logo

リアルタイム授業支援アプリ「MetaMoJi ClassRoom」が古河市教育委員会のアクティブ・ラーニングを支援

2017年1月23日
株式会社MetaMoJi

リアルタイム授業支援アプリ「MetaMoJi ClassRoom」が古河市教育委員会のアクティブ・ラーニングを支援

株式会社MetaMoJi(本社:東京都港区、代表取締役社長:浮川 和宣)の提供するリアルタイム授業支援アプリ「MetaMoJi ClassRoom」が、古河市教育委員会(所在地:茨城県古河市)に導入されました。

古河市教育委員会は、2015年度より市内の全小学校23校と一部の中学校に対して、セルラーモデルのiPadを1,421台導入しました。“スマート教育ICT”をビジョンに掲げる同市は、教師の負担を増やすことなくタブレットの稼働率を高めていくとともに、ICTの活用で基礎学力の向上と21世紀型スキルの育成を目指しています。これまでの授業をさらに発展させるICTツールとして、選ばれたのが「MetaMoJi ClassRoom」です。

どんな学校でも使えるシンプルさ、表現力が高く伝わりやすいレポートの作成が可能であること、ネットワーク負荷の少なさ、といった「MetaMoJi ClassRoom」の魅力が高く評価されました。

「MetaMoJi ClassRoom」は、子どもの成長や授業内容にあわせ、シンプルなノート機能から、高度な協働学習まで幅広く柔軟に対応できるリアルタイム授業支援アプリです。小学生低学年から中高生まで、タブレットを活用したアクティブ・ラーニングを支援します。認識精度、速度に定評のある日本語手書き入力「mazec」を学校利用に最適化した学校向け「mazec」を搭載し、タブレット上での快適な手書き日本語入力を実現します。

※古河市教育委員会における「MetaMoJi ClassRoom」導入事例は以下サイトをご覧ください。
リンク

※製品詳細ページはこちらをご覧ください。
リンク

■株式会社MetaMoJiについて
株式会社MetaMoJiは、研究開発(R&D)機能を有するビジネスインキュベーターです。先進的なIT技術をベースとし個人や組織の活動から製品やサービスまで多様な情報の革新的な知識外化(みえる化)システムの研究開発、さらにそれらを基盤とした多方面にわたる知的コミュニケーション・システムを研究開発し、その成果を事業化することを目指します。リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事