logo

すき間時間にスマホで読む無料4輪情報サイト。 「Webモーターマガジン」、1月24日オープン。

株式会社モーターマガジン社 2017年01月24日 15時30分
From DreamNews

Webモーターマガジン
リンク

自動車ユーザーのニーズが多様化する中、ユーザーとのタッチポイントも多様化しています。自動車社会の成熟、IT社会の進展によって、雑誌だけではクルマの楽しさを伝えきれない時代です。
スマートフォンの画面を通じて、ユーザーは場所や時間の制約を受けることなく、いつも使っている好きなプラットフォームで情報を受け取っています。
そこで、モーターマガジン社では、専門誌で培ってきた取材力をデジタルメディアへ、さらにはFacebookやTwitterなどのソーシャルメディアへと配信していくクロスプラットフォームメディア事業を展開しております。

本日公開した「Webモーターマガジン」は、株式会社リボルバーのメディアパブリッシングプラットフォーム「dino」で構築されています。
「dino」は、PC、タブレット、スマートフォンなど、異なる画面サイズに対応するレスポンシブWebデザイン、フリック操作で次の記事に遷移する無限スクロール、スマートフォンで読みやすい記事フォーマットを採用しています。
スマートフォンをメインデバイスとし、ソーシャルメディアでのシェアも容易に、ソーシャルメディア上で検索されやすい構造となっています。

サイトオープンと同時に、Facebook、Twitter、Instagram、YouTubeの公式アカウントを開設。各プラットフォームに最適化したコンテンツを配信することで、より広範なユザーとつながる分散型メディアでもあります。

老舗雑誌のコンテンツ力を、最新のデジタルメディアの載せてお届けします。
明日の自動車ユーザーを育む「Webモーターマガジン」に、ご期待下さい。





主なコンテンツ
新車情報、新車試乗記、業界ニュース、カー用品・タイヤの新製品情報
写真館(公式Instagramと連動) 動画(YouTubeチャンネルと連動)


Webモーターマガジンの公式SNS
Facebookページ
@webmotormagazine
リンク

Instagram 
@webmotormagazine
リンク

Twitter
@webmotormagazin
リンク

YouTube 
Webモーターマガジン
リンク
※後日カスタムURLに変更



【モーターマガジン社について】
モーターマガジン社( リンク )は、自動車雑誌 「Motor Magazine」 「ホリデーオート」やバイク雑誌 「オートバイ」、写真雑誌 「カメラマン」 などを発行する1923(大正12)年創業の出版社です。電子出版をはじめとするマルチメディアにもいち早く取り組み、電子書店アプリや写真集、カーナビ ガイドブックも提供してまいりました。
「Webモーターマガジン」は、2輪情報サイト「WEBオートバイRIDE」(リンク)に続き、「dino」プラットフォームを採用した弊社としては2つ目のメディアとなります。
モーターマガジン社は今後も、読者の利便性向上のため、さまざまな取り組みを実施してまいります。

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社モーターマガジン社 「Webモーターマガジン」編集部
e-mail:support_web@motormagazine.co.jp


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。