logo

~働く男女1,000人に聞く~ バレンタイン実態調査2017(マクロミル調べ)

バレンタインを控え、今年は誰にどんなチョコを贈ろうかな~と考えている女性も多いのではないでしょうか。また最近では、女性だけではなく、男性もチョコの購入を検討しているようです。今回のアンケートでは、男性のチョコ購入実態も明らかにしました!
調査は、全国20~49歳の働く男女を対象に実施。調査期間は2017年1月13日(金)~2017年1月15日(日)。有効回答数は1,000人。



<Trend Eyes vol.49>
[画像1: リンク ]

■Topics


働く男女のバレンタインチョコ購入実態、女性は80%、男性も4人に1人にあたる25%が購入!
平均予算は 「4,347円」、2年で639円ダウン
バレンタインチョコは誰に贈る?1位「本命チョコ」、2位「自分へのご褒美チョコ」、3位「家族へのファミチョコ」 手作り派は25%、買う派は75%
ライバルに差を付けろ!バレンタインに真似したい最新アイデア、ご紹介!



■調査結果

【1】 働く男女のバレンタインチョコ購入実態、女性は80%、男性も4人に1人にあたる25%が購入!

今年、バレンタインチョコ(手作り用の材料含む)を購⼊するかうかがったところ、働く女性の80%が購入予定で、また男性も25%、つまり4人に1人がバレンタインチョコを購入することがわかりました。

【図】 バレンタインチョコの購入率(男女別)
[画像2: リンク ]



【2】 バレンタインチョコの平均予算 「4,347円」、2年前で639円ダウン

バレンタインチョコを購入する人に、その予算をたずねると、平均「4,347円」で、2年前よりも639円ダウンしました。

【図】 バレンタインチョコの平均予算
<ベース:バレンタインチョコを購入する人 / n=524>
[画像3: リンク ]



【3】 バレンタインチョコは誰に贈る?1位「本命チョコ」、2位「自分へのご褒美チョコ」、3位「家族へのファミチョコ」

女性が男性に親愛の情を込めてチョコレートを贈る日として定着してきた日本のバレンタイン。”バレンタインチョコを贈る相手は誰か”の質問では、やはり「本命チョコ」が1位(59%)でした! 2番目に多かったものは「ご褒美チョコ」。バレンタインチョコを購入する人の実に半数が、自分のためにご褒美チョコを買うことがわかりました。また、贈る相手の傾向は、男女に差はありませんでした。

【図】 バレンタインチョコを贈る相手
<ベース:バレンタインチョコを購入する人 / n=524(複数回答)>


[画像4: リンク ]



※以下の選択肢をそれぞれまとめあげて集計 :Q.バレンタインチョコを誰にあげますか?(ご褒美チョコ)自分自身、(本命チョコ)恋人・配偶者、気に入っている人、(ファミチョコ)子供、親、祖父母、その他親族などの家族(ファミリー)、(友チョコ)異性の友達、同性の友達、(義理チョコ)異性の友達、同性の友達、会社の上司、会社の同僚・部下、取引先、お客様など、の選択肢をそれぞれまとめ上げて集計。


【4】 チョコは手作りする? 手作り派は25%、買う派は75%

バレンタインチョコ(手作り用の材料含む)を購入する人に、チョコは手作りするかをたずねると、「手作りする」25%、「手作りしない」は75%でした。手作りをする人は、2年前の同調査と比べると14%減少しています。

【図】 バレンタインチョコを手作りする割合
<ベース:バレンタインチョコを購入する人 / n=524>
[画像5: リンク ]



【5】 チョコレシピは、スマホや携帯電話からチェックできる「レシピサイト」が主流

チョコを手作りする人に、どのレシピを参考にするかたずねると、「レシピサイト(スマホ・携帯電話から)」が65%でもっとも多く、2年前の同調査と比べると大きな変化は見られませんでした。料理をしながらでも、気軽にスマホや携帯電話からチェックできるレシピサイトが主流になっているようです。

【図】 参考にする手作りチョコレシピ
<ベース:バレンタインチョコを手作りする人 / n=133(複数回答)>
[画像6: リンク ]



【6】 ライバルに差を付けろ!バレンタインに真似したい最新アイデア、ご紹介!

バレンタインチョコを渡す際に、ライバルや会社の同僚、友人等と差を付けたいと思う人も多いのではないでしょうか。そこで、チョコの渡し方や、チョコの選び方、手作りレシピ等の工夫をうかがいましたので、一部抜粋してご紹介します。

【図】 ライバルに差を付けろ!バレンタインに真似したい最新アイデア
<ベース:バレンタインチョコを購入する人 / n=524(自由回答)>

ハートの形にする。 /男性20代(神奈川県)
手作りならではの、その人に向けた味や見た目にする。渡し方に関してもムードを大切にする。出勤時に待ち伏せたり、サプライズで渡したり、工夫をする。 /男性20代(埼玉県)
サンタのプレゼントの様に枕元に置く。 /男性40代(大阪府)
チョコは無難なものにして、ラッピングで特別感を出す。凝ったものつくると逆にひかれそうだから。 /女性20代(石川県)
会社の上司や親世代はビターを好む人が周りに多いので、ミルクを使わずビターでチョコを作ったり甘さを控えめにしたりしている。 /女性20代(大阪府)
簡単に作れるけど凝ったように見えるレシピを選ぶ。 /女性20代(兵庫県)
トリュフのような一般的でオシャレなものではなく、あえて着飾らないチョコクッキーなど、シンプルなものを作ってあげる。ラッピングはカバンに入る、邪魔にならないサイズのもので、あまり立体的にならないラッピングにする。/女性20代(新潟県)
本命に『今年はチョコなしね』と伝え、チョコとビールを用意しておいて夕食後にサプライズでプレゼントする。 /女性20代(沖縄県)
彼はお酒を好むので、ビターなものを選びます。また、好きなウイスキーを一緒に渡す。 /女性20代(岡山県)
イラストレーターで宛名をデザインする。 /女性30代(栃木県)
会社では日頃の感謝の気持ちを表して差し上げることが多いので、もらった相手の負担にならないよう、あえて市販のチョコレートの詰め合わせや、小袋にする。 /女性30代(東京都)
見せびらかさず、さりげなく渡すか椅子の上など目につかないところに置く。 /女性30代(東京都)
デスクにこっそり置く。 /女性40代(山口県)
抹茶味、血糖値があまりあがらないチョコなど、あまり売られていないチョコを選ぶ。 /女性40代(兵庫県)
自宅でのディナーに誘い、その時に渡す。あまり会えない気になる人には送る。 /女性40代(長崎県)
チョコは同僚と差はないが、お世話になっていますと言うメモを挟んで渡している。 /女性40代(和歌山県)



>>調査結果の詳細、その他の調査結果は以下にも掲載しています。
調査レポートまとめサイト/HoNote(ホノテ) リンク

[画像7: リンク ]


▼調査概要
調査主体 マクロミル
調査方法 インターネットリサーチ
調査対象 全国20~49歳の働く男女(マクロミルモニタ会員)
割付方法 性別×年代を均等に回収/合計1,000サンプル
調査期間 2017年1月13日(金)~2017年1月15日(日)

[画像8: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。