は訓練対象者全員に対して同じ訓練メール文面を同じ時間に一斉に配信してしまうため、訓練精度が下がってしまうという課題がありました。訓練対象者が訓練メールの添付ファイルや、本文中のURLへのアクセス時に表示される教育用コンテンツを閲覧する事でそれが訓練である事を知り、訓練が実施されている事実を周囲に伝播してしまう事が主な原因です。

 CYASは、訓練状況の伝播を最小限に抑え、訓練精度を高めるために「訓練対象者の分割」を行う事が可能です。訓練対象者をいくつかのブロックに分割し、それぞれ“異なる訓練メール文面”で“異なる時間”に配信する事で、訓練の事実が周囲に伝播する事を最小限に抑えます。

 しかし、高い精度の訓練を実現するための「訓練対象者の分割」の為には、「宛先」「文面」「配信時間」をそれぞれ分割したブロックの数だけ用意し設定する必要があり、管理者は訓練精度の向上の為に大きな労力を強いられる課題がありました。
 今回の「自動訓練機能」は、1度の設定で高精度な分割された訓練を自動的に行うために開発された画期的な機能です。

<今後の展開>
当社が開発・提供する、標的型攻撃メールへの対策ソリューションとして、メール差出人の「なりすましを検知」する機能を提供する「Temp Box」とCYASを連動させ、標的型攻撃メールから組織を守る様々な機能を提供していく予定です。

<リリース詳細>
リリース詳細はこちらをご覧ください(PDF)
リンク
※PDFファイルをご覧になる時は「アドビシステムズ社」のAdobe Readerが必要です。

<商標について>
Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。
Temp Boxはプロット社の登録商標です。

<株式会社プロットについて>
1968年創業の開発会社。主な事業として、セキュリティシステムの開発、クラウドサービスの運営を行っています。パッケージ製品・サービスとして、ファイル送受信の効率化、ファイル・メールの無害化対策、メールの誤送信対策、メールのアーカイブなどITを利用した企業間コミュニケーションの利便性や安全性を高めるソリューションを提供しています。
リンク
プレスリリースに記載されたサービスの価格、仕様、内容などは発表日現在のものです。
その後予告なしに変更されることがあります。予めご了承ください。

===本件に関するお問い合わせ================================================
株式会社プロット
大阪本社 担当:竹中
大阪市大阪府北区梅田3-3-20明治安田生命大阪梅田ビル23F
TEL 06-6341-8360 / FAX 06-6341-8366

東京本社 担当:坂田
東京都港区三田3-11-36 三田日東ダイビル2F
TEL 03-5730-1400 / FAX 03-5730-1401


E-MAIL: sales@plott.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。