logo

2017年、成城石井は創業90周年を迎えます~お客様への感謝の想いを込めて、1月27日より90周年記念事業を推進~

株式会社成城石井 2017年01月24日 10時00分
From PR TIMES

成城石井は、2017年2月に創業90周年を迎えます。90年の長きに亘り成長を続けられてこられたのは、お客様に育てていただいたからこそ。そこで全てのお客様への感謝の気持ちを込めて、1月27日~12月31日までの間、「感謝」「原点回帰」「未来」をキーワードとした90周年記念事業を推進してまいります。
記念事業では、水引クリエイターのデザインによる周年ロゴの制定に始まり、とびきりの素材・食材で作った特別な受注限定商品の発売、店舗展開の新たなチャレンジなど、さまざまな施策を実施します。
成城石井はこれからも、歩みを止めることなく進化を続け、お客様に食べる喜び、こだわる喜びをお届けしてまいります。これからの成城石井により一層ご期待ください。



株式会社成城石井(本社事務所:神奈川県横浜市西区北幸、代表取締役社長:原昭彦)は2017年2月に、創業90周年を迎えます。この2017年度を「90周年記念事業推進Year」と位置づけ、1月27日(金)から12月31日(日)までの期間、「感謝」「原点回帰」「未来」の3つをキーワードとした記念事業を展開します。

■成城石井90年の歴史は、お客様とともに


成城石井は1927年、文化の薫る街・東京は世田谷の成城で果物や缶詰、菓子などを扱う小さな食料品店として生まれました。味と品質に厳しい成城のお客様のお声一つひとつに耳を傾けるうち、小売業の枠にとらわれない発想で、貿易、製造、卸売といった独自の仕組みを持つスーパーマーケットへと進化、成城石井ならではの特長ある品揃えを充実させてきました。
例えば自社輸入ワインは温度管理のできるリーファーコンテナで輸送し、現地のワイナリーの味わいをそのままにお届け。惣菜やソーセージ、パンなどは自社の「セントラルキッチン」(東京・南町田)で添加物を極力加えず、ほぼ手作りで製造。「良いものをお求めやすい価格でお届けする」という想いを曲げることなく歩みを続け、現在では関東・東海・関西エリアに140を超える店舗網を持つ高品質スーパーマーケットとして成長することができました。
成城石井が創業90周年という節目を迎えることができたのは「お客様に育てていただいたからこそ」という感謝の気持ちを胸に、より一層お客様から愛される店をつくってまいります。


[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]



■90周年記念ロゴを制定

[画像3: リンク ]

90周年を盛り上げるためのシンボルとして、記念ロゴを制定。デザインは水引デザイナー長浦ちえ氏(TIER<タイヤー>)によるもので、お客様へのこれまでの感謝とこれからの更なる繋がりを、日本伝統の“結び”で表現しています。90の数字のうち「9」は、左右の輪が互いに結び合い、両端を持って引っ張るとさらに強く結ばれることから末永くお付き合いしたいという意味をもつ「あわじ結び」をモチーフとし、お客様と成城石井の輪がより強く結ばれることをなぞらえています。「0」は、出産・成人など何度繰り返しても良いお祝いのシーンで使われる「蝶結び」をモチーフとし、この先何度も周年を迎えたいという思いと、お客様の幸せを祝い続けたいという願いを込めました。
このロゴは、90周年記念商品(後述)のカタログやポスター、紙袋、名刺等での展開を予定しています。期間中はこのロゴを掲げ、お客様への感謝の気持ちをお届けします。


■「感謝」「原点回帰」「未来」をキーワードに、さまざまな記念事業を展開
創業90周年となる2017年を年間4つの期(第1期1月27日~3月、第2期 4月~5月、第3期 6月~8月、第4期 9月~12月)に分け、「感謝」「原点回帰」「未来」という3つのキーワードに基づいたさまざまな事業を展開いたします。

1. 全てのお客様への「感謝」を具体化
●90周年記念商品「SEIJOISHII 90th Anniversary 90 Selections 」
“90周年”にちなんで、全90種類に及ぶ特別な商品を4期に分けて発売。店頭販売商品だけでなく、90年の集大成ともいえるとびきりのこだわり商品を受注限定でお届けいたします。受注限定商品は特別なカタログを仕立て、AOP発酵バターを使ったプレミアムチーズケーキやこだわり抜いた点心セットなど、この記念すべき1年でしかお目にかかれない商品が続々と登場します。受付は成城石井各店、またはネットショップ(リンク)にて承ります。
【第1期特別限定受注商品の一例】

[画像4: リンク ]

・「フランス産AOP発酵バターの2種プレミアムチーズケーキセット」 (各1本ずつ2本セット/ 税抜6,000円 限定250セット)
プレミアムチーズケーキ・・・
一番下はメープルシロップの風味豊かでサクサクとした食感のクッキー生地。その上には、滑らかなクリームチーズと甘味とコクが特長の地養卵で練り上げたクリームチーズケーキ生地。そしてトップにはホロホロとした食感のシュトロイゼル。これら全ての層にフランス産AOP発酵バターをふんだんに使うことで、芳醇な香りをまとったこれまでにないプレミアムチーズケーキができました。クリームチーズ層の酸味あるプルーンと、香ばしいアーモンドと松の実が食感のアクセントとなり、隅から隅までご堪能いただけます。
ショコラプレミアムチーズケーキ・・・
土台のブラウニー生地には、カカオ75%のクーベルチュールチョコレート、オーガニックのココナッツシュガー、コクのある地養卵を使用。ケーキの核となる中間のチョコレートクリームチーズケーキ生地には赤ワインで煮込んだイチジク、ローストした胡桃を練り込んでいます。その上からチョコレートガナッシュでコーティングし、熊本県産河内晩柑ピールとピスタチオをトッピング。イチジクのプチプチとした食感と胡桃のザクザクとした食感をほろ苦のチョコレートが包み込み、大人向けの仕上がりになっています。河内晩柑ピールとピスタチオの部分で切り分けることで、異なる2つの味わいを楽しむことができる、1本で2度おいしい逸品です。


