logo

テンプホールディングス、オンデマンドワーカーと企業をつなぐモバイルプラットフォームを運営するWonolo Inc.へ出資

テンプホールディングス株式会社 2017年01月19日 16時40分
From PR TIMES

総合人材サービス、パーソルグループのテンプホールディングス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:水田正道、以下テンプホールディングス)は、オンデマンドワーカーのオンラインプラットフォームを運営するWonolo Inc.(本社:米国 カリフォルニア州、CEO:Yong Kim、以下Wonolo)へ出資を実施しました。出資は、グループ内でHR Tech(※)領域への投資などオープンイノベーションを推進するTemp Innovation Fund合同会社(本社:東京都渋谷区、代表パートナー:加藤丈幸、以下Temp Innovation Fund)を通じて実施されました。

■出資の目的

ライドシェアリングサービスのUBERをはじめ、個人が隙間時間を活用し、フレキシブルな働き方を実現するビジネスモデルが米国で急成長しています。隙間時間を活用し働く労働者はオンデマンドワーカーと呼ばれ、労働力不足解消の一助になると期待を集めています。Wonoloは、オンデマンドワーカーのためのオンラインプラットフォームの運営を通じ、潜在的労働力を引き上げ、企業と働く人の新しいマッチングを実現しています。Wonoloの提供するサービスは、労働力不足の解消と、個人のライフスタイルに即した柔軟な働き方の実現につながると考え、このたびの出資に至りました。

テンプホールディングスではTemp Innovation Fundを通じて、グループビジョン「人と組織の成長創造インフラへ」実現に向け、今後も革新的なHR Tech領域に出資してまいります。

■Wonolo Inc.の概要

Wonoloは現在、米国内のSan Francisco、Los Angeles、New York、Chicago、Columbus、Philadelphia、DallasとTampaの8拠点で、オンデマンドワーカーと企業をつなぐオンラインプラットフォームサービスを展開しています。Wonoloのサービスは、企業が求人案件を登録してから平均10分以下で人員アサインを可能にしており、データに基づいた独自のマッチングシステムで、個人と企業の双方から高い評価を受けています。現在は、軽作業や製造スタッフなどの求人案件を中心に、多くの顧客に利用されています。

[表1: リンク ]



(※)HR Tech:HR+Tech(nology)の略、ITなどテクノロジーを人事領域(採用、評価、最適配置、社員の能力開発など)に活用し、人事課題の解決や効率化の実現につなげる

■参考:Temp Innovation Fundの概要


[表2: リンク ]



※プレスリリースに記載されている内容は、発表日現在のものです。最新の情報とは内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事