logo

KudanとFCS、AR/CV技術の応用のため業務提携契約を締結

Kudan株式会社 2017年01月24日 11時00分
From PR TIMES

基幹業務システム分野でAR/CV技術の活用を計画

拡張現実(AR)技術およびそのコア技術であるコンピュータビジョン(CV)技術※を提供するKudan株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:大野 智弘、以下Kudan)は24日、業務コンサルティングとシステム導入を手掛ける株式会社FCS(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:藤本 繁夫,以下FCS)と業務提携契約を締結しましたことをお知らせします。今後両社は、企業が利用する基幹業務システム(製造業の生産管理システム等)において、ARおよびCV技術の活用について協議検討を行います。

※CV(Computer Vision)技術: コンピュータがカメラなどを通じて取得した画像/映像を解析し視覚処理する技術



■ 業務提携における技術活用の一例
[画像1: リンク ]


■協業の背景と目的
FCSは、創業30年を超える基幹業務システムベンダーです。お客様の業務、課題要望を細かにヒアリングし、基幹業務パッケージとオーダーメイドシステムを自在に組合せることで、お客様のニーズに対し強力なサポートを行ってまいりました。近年は、海外企業との提携、自社開発のパッケージ製品や独自のシステム開発効率化ツール等、新たな取り組みに注力し、事業の範囲を広げています。

Kudanは、英国Bristolで創業した、最先端のCV技術を持つ会社です。自社開発したKudan Engineは、二次元画像認識及びSLAM※を用いた三次元空間認識を、一般に普及しているスマートフォンなどのローエンドなデバイスでも動作可能としました。Kudan EngineのCV技術は、先進的なARを実現しただけではなく、ロボティクスやIoT、AI等の技術と結びついた新たな分野へと活用の幅を広げています。

※ SLAM(Simultaneous Localization and Mapping): 画像やセンサ情報等から自己位置の推定と環境地図の作成を同時に行い三次元の空間認識を行う技術。

このたびの業務提携契約により、KudanとFCSは、AR/CV技術を基幹業務システム分野に応用することで、作業効率性と革新性を兼ね備えたサービスを企画・開発し、新たなマーケットの発掘を目指してまいります。

【Kudan技術詳細について】
[画像2: リンク ]

カメラでとらえた映像から物体の特徴点を認識し、リアルタイムでマッピングすることが可能です。

技術詳細に関する動画:リンク

[動画: リンク ]




■株式会社FCSについて
・代表取締役社長:藤本 繁夫
・住所:東京オフィス…東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル東館19F
    大阪オフィス…大阪府大阪市北区堂島2-2-2 近鉄堂島ビル20F
・URL:リンク

[画像3: リンク ]

■Kudan株式会社について
・代表取締役:大野 智弘
・住所:東京都新宿区新宿6-27-45 近代グループBLD.20 9階
・URL:リンク
[画像4: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。