[画像5: リンク ]

・「成城石井自家製 贅沢三昧点心セット」 (6種各6個ずつのセット/税抜9,900円 限定80セット)
日本各地の厳選食材を使用し、丁寧に仕上げました。一つひとつ手包みし、どれも味や食感にこだわり抜いた会心作ですが、特に開発者の一押しは「鹿児島県産黒豚の角煮饅頭(画像右上)」。黒豚のバラ肉を3種類の醤油をブレンドした調味液で4時間掛けてじっくりと煮込んでいます。豚挽き肉の餡には角煮の煮汁を混ぜ込んでおり、黒豚のおいしさを余すことなく包み込みました。 鳥取県産紅ずわい蟹とイカの手まり焼売、青森県陸奥湾産帆立の姿煮焼売、北海道産すけとう鱈とずわい蟹の手巻き棒餃子、徳島県産すだち鶏の大海老にら饅頭、宮城県気仙沼産ふかひれと千葉県産菜の花の饅頭、鹿児島県産黒豚の角煮饅頭の6種類の点心セットです。


[画像6: リンク ]

・「5大シャトー&ペトリュスセット」 (各750ml各1本ずつのセット/税抜800,000円 限定3セット)
世界中のワインファンを魅了し続ける、フランスボルドー格付け第一級シャトーのワイン5種のグレートヴィンテージと、“幻のワイン”とも言われる「シャトー・ペトリュス」の計6本を集めた数量限定のセット。スーパーマーケット業界で唯一エノログ(ワイン醸造技術管理士)が在籍し、20年以上前からプリムールワインの本格的な買い付けを行っている成城石井だからこそできる特別なラインナップです。輸送から保管まで温度管理にこだわった、確かな品質でお届けします。

内訳 :2012ペトリュス、2010シャトー・マルゴー、2011シャトー:ラフィット・ロートシルト、2010シャトー・ラトゥール、2010シャトー・ムートン・ロートシルト、2010シャトー・オー・ブリオン

販売店舗 :成城店(ヴィラージュ店)、青葉台店、東京ドームラクーア店、あべのキューズモール店、名古屋セントラルガーデン店


●究極のホスピタリティが体験できるプレゼントを企画「SEIJOISHII 90th Anniversary Campaign」
第2期からは、期ごとに異なる最高のおもてなしを体験していただける旅行プレゼント企画がスタート。当社がアレンジを加えた、究極のホスピタリティ体験に毎期抽選で10組20名様をご招待します。

2. 「世界の食品を世界の街角の価格で。」への「原点回帰」で、成城石井らしい価値を発信
●食品スーパーとしての原点回帰
成城石井らしい商品ラインナップと生鮮食品の強化を軸に、価値ある商品を価値ある価格でお届けできるよう、青果・精肉・鮮魚の生鮮三品と店内調理場を備えた大型店の拡大を目指します。まずは今春、当社では最大級の売場面積で旗艦店となる店舗を池尻大橋に出店する予定です。

●成城石井でしかできない商品への回帰
成城石井がこれまで培ってきた仕組みを最大限に活用し、成城石井でしかできない味・品質・価格でお届けする、最高峰のオリジナル商品シリーズ「desica」。90周年を迎えるにあたり、すでにお客様から多くの指示をいただいているこの新ブランドのラインナップを強化・拡大いたします。

3. この先の「未来」への成長に向けたイノベーション
●羽田空港国際線ターミナルに期間限定POP-UPストアをオープン
10年後の100周年を迎えてもお客様に価値を提供し続けられる企業であるために、イノベーションを推進。まずは2月1日(水)~5月7日(日)までの間、羽田空港国際線ターミナル4階「Edoイベント館」にPOP-UPストアをオープンします。成城石井にとって空港への出店は初めてとなります。5.5坪の店内には、成城石井自家製のお弁当・軽食類を中心とした約300の商品をラインナップ。空の玄関口である国際線ターミナルに期間限定ショップを開業することで、外国人を含む多くの観光客が行き交う空港立地の購買志向を検証します。

<概要>
店舗所在地 :東京都大田区羽田空港2丁目6-5 羽田空港 国際線ターミナルビル 4階
営 業 期 間 :2017年2月1日(水)~5月7日(日)
営 業 時 間 :8:00~22:00
売 場 面 積 :5.5坪
取扱予定商品:惣菜・弁当・菓子・グロサリー・パン・雑貨

●未開拓エリアへの出店挑戦
物流や店舗オペレーションを工夫し、これまで出店していなかったエリアへの出店にチャレンジします。

●成城石井のリーダー開拓・育成
「SI Dream 2027」として、10年後の経営幹部を開拓・育成する社内プロジェクトをスタートさせます。プロジェクトは3月より始動し、2018年2月に終了予定。社長の原が直接指導を行い、特別なプログラムで未来の幹部を育成します。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。