logo

ファッション×IT×HR「READY TO FASHION」はベンチャー企業として、業界の課題解決・イノベーションのため、新サービスをローンチします。

株式会社READY TO FASHION 2017年01月23日 09時50分
From PR TIMES

ファッションは「人」で加速する

日本のファッション業界において「学生と産業を繋げる」というコンセプトの下、業界を志す若者とこの業界で働く諸先輩によって運営しておりました「READY TO FASHION」はこの度、株式会社READY TO FASHION(本社:東京都中央区、代表取締役:高野聡司 取締役:石川義朗 以下、READY TO FASHION)の設立を発表いたします。またこれに合わせ、3月ローンチ予定の、業界のための求人メディアサービスの事前予約(学生ユーザー向け)を合わせて開始いたしました。



[画像1: リンク ]


この度、「READY TO FASHION」は活動の幅を広げ、業界の課題解決をより進展させていくために株式会社化いたしました。

◯新たなコーポレートアイデンティティ

【ファッションは「人」で加速する】
若者や既存の枠を超える「人」の力によって、旧態依然としたファッション業界の変革を促進し、「業界に従事する人」や「ファッションを楽しむ人」の生活を豊かにすることを目指します。
そのために、私たちはファッション業界のコミュニケーションにおける課題を解決し、多様な人材がファッション業界で活躍する機会を創出します。また、未来においてあるべき業界像を構想し、ファッション業界に対する新たな価値を提案し続けます。


◯なにをやっているのか
旧態依然とした、産業構造を若者の力で変革し、ファッション業界に従事する人の生活を豊かにするために、READY TO FASHIONは、若者がファッション業界と繋がるプラットフォームとして活動しています。

[1]メディア/リアルイベント
[2] ファッションの企業へのコンサルティング
[3] 両者を繋ぐ、求人メディアプラットフォーム


[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]


◯なぜやるのか
今、ファッション業界はこれまでにない程に厳しい状況に置かれています。
大手アパレル企業は、数百人規模のリストラや店舗閉鎖を行い、倒産を余儀無くされる会社も少なくありません。

そして現状として、地方の産地や縫製工場、デザイナー、販売員などファッションに携わる、多くの人の生活が厳しくなってきています。人をワクワクさせ、生活を豊かにするはずのファッションが、それを創り出している人の生活を苦しめるような、皮肉なことが起こっています。

グローバル企業、特にファストファッションによる影響や、旧態依然とした経営システムなど様々な要因があると言われていますが、こんな業界を変えることが出来るのは、私たちの若い世代しかいないと思っています。

若者とファッション産業の交流の場を増やすことで、多様な人材がファッション業界で活躍する機会を創出し、若い力で、旧態依然とした産業構造の変革を促し、業界に従事する人の生活を豊かに出来ると信じています。


◯今後について

[画像4: リンク ]



ファッション業界を志す若者とファッション業界の企業が繋がれるしごとSNSを3月に本リリースする予定です。若者(主に学生)を対象に、アルバイト/インターン/新卒についての求人やイベント情報を投稿することができ、若者とコミュニケーションをとることが出来るサービスを開発しています。ファッション業界を目指す若者が少なくなった今、業界が結集し、若者に対して業界の魅力を伝えることができるそんな、プラットフォームになることを目指します。

本日より、学生ユーザーの事前予約を開始いたしました。
READY TO FASHION事前予約ページ:リンク


[画像5: リンク ]

○会社概要
株式会社READY TO FASHION
代表取締役:高野聡司
本社所在地:東京都中央区日本橋横山町7番14号 co-lab日本橋横山町 4F
WEB:リンク

◯問い合わせ
info@readytofashion(代表)
理念に共感していただける企業や、投資家、VCの方のご連絡お待ちしております。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事