logo

「キリンチューハイ ビターズ」をリニューアル発売

キリンビール株式会社 2017年01月24日 21時00分
From Digital PR Platform


キリンビール株式会社(社長 布施孝之)は、“大人のビターチューハイ”として好評いただいている「キリンチューハイ ビターズ」シリーズの「レモンライム」「グレープフルーツ」「レモン」(350ml缶、500ml缶)をリニューアル(※1)し、2月21日(火)より全国で発売します。

当社は、“果皮の奥深い味わいと心地よい余韻が、時間の流れをゆっくりにしてくれる、大人のビターチューハイ”をコンセプトに、同商品を提案することで、ビターチューハイカテゴリーの拡大を目指すとともに、RTD(※2)市場のさらなる活性化を図っていきます。

キリングループは、あたらしい飲料文化をお客様と共に創り、人と社会に、もっと元気と潤いをひろげていきます。

※1 「レモンライム」「グレープフルーツ」は中味に加えそれぞれ“ほろにが”から“皮ごと搾り”へフレーバーネーミングを変更し、「レモン」は ネーミングはそのまま中味のみ変更して今回新発売します。

※2 Ready to Drinkの略。栓を開けてそのまま飲める低アルコール飲料。


■商品概要

1.商品名
「キリンチューハイ ビターズ 皮ごと搾りレモンライム」
「キリンチューハイ ビターズ 皮ごと搾りグレープフルーツ」
「キリンチューハイ ビターズ 皮ごと搾りレモン」

2.発売地域
全国 

3.発売日
2017年2月21日(火) 

4.容量/容器
350ml缶、500ml缶

5.価格
オープン価格

6.アルコール分
9%

7.販売予定数
約260万ケース(15,400KL)
※250ml×24本換算、3フレーバー合計

8.製造工場(予定)
キリンビール取手工場、横浜工場(※レモンライムのみ)、岡山工場、キリンディスティラリー富士御殿場蒸溜所

9.中味について
果実を皮ごと搾ることで、果実本来の心地よい香りや味わいを実現しました。また低温で72時間以上かけてじっくり抽出したこだわりのビターリキュールを使用することで、奥深さのある味わいに仕上げました。さらに、アルコール度数も8%から9%に高めることで、飲みごたえをアップしています。
「レモンライム」・・・皮ごと搾ったレモンライムの爽やかさと、ほのかな苦味でキレる後味。
「グレープフルーツ」・・・皮ごと搾ったグレープフルーツの豊かな香りと、果皮が広がる味わい。
「レモン」・・・皮ごと搾ったレモンのしっかりした飲みごたえと、穏やかな酸味。

10.パッケージについて
皮ごと搾ったおいしさを表現した、時間の流れがゆっくりと感じられる大人のデザインです。

11.ターゲットについて
30代後半~40代前半の男女RTDユーザーをメインターゲットに訴求していきます。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事