logo

さりげなく口臭をチェックできるブレスチェッカー「EB-100」を2月1日に発売

株式会社タニタ 2017年01月24日 14時30分
From 共同通信PRワイヤー

2017年1月24日

株式会社タニタ

サイレント設計でさりげなく口臭をチェックできるエチケットアイテム
ブレスチェッカー「EB-100」を2月1日に発売

健康総合企業の株式会社タニタ(東京都板橋区前野町1-14-2、社長・谷田千里)は、周囲を気にせずさりげなく口臭をチェックしたいという生活者のニーズに応え、計測時の通知音が出ないサイレント設計のブレスチェッカー「EB-100」を2月1日に発売します。手のひらサイズの小型モデルで、機器の起動や計測完了を振動で知らせるため、周囲の目を気にせず口臭をチェックできるのが特徴。息を吹きかけるだけで、臭いの強さを0-5レベル(0=においを感じない、1=弱いにおいを感じる、2=においを感じる、3=強いにおいを感じるときがある、4=強いにおいを感じる、5=非常に強いにおいを感じる)の6段階で評価します。カラーは「アイボリー」と「グレー」の2色で、価格はオープン。口臭エチケットへの意識が高い20代から30代の女性をメーンターゲットに、2色合計で年間5万台の販売を計画しています。

日本人の4人に一人が自身に「口臭がある」と感じていると言われています。現代人の大きな悩みとなっている口臭は、その80%以上が口腔内に由来し、硫化水素やメチルメルカプタンといった揮発性硫黄化合物が原因とされています。これは生理的口臭と呼ばれ、口腔内で細菌が繁殖することで発生します。口臭の状態を把握し、自身の「セルフケア」と歯科等で定期的に行う「プロケア」による適切な「口腔メンテナンス」を施せば、その多くは改善することができます。しかし、自身の口臭にはなかなか気が付くことができません。口臭を客観的に評価するためには、口臭の計測が不可欠となります。また、「口腔メンテナンス」の効果をはかる上でも、日々の口臭チェックは重要です。

タニタが行ったアンケート調査では、商談やデートなど、「人と会う前に口臭をチェックしたい」というニーズは高いものの、一方で「口臭をチェックしているところを人に気づかれたくない」という要望も強くありました。これに応え、今回発売する本商品は、機器の起動や計測完了を通知音ではなく振動で知らせるサイレント設計を採用。外出先など場所を気にせず口臭をチェックできるようにしました。キャップを引き上げ、息を吹きかけるだけで簡単に計測でき、計測結果は三つのLEDランプが3色に点灯・点滅(0=緑が一つ点灯、1=緑が一つ点灯+緑が一つ点滅、2=黄が二つ点灯、3=黄が二つ点灯+黄が一つ点滅、4=赤が三つ点灯、5=赤が三つ点滅)してさりげなく知らせます。大きさは幅30mm、高さ120mm、奥行19mmで、重量は約37g(本体のみ)。かばんやポーチなどに入れて携帯しやすい縦長のフォルムで、計測機器であることを感じさせない丸みを帯びた優しいデザインに仕上げました。

本商品は新しいエチケット習慣を提案するタニタの新ブランド「エチケットチェッカー」シリーズの第一弾商品となります。タニタでは、今後も同シリーズのラインアップを拡充し、市場の深耕を図っていく方針です。また、生理的口臭は起床時と空腹時に発生しやすくなるほか、健康状態やストレスにも影響されます。タニタでは口臭をエチケット習慣としてだけでなく、健康指標の一つ捉え、本商品を起点とした口腔ケアの啓発に取り組んでいきたいと考えています。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。