logo

1/28(土)展示場オープン間近!【スリープファーストハウジング】日本初、睡眠健康住宅「GRANZ(グランヅ)」。WEBサイトにて情報を公開!

エス・バイ・エル・カバヤ株式会社 2017年01月19日 16時40分
From PR TIMES

岡山県注文住宅着工棟数2年連続1位のエス・バイ・エル・カバヤ株式会社(本社:〒岡山県岡山市北区中仙道2丁目9番11号)は、日本初の睡眠健康住宅「GRANZ(グランヅ)」WEBサイトを公開しました。

◆Sleep First Housing~眠りをマネジメントする家~
身体の休息はもちろん、脳が休息するためにも私たち人間にとって非常に大切な睡眠。
しかし、現実は5人に1人が”不眠”で悩む日本。
生活環境から変えていかなければ解消することのできない不眠は、常に私たちの悩みの種となってきました。

そんな「満足に眠れない」人々が多い日本を変える住宅が、遂に登場します。

就寝前のリラックスから爽やかな朝の目覚めまで、
上質な睡眠につながる暮らしを第一に考えた住宅、「GRANZ(グランヅ)」。
1月28日の展示場オープンを前に、公式サイトにて情報を先行公開しました。



[動画: リンク ]



◆家族の幸せを育むのは、”上質な睡眠”。
人間はかつて日中に活動し、夜は眠るという生活を続けてきました。
しかし、24時間社会という昼と夜が曖昧になった現代において、
「睡眠」は一日の終わりに訪れる”束の間の休息”のように・・・。

睡眠の乱れは、仕事のパフォーマンスや心身の健康、そして子どもの成長まで
生活の様々な場面に影響を及ぼします。

より良い暮らしのために今、必要なことは”上質な睡眠の実現”なのです。


◆24時間の過ごし方で変わる、睡眠の質。
厚生労働省が発表した「健康づくりのための睡眠指針2014」では
毎日の朝食や適度な運動、こころの健康、生活習慣病予防など、
さまざまな角度から睡眠の重要性を唱えています。

中でも第6条ではより良い眠りのための「環境づくりの重要性」が謳われています。
[画像1: リンク ]

寝室の良好な睡眠環境はもちろん、
爽やかな朝の目覚めにはじまり、太陽の光を浴び、
適度に体を動かし、夜は眠りのためのリラックスを。

一日の各シーンを健やかに過ごすことでより良い眠りをつくり、
心地よい目覚めから新たな一日が始まっていく・・・
それが眠りを積極的にマネジメントして「質」を高めていくための住宅、GRANZです。


◆睡眠健康サイクルのコンセプトモデルをWEBサイトで公開
ゆったりとした朝食の時間を過ごすハコカフェ、
午後の日差しを浴びながらまどろむカウチスタイル、
心地良い汗が毎日の快感になるホームアスレチック・・・

快適な一日を始めるための睡眠健康サイクルに基づいた導線設計と
照明一つにまでこだわった機能性、コンセプト、デザイン。

細部までこだわったからこそ、一度、感じて頂きたい。触れて頂きたい。
自信を持って推奨したい住宅です。
性能やデザインについて、是非WEBサイトをご覧ください。

[GRANZ(グランヅ)WEBサイト]
リンク

[画像2: リンク ]


中四国最大規模の岡山倉敷総合住宅展示場
RSKハウジングプラザにて
2017年1月28日(土)展示場OPEN!
所在地:RSKハウジングプラザ(〒701-0164 岡山市北区撫川1575-1)
※随時、公式FacebookやHP上にて情報公開していきます。
▷GRANZ(グランヅ)HP
リンク
▷エス・バイ・エル・カバヤ公式facebook
リンク

◆グランヅ展示場にて人類進化ベッド体験もできる!
GRANZ(グランヅ)監修、快眠プロデューサー岩田アリチカ氏による
話題のプロジェクト、「人類進化ベッド」もグランヅ展示場で体験できます。
▷人類進化プロジェクトURL
リンク


◆メディア取材随時受付(動画素材提供可能)です。
※メディア取材のみ先行情報詳細をお伝えします。
エス・バイ・エル・カバヤ(株)グランヅ事業部 広報
〒700-0962 岡山市北区北長瀬表町2丁目13番54号
※お問い合わせはグランヅWEBページの「お問い合わせフォーム」よりお送り下さい。
▷GRANZ(グランヅ)HP(リンク


◆各種紹介
▷GRANZ(グランヅ)HP
リンク
▷エス・バイ・エル・カバヤ株式会社HP
リンク
▷NCL(日本CLT技術研究所)HP
リンク
▷カバヤホームHP
リンク
▷エス・バイ・エル・カバヤ公式facebook
リンク
▷岩田アリチカ氏WEBサイト
リンク
▷「人類進化ベッド・プロジェクトチーム」公式ページ
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。