logo

マドリードで「成都ウイーク」、世界に広がる春節

Gochengdu 2017年01月24日 15時35分
From 共同通信PRワイヤー

マドリードで「成都ウイーク」、世界に広がる春節

AsiaNet 67192(0103)

【成都(中国)2017年1月23日新華社=共同通信JBN】西洋のクリスマスのように、春節は中国人にとってきわめて重要で壮観な伝統祭礼である。人々のホームシックと家族再会の願いは世界のどこでも同じだ。中国人は春節が世界に広がるのを目の当たりにしている。

中国文化省が主催する各種イベントの華やかな祭典「Joyous Spring Festival(歓喜の春節)」は2010年から毎年、この時期に国際都市で実施されている。中国の新年を祝って中国文化を世界と分かち合い、地球規模の調和コンセプトを植え付けることを目的とする中国政府主催の文化交流イニシアチブは、140超の国・地域、400余りの都市で2100のアクティビティーを展開してきた。

Joyous Spring Festivalが今月、スペインで祝賀される7回目のイベントとして再びマドリードにやって来た。とはいえ、今回は違いがある。フェスティバルは新たな要素として「GOH(主賓)都市ウイーク」を導入し、中国西部の大都市、成都が第1回GOH都市になった。

1月13日、マドリード中国文化センターで「2017年スペイン成都ウイーク」が始まった。開幕式では、四川料理、仮面が替わる川劇、茶道、影絵芝居、切り絵など成都特有の各種文化遺産が披露された。マドリード市長のカルメナ夫人は式の後、成都訪問の希望を表明「催しはとても印象的だった。今すぐ成都行きの航空便を予約したい」と話した。

期間中、有名な成都のシェフが「本物」の大みそかディナーをマドリード市民に振る舞った。四川料理の料理長は地元料理学校で講義も行い、その場で四川料理の作り方を実演した。マドリード動物園で1月12日から19日まで続いたイベントでは、彩色したパンダ彫刻、パンダ物語の壁画、パンダをテーマとする講義が呼び物になり、中国原産動物にちなんだ芸術が大きな成功を収めた。1月13日から19日までマヨール広場の成都観光文化センターは、中国最高の観光地とその観光商品・ルートについて詳しく知るため、四川茶、四川酒、四川料理、川劇、茶道、影絵芝居を楽しみにしていたビジターに開放された。

ここ数年、成都とスペインは関係を緊密化させている。当局の統計によると、成都とスペインの貿易は2016年前半だけで5313万ドルに達した。内訳は輸出が3787万ドル、輸入が1526万ドルである。

2、3カ月前、マニュエル・バレンシア駐中国スペイン大使率いる代表団が成都を訪問した。大使は成都の将来について楽観的な見方を表明し、通商貿易、民間航空、姉妹都市関係の協力推進を約束した。

成都は2016年12月16日、マドリードへの直行便を就航させた。成都と南欧を初めて結ぶ路線で、昨年9月の成都「World Routes 2016」で開設された9国際路線の1つである。成都は現在、ロサンゼルス、パリ、フランクフルト、メルボルン、ドーハなど70の国際都市を結ぶ100近い国際路線を運航し、毎年4200万人の乗客が利用している。2番目の国際空港をすでに着工しており、それが完成すれば、それぞれ2空港を保有する2都市、北京、上海とともに、中国の「航空トライアングル」を形成する見込みであり、中国の開放政策をさらに広げて、中国西部を世界に大きく近づける。

中国西部の巨大都市は現在、急速な近年の経済成長によって、数少ない全国ハブの1つにランクされている。政府は成都を経済、技術、文化と創造性、外国貿易、交通の戦略センターにする努力を強化しており、かつてパンダ、美食、歴史・文化遺跡で知られた都市の日々進歩する投資環境は、絶え間なく世界の注目を浴びている。

最新統計によると、成都は、世界のiPadの半分、PCの5分の1、ノートブックCPUの半分を生産している。フォーチュン500企業のうち278社が市内にオフィスか工場を配置しており、毎年ほぼ100万台のフォルクスワーゲン、ボルボ、トヨタ車が生み出され、FAW(第一汽車)-フォルクスワーゲン成都工場はグループが生産する自動車の3分の1を占めている。

スペインのことわざに「Count your friends and you'll know about your wealth(友人を大事にすれば、自分の豊かさが分かる)」というものがある。緊密なパートナーシップの増進に腐心する成都とスペインは今後1年、関係強化と富の増産に取り組む。

ソース:Gochengdu

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。