logo

新TVCM『ドコモの学割「ししゃも?」篇』 ロックバンドSHISHAMOのメンバーがCM初出演!!

株式会社NTTドコモ 2017年01月20日 11時35分
From 共同通信PRワイヤー

2016年1月20日

株式会社 NTTドコモ

NTTドコモ 新TVCM 『ドコモの学割「ししゃも?」篇』
2017年1月20日(金)から全国にて放送開始

 堤真一さん・綾野剛さんとともに
ロックバンドSHISHAMOのメンバーがCM初出演!!
2月22日リリースの ニューアルバム「SHISHAMO 4」に収録の新曲「明日も」を起用。

ドコモ公式YouTube
リンク

 株式会社 NTTドコモ(本社:東京都千代田区、以下ドコモ)は、新聞記者に扮する堤真一さん、綾野剛さんが出演するドコモの人気CM「得ダネを追え」シリーズを展開しています。
 今回の題材は「ドコモの学割」(詳細は別紙参照)。学生のトレンド探しに苦戦する堤記者に対し、綾野記者から「ししゃも」という答えが。その“うまさ”に意気投合する2人ですが、なにやら会話がずれているような…。堤記者を連れ綾野記者が向かったのはとあるLIVE会場。そこには、学生たちを熱狂させるバンド「SHISHAMO」の姿。自分の勘違いに気づく堤記者とノリノリの綾野記者のチャーミングな姿と、TVCM初出演となるSHISHAMOの熱唱する姿は必見です。「良いことばかりじゃないかもしれないけど、明日の自分のために今日を必死に走る」、新曲「明日も」の前向きなメッセージとともに、これから新生活を迎える学生の方をドコモが応援する、見どころ満載のCMになっています!!

また、アルバムリリースに先駆け、2/1(水)からTVCM楽曲の「明日も」が、多彩な音楽プログラムが定額で聴き放題のドコモ「dヒッツ」にて独占先行配信も決定!!!


※本CMは、docomoOfficialサイトからもご覧いただけます。
リンク


■CM基本情報

CMタイトル : NTTドコモ 新TVCM
         ドコモの学割「ししゃも?」篇
出演者    : 堤真一 / 綾野剛 / SHISHAMO
使用楽曲   : SHISHAMO「明日も」
放送開始日  : 2017年1月20日(金)
放送地域   : 全国


■「ドコモの学割」について

「ドコモの学割」は、Xi契約で、料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」の基本プランとパケットパックに新たに申込みいただくことで、1年間毎月の基本使用料を1,000円割引するキャンペーンで、「U25応援割」と併せてご利用いただくことにより、1年間毎月の基本使用料を最大1,500円割引いたします。
本キャンペーンにより、シェアパック子回線のお客さまはスマートフォンを1年間月額1,500円からでご利用いただけます。また、25歳以下のXi契約のお客さまで、既に料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」の基本プランをご利用中のお客さまについても、「ウルトラシェアパック50/100」「ウルトラデータL/LLパック」をご利用いただくことで、dポイントを1年間毎月1,000ポイント進呈いたします。「ドコモの学割」は2017年1月20日(金)から実施するほか、dポイント加盟店の商品が無料でもらえるキャンペーンを2017年3月から実施する予定です。

※ 別途、機種代金、登録手数料などがかかります。

【「dヒッツ」とは】
dヒッツ (URL: リンク
月額利用料500円※で、最新J‐POP、アーティスト、ジャンル、年代別など、様々な切り口で構成された音楽プログラムがいつでもどこでも簡単に聴くことができる定額制音楽配信サービスです。
●初回31日間無料聴き放題。
●懐かしの名曲から新曲まで、ヒット曲満載の4,000プログラムが聴き放題です。
●myヒッツでお気に入りの曲を毎月10曲登録し、いつでも好きな時に再生できます。
●myヒッツで保存した楽曲とお客様がスマートフォンに保存している楽曲を組み合わせて
 オリジナルのプレイリストが作成できます。
●スキップ機能が1日何度でも使用可能です。
●再生中の楽曲の歌詞が閲覧できます。(一部を除く)
●ドコモの方も、ドコモ以外の方もご利用いただけます。
※ 別途、通信料がかかります。

iPhone・iPadからのご利用方法
dマーケット→dヒッツ→App Storeからダウンロードしてご利用いただけます。

ドコモスマートフォンからのご利用方法
dメニュー→dヒッツ
※別途、通信料がかかります。


■ドコモの学割「ししゃも?」篇 15秒/30秒 ストーリーボード

※リリース資料をご参照ください。
※カット写真の無断転載は固くお断り申し上げます。




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。